概要

高還元率で付帯保険充実のリクルートカード

リクルートカードは、常に1.2%還元で、海外および国内旅行傷害保険やショッピング保険が付帯される魅力的なクレジットカードです。年会費無料でありながら、これだけの還元率や付帯保険を利用できるのは、リクルートカードの大きな魅力です。

国際ブランドは、Visa、JCB、Mastercardの3種類で、それぞれ利用できるサービスや利用料金が異なります。たとえば、JCBはETCカード発行手数料が無料ですが、電子マネーにチャージした際のポイント還元率が0.75%です。希望する使い方を踏まえて選びましょう。

貯まったポイントは、Pontaポイントやdポイントに1ポイントから交換可能です。ポイントを無理なく使いきれる点もメリットです。

年会費

リクルートカードは年会費無料

リクルートカードは、完全年会費無料のカードです。本会員はもちろん、家族会員も年会費やカード発行手数料無料でクレジットカードを利用できます。

ただし、ETCカードは、JCBが完全無料なのに対し、VisaとMastercardは発行手数料1,000円がかかります。年会費はどの国際ブランドでも無料です。

ポイント還元

1.2%の高還元率がリクルートカードの魅力

リクルートカードは、月間の利用総額に対して1.2%のポイントが付与されます。

ETC利用はもちろん、月3万円までの提携電子マネーへのチャージでも、常に1.2%の高還元が受けられます。提携店舗や優待店等を意識する必要はありません。また、総額に対してのポイント付与ですから、端数が無駄になることもなく、効率よくポイントを貯められます。

貯まるポイントはリクルートポイントで、リクルート関連サービスで利用できるほか、1ポイントからPontaポイントまたはdポイントに交換可能です。ポイント交換をすることで、ポイントの使い道が広がります。

特典・付帯サービス

充実の付帯保険

リクルートカードは、年会費無料のクレジットカードとしては付帯保険が非常に充実しています。

  • 海外旅行傷害保険……最高2,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険……最高1,000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険……年間200万円まで

特に、国内旅行傷害保険やショッピング保険は、年会費無料で付帯されるカードが少ない保険です。このふたつが付帯される点は、リクルートカードの大きな魅力です。

ただし、カードの保有や提示によって受けられる優待サービスや割引サービスは特にありません。また、JCBのタッチ決済は利用できますが、VISAのタッチ決済やMastercardコンタクトレスは利用できません。

アプリ

専用アプリはない

リクルートカードには、専用のアプリがありません。明細書の確認等は、オンライン上のマイページから行いましょう。

なお、リクルートポイントやPontaポイントが貯まる「ポンパレモール」や、Pontaポイントが貯まる「Pontaカード」などにはアプリがあります。これらのアプリをリクルートカードと併用することで、ポイントを貯めたり管理したりしやすくなる可能性があります。

使い方に合わせて、関連アプリのインストールを検討してみてください。

セキュリティ

リクルートカードのセキュリティ

リクルートカードでは、紛失などの届出をしてから60日前までさかのぼって不正利用の補償が受けられます。また、ショッピング保険が付帯されているため、カードを使って購入した商品が盗難にあった場合の補償もあります。

一方で、それ以外の特筆すべきセキュリティ機能は搭載されていません。