景気
(画像=Getty Images)

米議会が合意した2兆ドル超に上る経済対策に対する市場の反応として、市場のすべて、特に債券市場は、新型肺炎コロナウイルスの影響は誇張されていないと、今週2つのウェビナーで専門家が指摘した。1つはノーザン・トラスト・アセット・マネジメント、もう1つはエンベストネットが主催した。

ノーザン・トラスト・アセット・マネジメント債券部門のグローバル・ヘッド、コリン・ロバートソン氏は、政策金利が2.50%から0.25%に低下するスピードは 「前例がない」 と指摘。米国ではさらに 「急激に金利が低下する可能性がある」と付け加えた。

同氏は、これまでの景気刺激策が債券市場のさまざまな分野に影響を与えてきたことを指摘した。景気刺激策が始まって以降、最も好調な市場は高利回り債と新興国市場債だった。

しかし、年初来で高利回り債のパフォーマンスが30%以上低下しているのは、主に 「投資家は無差別に売っていた」 からだという。スプレッド(利回り格差)は拡大し、高利回りで調整済みスプレッドは1,000に近く、投資適格は330付近で 「より劇的」だった。同氏は 「戻してきた」 とは見ていない。

さらに高利回り債のデフォルト率はエネルギー価格によって動かされている。現在、高利回り債のデフォルト率は4.5%だが、 「エネルギー関連では20~30%範囲の予測にある」 という。また、安全資産への逃避や原油価格動向が、新興国債市場に打撃を与えたと付け加えた。

-流動性は注目すべき重要な指標

-金融政策は流動性を支援するかもしれないが、財政政策は不確実性を減らす鍵となる

-市場の時期を見極める際には注意が必要

その他の警告

エンベストネットのチーフ・インベストメント・ストラテジストのティム・クリフト氏とオンラインで会った専門家たちによって繰り返されたテーマは、タイミングを逃すことだった。

フェデレーテッド・エルメス株式部門のチーフ・インベストメント・オフィサー、スティーブン・オー氏は、底入れの可能性は低く、その過程で「破壊される可能性がある」 と指摘した。 最も良いのは現状維持で,「最悪なのはパニックになって売ることだ」と述べた。

ダブルライン社ポートフォリオ・マネジャー、モニカ・エリクソン氏も、「債券市場はが前例のない状況に落ち込んでいる」 とし、2008年の3カ月間にわたる信用スプレッド拡大が、現在は1週間で起きていると説明した。

同氏は、「先週起きたことは、投資適格市場からの資金流出が、ドルベースでもAUM(運用資産残高)ベースでも過去最大だったことだ」 と述べた。

クリエイティブ・プランニング社のピーター・マーロック社長兼最高経営責任者(CEO)は、債券市場は他の弱気市場より 「面白い」 と述べた。2008ー2009年は、システムリスクがより高かったため、はるかに悪かったが、 「違いはiPhoneが出たばかりだということだ」 と指摘。ソーシャルメディアが新型肺炎コロナウイルスによる死亡を懸念する 「実存リスク」を急速に広げていると説明した。

同氏は、「誰もがiPhoneを持っていることと恐怖、誰もが家にいなければならないこと、テレビではスポーツをしていないことが相まって、少なくとも一部の人々を混乱させることになりかねない」 と述べた。

その結果、すべての資産クラスで記録的な資金流出が起きた。「ファンダメンタルズの悪化がなかったという意味では、通常の弱気市場ではない。 多くの人は、政府が景気刺激策で支えたと思っているが、私には分からない。今、医療の現場で起きていることに縛られているが、多くの人が間違いを犯すことになるだろう」と言う。

オー氏は、「多くの強制清算が発生している」 とヘッジファンドの巻き戻しを挙げ、「1987年のような市場になっている」 と述べた。しかし年金基金は売りを出していいないと言う。「米国では4ー6週間でピークに達し、1四半期の経済活動が低迷し、その後は回復するだろう」と述べた。

重要なのは、健康問題、経済の反応、政策対応であり、「これらが経済収縮を長引かせるか、短縮させるかを決める可能性が高い」 という。FRBが 「必要なことは何でもする」姿勢で、市場に流動性を供給することは良いことだと述べた。

エリクソン氏は 「より多くのリスクがある」 と述べ、投資適格の市場構造は以前とは大きく変わっており、格下げが始まったばかりだと付け加えた。同氏は、JPモルガン報告書によると、約2500億ドルが投資適格から高利回りに転じる可能性があると指摘した。

「高利回り債市場は現在約1兆ドルで、市場の約25%が吸収されることになる」という。

マーロック氏は、まだ資本金の水準まで近づいていないが、死亡者数の伸びが加速した場合、市場の反応は良くないだろうと述べた。投資家にとって最悪のことは、現金を手に入れること、エネルギーのように回復しない業界に入ること、回復できない企業に賭けることだと指摘した。

また同氏は、医療問題の最悪の状況を乗り越えれば、経済は「回復力がある」 と楽観していると付け加えた。

Ginger Szala
Investment Advisor誌のエグゼクティブ・マネージング・エディター。フューチャーズ誌グループの編集者として、30年間、金融ビジネスとオルタナティブ業界を取材。シカゴに拠点を置く。

© 2020 ALM Media Properties, LLC