ビットコイン 送金手数料
(画像=ZUU online編集部)

ビットコインの送金手数料は、取引所によって大きく異なります。無料のところもあれば、一度につき1,000円以上(2022年7月25日現在)の手数料が発生するところもあります。

送金のたびにかかる手数料は大きなコストになるため、送金を頻繁にする方は無料の取引所がおすすめです。

この記事でわかること
  • BTCの送金手数料が無料なのは、
    DMMビットコインGMOコインSBI VC tradeBITPOINT >>
  • 手数料が総合的に安いのはGMOコイン >>

ビットコインの送金手数料が安い国内取引所ランキング

取引所 ビットコイン
入金手数料
ビットコイン
送金手数料
口座開設 取引所の
詳細を見る
1.DMM Bitcoin 無料 無料 口座開設 詳細
2.GMOコイン 無料 無料 口座開設 詳細
3.SBI VC Trade 無料 無料 口座開設 詳細
4.BITPOINT
(ビットポイント)
無料 無料 口座開設 詳細
5. Zaif(ザイフ) 無料 0.0001〜0.01BTC
(約290円〜約2,900円)
口座開設 詳細
6. bitFlyer
(ビットフライヤー)
無料 0.0004BTC(約1,160円) 口座開設 詳細
7. Coincheck
(コインチェック)
無料 0.0005BTC(約1,450円) 口座開設 詳細
8. bitbank
(ビットバンク)
無料 0.0006BTC(約1,740円) 口座開設 詳細
9. LINE BITMAX 無料 0.001BTC(約2,900円) 口座開設 詳細
10. 楽天ウォレット 無料 0.001BTC(約2,900円) 口座開設 詳細
※2022年7月25日現在
※1BTC=2,900,000円で計算しています

10の国内取引所を一覧で紹介

各取引所のビットコイン入金、送金手数料をまとめました。入金手数料はすべての取引所で無料ですが、送金手数料は取引所ごとに大きく異なるのがわかります。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMMビットコインの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 無料
DMMビットコインの基本情報
取扱銘柄数 13種類(現物)
取引手数料 なし
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
主な特徴 ・手数料の多くが無料
・取引所取引は取り扱いがない
・レバレッジ取引の取り扱いがある・アルトコインFXは19種類で取引可能
・使いやすい取引画面
※2022年7月25日現在

DMMビットコインでは、板取引はできず販売所でのみ仮想通貨を購入できます。スプレッド分の負担はあるものの、それ以外の多くの手数料は無料です。ビットコイン送金手数料も無料なので、手軽に送金することができます。

DMMビットコインでは、合計19種類のアルトコインFXも取り扱っています。アルトコインは、ビットコインより大きな値動きをする傾向にあるため、購入を検討してみても良いかもしれません。

\取引手数料も無料!/

DMM Bitcoinで
口座開設をする

GMOコイン

GMOコインの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 無料
GMOコインの基本情報
取扱銘柄数 22種類
取引手数料 Maker -0.01%/-0.03%、Taker 0.05%/0.09%
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 ※2,000万円未満 無料
※20,000,001円以上 400円
主な特徴 ・GMOグループの仮想通貨取引所
・豊富なアルトコインの取り扱い
・Maker取引でマイナス手数料を採用
・ステーキングやレンディングサービスの取り扱いがある
・レバレッジ取引で5種類、暗号資産FXで10種類の通貨の取引可能
※2022年7月25日現在

GMOコインは、多くの手数料が無料で、取引手数料はMakerではマイナスです。つまり、Makerでは取引をするたびに手数料をもらうことができます。

ビットコイン送金手数料も無料であり、手数料が全般的に安いです。購入できるアルトコインが多く、レンディングサービスも取り扱っているなど、仮想通貨投資家にとって魅力が大きい取引所です。

取引手数料やその他手数料などを総合的に判断すると、ビットコインを最も安く買える取引所はGMOコインといえます。

GMOコインが最安だといえる理由
  • 取引所の手数料は、メイカーなら取引価格より0.01%安くなる
  • 入出金やビットコインの送金が無料
  • レバレッジ取引についても無料

参照:GMOコイン「取引所(暗号資産の購入・売却・レバレッジ取引)」
GMOコインの手数料についてもっと知りたい方はこちら

\最短10分で口座開設/

GMOコインで
口座開設をする

SBI VC トレード

SBI VC トレードの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 無料
SBI VC トレードの基本情報
取扱銘柄数 7種類
取引手数料 無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料(新VCTRADE)
主な特徴 ・SBIグループの仮想通貨取引所
・多くの手数料が無料
・レバレッジ取引の取り扱いがある
・​​貸暗号資産(レンディング) の取り扱いがある
※2022年7月25日現在

SBI VC トレードは、オンライン金融取引に強みのあるSBIグループに所属する仮想通貨取引所です。多くの手数料が無料で、レバレッジ取引や、貸暗号資産(レンディング)サービスを提供していることに特徴があります。

ビットコイン送金手数料は無料なので、利用しやすい取引所です。まだ取引所としての知名度は低いですがスペックは高く、今後の規模拡大が期待されます。

SBI VC トレードで
口座開設をする

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 無料
BITPOINTの基本情報
取扱銘柄数 13種類
取引手数料 無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
主な特徴 ・手数料の多くが無料
・使いやすい取引ツール
・レンディングサービスの取り扱いがある
・取引所取引ができるアルトコインは9種類
※2022年7月25日現在

BITPOINTは、仮想通貨取引にかかるほぼすべての手数料が無料であることに特徴があります。板取引時、日本円入出金時、ビットコイン送金時に手数料がかかることはありません。

また、レンディングサービスも取り扱っている、アルトコインを取引所で取引できるなど、仮想通貨投資家にも魅力的な点が多い取引所です。

BITPOINTで
口座開設をする

Zaif(ザイフ)

Zaifの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 0.0001〜0.01BTC(約290円〜約2,900円)
Zaifの基本情報
取扱銘柄数 13種類
取引手数料 Maker 0.0%、Taker 0.1%
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 ・銀行振込 無料(振込手数料は自己負担)
・コンビニ入金
30,000円未満 495円、30,000円以上 605円 ・ペイジー入金
30,000円未満 495円、30,000円以上 605円
日本円出金手数料 ・30,000円未満 385円、・30,000円以上 770円
主な特徴 ・2016年4月8日にサービス開始された仮想通貨取引所
・カイカコイン((CICC)、フィスココイン(FSCC)など珍しい銘柄の取り扱いがある
・「Zaif 自動売買 おてがるトレード」で自動売買ができる
・Twitterチップとチャットチップで手軽にチップが送れる
※2022年7月25日現在

Zaifは珍しいアルトコインの取り扱いや、自動売買、Twitterでチップが送れるなど、ユニークな取り組みに特徴のある取引所です。手数料はMaker0.0%、Taker0.1%、日本円入出金は銀行振込入金以外は手数料がかかります。

ビットコイン送金手数料は「0.0001〜0.01BTC(約290円〜約2,900円)」と、金額に幅があります。送金スピードによって手数料が変わるようです。送金前には必ず手数料がいくらか表示されるので、あとから高額な請求が来る、ということはありません。

Zaifで
口座開設をする

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 0.0004BTC(約1,160円)
bitFlyerの基本情報
取扱銘柄数 15種類
取引手数料 0.01%〜0.15%(直近30日間の取引量によって変動)
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 330円(住信SBIネット銀行から入金の場合は無料)
日本円出金手数料 ※3万円未満 550円(三井住友銀行へ出金の場合は220円)
※3万円以上 770円(三井住友銀行への出金の場合は440円)
主な特徴 ・2014年1月設立の取引所
・bitwireを使うとメールアドレスでビットコインを送れる(bitFlyerのアカウントが必要)
・アルトコインは販売所でのみ取り扱い
・レバレッジ取引の取り扱いがある
・「bitFlyer クレカ」でビットコインが貯まる
※2022年7月25日現在

bitFlyerは、Coincheckと並ぶ日本の大手取引所です。レバレッジ取引を取り扱っており、ビットコインが貯まるクレジットカードを発行していることに特徴があります。取引所手数料は、直近30日間の取引量によって変動する形式をとっています。

ビットコイン送金手数料は「0.0004BTC(約1,160円)」です。送金のたびに1,000円を超える手数料がかかるので、あまりbitFlyerから送金をしない方がいいでしょう。

bitFlyerで
口座開設をする

Coincheck(コインチェック)

Coincheckの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 0.0005BTC(約1,450円)
Coincheckの基本情報
取扱銘柄数 17種類
取引手数料 無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 ・銀行振込は無料
※3万円未満(コンビニ、クイック入金)770円
※3万円以上50万円未満(コンビニ、クイック入金)1,018円
※50万円以上 入金金額×0.11% + 495 円(クイック入金)
日本円出金手数料 407円
主な特徴 ・初心者でも扱いやすい取引画面
・取り扱い銘柄が多い
・取引所で取引できるのは4種類のみ
・Coincheckガス、Coincheckでんき、貸暗号資産、Coincheck NFT(β版)などさまざまなサービスを扱っている
※2022年7月25日現在

Coincheckは日本でトップクラスの仮想通貨取引所です。取り扱う仮想通貨は17種類、取引ツールの評判はよく、仮想通貨初心者でも使いやすいことで知られています。最近では、Coincheckガス、Coincheckでんきなど、仮想通貨を絡めて他事業への展開も行っています。

取引手数料は無料ですが、ビットコインの送金手数料は「0.0005BTC(約1,450円)」です。Coincheckのユーザー間は無料で送ることができますが、外部へは一度の送金につき手数料がかかります。頻繁に送金する取引所としては向いていません。

Coincheckで
口座開設をする

LINE BITMAX

LINE BITMAXの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 0.001BTC(約2,900円)
LINE BITMAXの基本情報
取扱銘柄数 6種類
取引手数料 なし
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 ・LINE Pay 税込110円
・銀行口座 税込400円
主な特徴 ・2018年1月からサービス開始
・LINEからログインできる
・販売所取引のみ
・2022年7月にレバレッジ取引取り扱い開始
・レンディングサービスの取り扱いがある
※2022年7月25日現在

LINE BITMAXは、メッセージアプリLINEの仮想通貨サービスです。LINEから手軽にログインして取引できるのが特徴で、販売所手数料や日本円の入金手数料は無料としています。

ビットコイン送金手数料は、比較した取引所の中ではもっとも高い「0.001BTC(約2,900円)」です。LINE BITMAXユーザー間の入金、送金にかかる手数料は無料としているものの、外部にはなかなか送りづらい金額です。
LINE BITMAXでは、ビットコインの送金頻度は抑えた方がいいでしょう。

LINE BITMAXで
口座開設をする

bitbank(ビットバンク)

bitbankの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 0.0006BTC(約1,740円)
bitbankの基本情報
取扱銘柄数 16種類
取引手数料 Maker -0.02%、Taker 0.12%
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 770円(3万円以下の場合は550円)
主な特徴 ・Maker取引でマイナス手数料を採用
・アルトコイン/ビットコインの通貨ペアでも取引可能
・強固なセキュリティ対策
・サーバーが強い
※2022年7月25日現在

bitbankは、取引手数料でマイナス手数料を採用している取引所です。GMOコインと同様に、Makerで注文を出して約定すれば、手数料の還元を受けることができます。

ビットコイン送金手数料は「0.0006BTC(約1,740円)」と、他と比較するとやや高い水準です。bitbankでは送金頻度を減らすか、送金手数料の安いアルトコインに両替して送るといいでしょう。

bitbankで
口座開設をする

楽天ウォレット

楽天ウォレットの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 0.001BTC(約2,900円)
楽天ウォレットの基本情報
取扱銘柄数 3種類(現物)
取引手数料 なし
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 税込300円
主な特徴 ・楽天グループが運営する仮想通貨取引所
・現物の取り扱いは3種類、レバレッジ取引では5種類
・楽天ポイントで仮想通貨を買える
・販売所取引のみ
※2022年7月25日現在

楽天ウォレットは2019年8月から仮想通貨取引サービスを開始している新しい取引所です。まだ取り扱い仮想通貨の数は少なく、現物は3種類、レバレッジ取引はビットコイン含む5種類となっています。

多くの手数料が無料ですが、ビットコイン送金手数料は「0.001BTC(約2,900円)」と高額です。送金を頻繁に行う取引所としては向いていません。

楽天ウォレットで
口座開設をする

海外取引所のビットコイン入金・送金手数料を紹介

海外取引所のビットコイン入金・送金手数料を紹介
(画像=ZUU online編集部)

今までは国内取引所のビットコインの入金、送金手数料を紹介してきましたが、海外取引所ではどうなっているのでしょうか。ここでは、海外取引所の「バイナンス」「バイビット」「CryptoGT (クリプトジーティー)」の3つを紹介していきます。

バイナンス

バイナンスの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 ※一例
・0.001BTC(Bitcoinネットワーク)
・0.000012BTC(BNB Smart Chain BEP20)
・0.000012BTC(BNB Beacon Chain BEP2)
公式サイト https://www.binance.com/ja
※2022年7月25日現在

バイナンスは、世界でもっとも仮想通貨の取引量が多い海外取引所です。取り扱い銘柄600種類以上、年間10%を超える高配当のステーキングサービスの取り扱い、最大20倍のレバレッジ取引など、魅力的なサービスを豊富に扱っています。

ビットコイン送金手数料は数種類あり、バイナンスが作った独自のブロックチェーンである「BNB Smart Chain BEP20」か「BNB Beacon Chain BEP2」を利用すると、「0.000012BTC(約34.8円)」に抑えることができます。

\海外取引所へ送金するなら/

Coincheckで
口座開設をする

バイビット

バイビットの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 0.0005BTC(1,450円)
公式サイト https://www.bybit.com/
※2022年7月25日現在

バイビットは日本語対応しており、最大100倍までのレバレッジ取引ができることや豊富なステーキングサービスに特徴がある海外取引所です。最近は取り扱い銘柄を増やしており、現在は200種類以上を扱っているとされています。

ビットコイン送金手数料は「0.0005BTC(1,450円)」なので、送金手数料が安いアルトコインに両替して送るといいでしょう。

CryptoGT (クリプトジーティー)

CryptoGTの入金・送金手数料
ビットコイン入金手数料 無料
ビットコイン送金手数料 ・0.0001BTC(BEP20)
・0.0005BTC(Bitcoin)
公式サイト https://cryptogt.com/jp/website-home
※2022年7月25日現在

CryptoGT (クリプトジーティー)は、レバレッジ取引で最大500倍までのポジションを持てることに特徴がある取引所です。

ビットコイン送金手数料は「0.0001BTC(約290円)」もしくは「0.0005BTC(約1,450円)」です。バイナンス同様に安く送金できるネットワークを用意しています。

\海外への送金が無料/

DMM Bitcoinで
口座開設をする

ビットコインの送金方法

ビットコインの送金方法
(画像=ZUU online編集部)

ここでは、スマホのウォレットアプリからビットコインの送金を行う手順を解説していきます。コインチェックを例にとって紹介します。

「ウォレット」からビットコインを選択

まずは、ウォレットをタップし送金する通貨を仮想通貨を選択します。今回は、ビットコインを選んでください。

Coincheck送金方法3
(画像=Coincheck)

残高画面から「送金」を選択

ビットコインを選択すると、現在アカウントに入っている残高が表示されます。

送金することができるのは「現在の残高 - ビットコイン送金手数料」です。残高すべてを送れるわけではないので注意してください。

Coincheck送金方法4
(画像=Coincheck)

アドレスや送金額を入力

送金を選択すると以下4つの項目が表示されます。

・アドレス
・送金サービス名
・受取人種別
・送金額

Coincheck送金方法6
(画像=Coincheck)

アドレスとは、ビットコイン送金先のアドレスのことです。1か3から始まる27~34文字の英数字がアドレスになります。1文字でも間違えると送金できないので、確実にコピー&ペーストするようにしてください。

送金サービス名とは、送り先のサービスが何かを表すものです。プルダウンからもっとも近いものを選び、該当するものがなければその他を選ぶようにします。

受取人種別とは、ビットコインを受け取る人は誰であるかを伝えるものです。

最後に送金額とは、今回送るビットコインの額のことです。「¥」マークをタップすると、日本円とビットコインの入力切替ができます。

利用規約を確認し、「同意して送金」をタップします。

Coincheck送金方法2
(画像=Coincheck)

Coincheckで
口座開設をする

「BTCを送金」を選択

その後は、2段階認証のパスワード画面が表示されるので、ログイン時と同じように入力を行います。

Coincheck送金方法5
(画像=Coincheck)

すべての入力項目の入力が完了したら「BTCを送金」をタップします。 これで、送金に必要な手続きはすべて完了しました。

Coincheck送金方法1
(画像=Coincheck)

一度送金したアドレスは、登録することができます。登録しておくことで、次に送金する際に簡単に情報を呼び出すことができるようになるので、ぜひ活用しましょう。

Coincheckで
口座開設をする

仮想通貨の送金においての注意点

仮想通貨の送金においての注意点
(画像=ZUU online編集部)

仮想通貨送金時には、仮想通貨ならではのことが理由で不具合が生じることがあります。ここでは、注意すべきことを2つ紹介します。

仮想通貨の送金においての注意点
  • 反映までに時間がかかる
  • アドレスを間違えないように管理する

反映までに時間がかかる

ビットコインは、1秒間に約7取引ほどしか処理することができないと言われています。通常の混み具合だと約10分ほどで完了しますが、混雑時は数日かかったという報告もあります。

ビットコインの送金状況は、ビットフライヤーが提供するサービス 「chainflyer」で確認することが可能です。IDを入力するだけで、自分の送金が進んでいるかどうか、今の承認状況はどれほどかが確認できる便利なツールなので、送金時には一度利用してみるのもいいですね。

アドレスを間違えないように管理する

仮想通貨の送金時に、1文字でもアドレスに間違いがあると送金が行われません。送金先のアドレスは確実にコピー&ペーストするようにしてください。

送金先のアドレスに間違いがあった場合、手数料が引かれた状態で戻って来ればまだいい方で、送金した仮想通貨が戻ってこずに消滅するケースも少なくありません。致命的な損失にもなりかねないので、送金前には入念にチェックを行うテスト送金を行うなどして、対応するようにしてください。

ファクトチェッカー
株式会社ヴェリタ
ファクトチェック担当者

ヴェリタは東京の校正・編集会社です。校正専業では唯一、派遣元事業者、有料職業紹介事業者の資格を取得しています。