銀行
(画像=Getty Images)

米JPモルガン・アセット・マネジメントのチーフ・グローバル・ストラテジスト、デービッド・ケリー氏は、市場の波乱にもかかわらず、投資家はこれを乗り越えることを忘れてはならないと指摘した。

同氏は、ウェビナーで、過去3年間で米株価が約30%下落したことを挙げ、「2020年は新型コロナウイルスの年だが、2021年は回復の年だ」 と述べ、投資家は嵐を乗り切る準備をし、反発を利用すべきだと説明した。

株式投資家へ5つのアドバイス

ケリー氏は、このアプローチを念頭に置き、株式投資家が現在、考慮すべき5つの重要な投資原則を提示した。

1.株式は長期投資であることを認識する。まだ十分な下値めどは織り込まれていないかもしれないが、上下の価格が広すぎる傾向があり、「新型コロナウイルスを過ぎれば、回復できない理由はない」 と述べた。

2.市場はすでに投資家のリスク回避を認識している。現在の低迷期に入り、60対40のポートフォリオは、現在53対47近くになっている。

3.企業価値との差を見てみよう。株下落前に存在していた企業価値は現在でも存在し異常な評価になっている。バリュー株は成長に比べて割安であり、2001年以降、常に割安である。国際株は依然として米国株に比べて割安である。

4.収益について考えてみてください。S&P500種の利回りは2.6%で、10年物国債利回りは約1.2%だ。ケリー氏は、「私たちが生きている間のほとんどの期間、米国債利回りはもっと高かった」 と述べた。現在、株式配当利回りは債券利回りよりも高いため、投資家は長期的な収益を必要とする場合、過度に慎重になる必要はない。

5.資金運用担当者はこの時期にうまくやるべきだ。世界的に社会的な距離を持って生活する中、現在、経済を破壊し、将来の行動を変える勝者と敗者となる証券・セクターを売買できる。ヘルスケア、オンライン小売、通信関連株が勝者。旅行、娯楽、レストラン、エネルギー、実店舗の小売店が敗者。同氏は、「敗者の一部は回復するだろう。一方、下落を加速するものもあるだろう」と述べた。

JPモルガン・アセット・マネジメントでマルチアセット・ソリューション・チームの国際戦略を統括するケリー氏の同僚ジョン・ビルトン氏もウェビナーに参加し、「市場の調整を経て、好機があり、投資が重要になる」と述べた。

ビルトン氏によると、現時点ではクレジット市場の損失が続き、債券収益は依然として低水準にとどまるため、株式が選ばれる資産となるが、「早過ぎるかもしれない」 と付け加えた。

Bernice Napach
ThinkAdvisorのシニアライターで、金融市場、アセットマネージャー、ロボアドバイザー、大学の企画立案や退職問題を主に書いている。ヤフー・ファイナンス、ブルームバーグTV、CNBC、ロイター、インベスターズ・ビジネス・デイリー、ボンドバイヤーでの勤務経験あり。ニューヨーク・タイムズ紙、The Street.com、スターレジャー、レコード、バラエティ、ワースの各雑誌で執筆。SUNYストーニーブルック大学で社会福祉の理学士号を取得している。

© 2020 ALM Media Properties, LLC