概要

独自の審査基準が特徴で使えば使うほどお得

ライフカードは、独自の審査基準を持つカード発行会社です。クレジットカードやローンを利用していて、過去に延滞してしまった経験がある人にもおすすめです。

また、ライフカードは使えば使うほどお得なカードです。年間利用金額に応じてポイント付与率が段階的にアップするステージ制プログラムを設けており、年間利用金額50万円以上だった翌年度はポイント付与率が1.5倍以上にアップします。

年会費

ライフカードは年会費無料カードと有料カードどちらも選べる

ライフカードは、年会費無料のカードと有料のカードを発行しているため、自分のニーズに合ったカードを選べます。年会費無料のカードには国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険が付帯せず、有料カードには付帯します。

独自の審査基準が強調されている年会費有料カードは、年会費5,500円(税込)で国内・海外旅行傷害保険が付帯するうえ、弁護士無料サービス(初回1時間無料)も利用可能です。一方、国際ブランドはMastercardしか選べません。

同じ年会費有料カードの「ライフカード<旅行傷害保険付き>」は、2年目から年会費1,375円(税込)で、国内・海外旅行傷害保険が付帯します。弁護士無料サービスは利用できませんが、国際ブランドはMastercardとJCB、Visaの3つから選べます。

ポイント還元

還元率は目立たないが幅広く利用できる

ライフカードを使って貯まるLIFEサンクスポイントは、還元率こそ他のカードと比べて高いとはいえないものの、幅広く利用できる点が特徴です。

ライフカードは1,000円利用ごとに1ポイント貯まり、dポイントやPontaポイント、Amazonギフト券には1ポイント5円相当で交換できます。1,000円利用で5円の還元を得られるので還元率は0.5%と、高くはありません。

また、コンビニやマクドナルド、その他特定のお店でポイント付与率が上がる制度もありません。

年間200万円以上利用するとポイントが2.0倍になるステージ制プログラムもありますが、この場合でも還元率は1.0%です。年会費無料で還元率が1.0%の他社カードと比べると、還元率は低めといえるでしょう。
一方、LIFEサンクスポイントは誕生月はポイント付与率が3.0倍(お誕生月ポイント)になるため、誕生月に多く利用するのがお得なカードです。

貯まったLIFEサンクスポイントはdポイントやPontaポイント、Amazonギフト券のほか、インターネット上のVisa加盟店で利用できるVisaプリペイドカード「V-プリカ」、さらには現金キャッシュバックといった豊富な交換先から選べます。

洋服の青山で利用できるAOYAMAギフトカードには600ポイントで6,000円分に交換できるので、1ポイント10円相当のレートで交換可能です。

特典・付帯サービス

年会費有料のライフカードは持っているだけで保険が付帯(自動付帯)

年会費無料のライフカードは、特典や付帯サービスについて目立つものはありません。一方、年会費有料のライフカードは持っているだけで保険が付帯するのが特徴です。

クレジットカードの中には、旅行中にケガや病気をしたときの治療費用などが補償される、旅行傷害保険が付帯しているものがあります。ただし、保険が有効となるには旅行代金を事前にカードで支払うことなど、条件が設定されているものも少なくありません(利用付帯)。

年会費有料のライフカードにはこのような利用条件がないため、持っているだけで海外旅行や国内旅行のトラブルに備えられます。

アプリ

利用明細の確認や支払方法の変更までアプリで簡単

ライフカードは、利用明細の確認や利用後に支払方法の変更が可能な「LIFE-Web Deskアプリ」を提供しています。初回ログインはIDとパスワードを入力してログインしますが、次回からは入力せず自動でログインすることも可能です。

アプリ画面では支払金額とポイント数を一目で確認でき、利用明細や利用残高(利用可能額)、キャンペーン、インターネットショッピングでお得にポイントが貯まるL-Mallなどのボタンが配置されています。

セキュリティ

届出前60日間はカード不正利用時の損害が補償される

ライフカードは、カードの種類によってはカード番号や有効期限などの情報がICチップのある表面ではなく裏面に記載されているものがあります。そのため、お店でカードを端末に差し込むときなど、カード情報を盗み見られるリスクを抑えることが可能です。

また、もし不正利用されてしまってもライフカードに届出る前の60日間における不正利用額は、ライフカードが保障してくれます。