米,利下げ,リセッション
(画像=Getty Images)

米ブリッジウォーター・アソシエーツの伝説的な創業者で共同最高投資責任者のレイ・ダリオ氏は、連邦準備制度理事会(FRB)による緊急利下げ決定は、良いどころか害になるかもしれないとの見方を示した。

「長期金利が0%の下限に達することは、実質的にすべての資産が下落することを意味し、金利低下の効果はあまりない。(少なくともそれほどない)」と、ダリオ氏は16日のLinkedIn投稿で述べた。

ブルームバーグ・ニュースによると、ダリオ氏は「0%という数字は、準備国の中央銀行の金利刺激策(利下げと利回り曲線の指針を含む)が機能しないことも意味する」と指摘した。同氏のマクロファンドは年初来で約20%下落した。

FRBによる緊急利下げは「金融市場を混乱させた」

米FRBによる利下げを受けて、10年債利回りや短期債利回りは低下した。しかしダリオ氏は、「金融市場を混乱させ、米国も景気後退に陥る恐れがある。一般的な考え方に反して、経済が市場に与える影響よりも市場が経済に与える影響の方が大きい」と述べた。

ダリオ氏は、世界中の政府と中央銀行の政策について、「これまでの対応は、国によって規模、焦点、調整が大きく異なっていた。しかし財政・金融政策担当者は、必要なことは何でもする姿勢を強化する動きを見せている」と述べ、最終的に「富と政治的格差は、問題に対処する際にお互いを傷つけるのではなく、協力して助ける社会的・政治的能力を試すものだ」と指摘した。

国際通貨基金は16日、世界中で11万人以上が感染し、6,500人以上が死亡した新型肺炎コロナウイルスによる経済的・人道的影響に苦しむ国々を支援するため、1兆ドルの支援を発表した。

Bernice Napach
ThinkAdvisorのシニアライターで、金融市場、アセットマネージャー、ロボアドバイザー、大学の企画立案や退職問題を主に書いている。ヤフー・ファイナンス、ブルームバーグTV、CNBC、ロイター、インベスターズ・ビジネス・デイリー、ボンドバイヤーでの勤務経験あり。ニューヨーク・タイムズ紙、The Street.com、スターレジャー、レコード、バラエティ、ワースの各雑誌で執筆。SUNYストーニーブルック大学で社会福祉の理学士号を取得している。

© 2020 ALM Media Properties, LLC