米国大統領選,政治,マーク・ザッカーバーグ
(画像=Thinkstock/Getty Images)

JPモルガン・アセット・マネジメント社チーフ・グローバル・ストラテジスト、デービッド・ケリー氏は、現在の不確実性について、「新型肺炎コロナウイルスが世界経済に及ぼす影響の初期段階でしかない」と述べた。

米連邦準備制度理事会(FRB)による0.5%の緊急利下げを前に、同氏は、「厳しい時代が待ち受けている」とブルームバーグとのインタビューで説明した。

ケリー氏は、「2020年は米大統領選挙の年だが、台本は消えている。今年は新型肺炎コロナウイルスの年だ」と指摘した。新型肺炎とその影響について「不透明なことが多い。新型肺炎がどこまで広がっていくのかは分からず、残念ながら新型肺炎によって何人死ぬのかも分からない」と述べた。

同氏は、「世界経済に非常に悪い影響を与える可能性がある。新型肺炎は誰もが注意を払うほど致死率があり、世界経済の減速や社会的隔りの原因になる」と述べた。

一方で、同氏は「永遠には続かない。複数年にわたるイベントではない」と指摘。ワクチンがすぐに入手できるようになるには時間がかかるかもしれないが、「12ー18か月後には回復について話すことになるだろう」と述べた。

投資家向け戦略

ケリー氏は、「重要なのは、簡単な攻略法がないということだ。もし簡単な戦略があれば、不確実性はそれほど大きくなく、市場はより早く回復するだろう」と説明した。

同氏は、長期的な投資家は、最も適した何を所有すべきかを考え、「嵐を乗り切れば、回復の恩恵を受けることができる」と提案した。「良好な企業のバランスシートが重要な時期である」と述べた。

「投資家なら、2020年だけでなく、2021年や2022年などに向けて投資すべきだ。長期的な視点を持つ必要がある。新型肺炎がどのくらい深刻になるかは分からない」と説明した。

市場に参入したり、撤退したりする際、「適切なタイミング」を得ようとするのは適切ではなく、代わりに「やや保守的な姿勢で、良好なバランスシート企業のポートフォリオを持つことが、厳しい年を乗り切ることができる時期だ」と述べた。

FRBの役割

ケリー氏は、FRBについて、利下げは「経済にはあまり貢献しない。利下げは、長期金利の低下を正当化するものだ。長期金利が1.10%と非常に低いため、人々は株を避けることが非常に難しくなっている」と説明した。「世界的な金利動向が実際にやっていることは、世界的な株価を下支えすることだ。FRBは利下げすべきだと思うが、ゆっくりと判断すべきだと思う」と語った。

Janet Levaux
MA/MBAのJanet Levaux氏は、投資アドバイザー誌の編集長。1991年から金融市場を取材し、2005年からはアドバイザーを務める。イェール大学、ジョンズ・ホプキンス大学でラテンアメリカとヨーロッパに留学したのちに日本で勤務し、その後カリフォルニアでビジネスの学位を取得してから、故郷であるテキサス州サンアントニオに戻った。