「MT4(メタトレーダー4)」は、世界でもっともメジャーなFX専用ツールだ。

今回は、MT4の機能や自動売買システムについて詳しく紹介していく。高性能なFX取引ツールを使いこなすことで、今まで以上に効率よくトレードで利益を出せるようになるだろう。

FX専用ツール「MT4」とは?

MT4
(画像=PIXTA)

MT4は、ロシアのMetaQuotes Software(メタクオーツ・ソフトウェア)社が開発・提供する取引ツールだ。FX以外にも対応しているが、FXトレーダーに特に人気で、世界でももっともメジャーなツールの一つとして知られている。

MT4を利用するには、MT4に対応したFX会社で口座開設しなければならない。記事の後半では、MT4に対応したFX会社を一覧で紹介しているので、これからFXを始める人で、MT4の利用を考えている人は参考にしてほしい。

MT4がFXトレーダーに人気の理由

MT4の人気の理由は、豊富なチャートや分析ツールと、優秀な自動売買システムだ。

MT4にはチャートやテクニカル指標が多数用意されており、画面表示やチャートの色などを自由にカスタマイズできる。また、オリジナルのテクニカル指標をプログラミングすることも可能だ。

さらに、自由度の高い自動売買システムがあることが、MT4が上級者に支持され続ける理由と言えるだろう。MT4ではオリジナルの自動売買ロジックを作成し、それをもとに自動売買をすることができる。また、作成した自動売買ロジックを販売したり、他のトレーダーが作成したロジックを購入したりすることもできるのだ。

MT4は、FXのみで生計を立てているプロの専業トレーダーもうならせる高性能なツールである。豊富な機能を持ちつつ、口座開設さえすれば、無料で入手・利用できるのも魅力だろう。

MT4の魅力的な機能を紹介

続いては、MT4の魅力的な機能について、詳しく解説していく。

豊富なチャートツール

MT4には、バーチャート・ローソク足・ラインチャートなど、豊富なチャートが用意されている。

MT4では、チャートウィンドウを分割することで、複数のチャートを同時に表示することが可能だ。重ねて表示・水平分割・垂直分割など、分割方法も好みに応じて設定できる。また、特定のウィンドウを最大化できるなど、とにかく自由度が高く、トレーダーにとっての使い勝手のよさが追求されている。

背景色やパーツなども細かく設定できるので、ビジュアルにこだわりたいトレーダーも満足できるだろう。直感的な分かりやすさは、取引の精度向上にもつながるだろう。

高機能なテクニカル分析

MT4には、移動平均・RSI・ボリンジャーバンドなど約50種類のテクニカル指標がある。バーチャート・ローソク足・ラインチャートなどのチャートとあわせて、複数のテクニカル指標を同時表示できる。

FXで継続的に利益をあげ続けている人は、テクニカル分析による独自の判断基準を持っていることが多い。例えば、いくつかのテクニカル指標で特定の傾向が見られた場合、売り・買いの意思決定をするといった形だ。

MT4なら、複数のテクニカル指標を自由に表示できるため、売り・買いの判断につながる特定の傾向を見つけやすい。

また、初心者の場合も、テクニカル指標を複数表示して分析を重ねる中で、売り・買いの判断基準が磨かれ、プロの視点をいち早く身に付けられるだろう。

さらに、「Meta Editor」という機能を使うことで、独自のテクニカル指標をプログラミングできる。作成したテクニカル指標のプログラムはマーケットで販売することもでき、逆に他のトレーダーが作ったテクニカル指標のプログラムを購入して取引で活用することも可能だ。

自由度の高い自動売買システム

MT4では、システムトレード(自動売買)ができる。一定の条件を満たした場合に売り・買いを自動で行うシステムトレードを活用すれば、24時間パソコンの前に張り付いていなくても、一定の利益をあげられるようになる可能性もある。

MT4には専用のEA(自動売買ロジック)による自動売買システムが備わっている。また、プログラミングでオリジナルEAを作ることも可能だ。オリジナルEAを作ったら、過去のチャートを用いて成績をテストすることもできる。

また、オリジナルのテクニカル指標同様、オリジナルEAも販売・購入できる。世界中のトレーダーの知恵を参考にしながら、自分独自の勝ち方を見出し、それを再び世界に発信する。そうやってMT4を通じて、自分自身のスキルを磨いていけるだろう。

MT4のテクニカル指標をピックアップ

ここでは、MT4で使えるテクニカル指標をいくつかピックアップして紹介する。

移動平均線は、一定期間の終値の平均値を線で表したテクニカル指標だ。トレンドの強さや方向を見極めるうえで活用できる。MT4では、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・加重移動平均線の3種類が用意されている。

ボリンジャーバンドは、相場の振れ幅を測定し、統計的な観点から変動範囲を予測するテクニカル指標だ。標準偏差と正規分布の概念が利用されており、大学入試の偏差値をイメージすると分かりやすい。開発者はアメリカの投資家ジョン・ボリンジャーだ。

一目均衡表は、日本人が作成し世界中で利用されるようになったテクニカル指標である。基準線・転換線・先行スパン・遅行スパンのラインで表される。非常に奥深いテクニカル指標で、熟知して使いこなすにはかなりの時間を要するといわれている。

MT4の自動売買システムを使いこなす方法

続いては、MT4の最大の特徴とも言える自動売買システムについて詳しく解説していく。

配布されているEAを選ぶ

EAは、Expert Advisorの略で、MT4で利用できる自動売買のプログラミングのことをいう。EAをダウンロードすれば、ロジックに基づいて24時間自動売買で利益をあげていくこともできる。

EAはインターネット上で無数に配布されており、ダウンロードしたEAを過去のチャートを用いて検証することが可能だ。これをバックテストという。また、成績を公表しているEAも存在する。

EAは有料・無料のどちらもある。有料の場合、数万円程度の価格設定が一般的だ。ただし、一概に有料版が優れているというわけではないので、慎重に自分に合ったEAを選ぶことが大切だ。

EAを活用するメリットは、忙しくても自分に代わってシステムがトレードしてくれることだ。ほかのことをしている最中に、チャンスを逃してしまう心配もない。EAとMT4を上手に活用できれば、仕事をしたりプライベートを満喫したりしながら、FXで利益をあげることが可能となる。

独自のEAを作る

MT4で使えるEAを自作することも可能だ。配布されたEAを使っていたが、「もっとこうだったらいいのに」といった不満が出てきた人は、思い切って独自のEAを作るのもいいだろう。

ただし、EAを作成するには、プログラミングの知識が必要になる。EAで使用する言語はC言語に似ており、プログラミング経験者なら比較的すぐになじめるだろう。ただし、一人ですべてを開発するにはかなりの時間を要することも多いので、覚悟が必要だ。

プログラミングを理解するステップを飛ばしたい人は、EA作成を補助してくれるツールを利用するといいだろう。EAクリエイター、FX用EA作成機など、EAを作成するためのツールは多数公開されている。

MT4のデメリットとは

MT4のデメリットは、高性能であるがゆえに、FX初心者は使いにくく感じてしまう可能性があることだ。

特に日本では、各FX会社が独自に特色ある取引ツールを開発している。そのため、すでに特定の取引ツールに慣れていると、最初は使いにくく感じてしまうかもしれない。自由度が高いとそれだけこだわれるが、こだわりのない人にとっては、使いこなすのが難しくなる。

また、MT4に対応しているFX会社が少ないことや、それゆえに対応FX会社の条件面で不満を持ちやすいことなども、デメリットと言える。

MT4は、専業トレーダーを目指している人や、副業であっても本格的にFXに取り組み、大きな利益をあげたいと考えている人に適したツールだ。

MT4に対応しているFX口座は?

MT4に対応しているFX会社は下記のとおりだ。

楽天証券
OANDA Japan(オアンダ・ジャパン)
FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)
外為ファイネスト
サクソバンク証券
AVA TRADE(アヴァトレード)
EZインベスト証券
FOREX.com(フォレックス エクスチェンジ)
YJFX!(チャート表示のみ)

楽天証券・OANDA Japan・FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)はスプレッドが原則固定だ。それ以外の会社は、変動スプレッドとなっている。

YJFX!はチャート表示機能のみにしか対応しておらず、発注や自動売買システムは利用できないため、注意が必要だ。初心者はまずYJFX!で口座開設し、チャート機能の見方に慣れていくのもいいだろう。

OANDA Japanはオリジナルインジケーターを多数提供しており、本格的にMT4を使いこなしたい人に適したFX会社だ。また、MT5への対応も開始している。

楽天証券は、大手ネット証券の安心感が強みだ。グループ全体の安心感や特典を重視するなら、楽天証券がいいだろう。

MT4の利用を開始するには?

MT4を利用するには、まずMT4を取り扱っているFX会社で口座開設する必要がある。口座開設すれば無料でダウンロードでき、パソコンにインストールすればすぐに使うことができる。ダウンロードやインストールの手順などは、FX会社が違ってもほとんど同じだ。

その後、口座開設のタイミングで発行されたIDとパスワードを入力すれば、MT4にログインすることができる。申し込み自体はすぐに完了するが、IDやパスワードが発行されるまでには時間がかかる場合もある。

スマートフォンにMT4をダウンロードするなら、ストアで「mt4」と検索し、ダウンロードを開始する。その後、アカウントにログインすれば、スマートフォンでもMT4を操作できる。

MT4を使いこなしてFXで成果を出す

高性能なMT4は、初心者にとってはハードルが高く感じられるかもしれない。しかし、本気でFXで大きな利益を出したいと望むなら、プロと同じツールを使いこなしていく必要がある。

ツールに慣れるまでには一定の時間がかかるだろう。そのため、いずれはMT4を使いたいと考えているなら、初めからMT4を選ぶほうが得策だ。

また、FXですでに利益を出しているものの、自動売買ツールなどを活用してより高みを目指したい人は、すぐにでも活用を検討してみてほしい。MT4を使い、世界中のトレーダーのテクニカル指標や自動売買システムに触れることで、自分の視点が一段上がる感覚を体験できるだろう。

実際にFXを始める

■FX取引高7年連続世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FX(ライトFX)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)