仮想通貨取引所 取引量ランキング
(画像=ZUU online編集部)

仮想通貨の取引量は、手数料や取り扱う仮想通貨の種類と並んで、取引所を選ぶときに重要な判断指標の1つです。一般的に、取引量は多いほうが良いといわれています。

本記事では、「取引所の取引量を気にしたことがない」「取引量が多いほうが良い理由を知りたい」人のために、取引量が多い取引所を利用するメリットや、取引量が多い取引所を紹介します。

まず取引所の全体像を確認したい方は、以下の記事から見るのがおすすめです!
ビットコインのおすすめ取引所を知りたい方はこちら
ZUU online編集部
ZUU online編集部
この記事の編集者

ZUU onlineは、 お金や時間をコントロールでき、個人が夢や目標を持ち、それに全力でチャレンジしている人を増やすために記事を制作・配信しています。ユーザーの皆様にとって有益なお金に関する記事、信頼性の高い記事を配信するため、編集・制作を担当するZUU online編集部員のほか、税理士や行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、元金融機関職員などの専門家の方々にも記事の執筆や監修として関わっていただいています。充実した編集体制の構築により、ユーザーの皆様に価値ある情報を提供しております。

プロフィールへ 編集方針

仮想通貨の取引量とは?

仮想通貨の取引量とは、一定期間内において成立した取引金額の累計を示したものです。出来高のことを指し、英語では一般的に「Vol」や「Volume」と表記されています。

取引量が多いほど、成立した取引の総額が大きいことを表しており、取引の活発さを示す指標の1つです。

仮想通貨が活発に売買されると取引量は増え、活発でなければ取引量は減ります。

取引所内で確認できる取引量は市場全体の取引量ではなく、取引所内の取引量を表していることが多いため注意しなければいけません。

市場全体の取引量は、CoinMarketCapなど海外市場を含む仮想通貨全体の市場動向サイトで確認できます。

参照:CoinMarketCap

\ビットコイン取引量No.1/

bitFlyerで
口座開設をする

取引量の多い国内取引所ランキング

取引量の多い日本の取引所ランキング(2022年8月6日現在)を掲載します。首位はbitFlyer、2位がCoincheckと大手の取引所が上位となっています。

本ランキングは2022年8月6日現在、CoinMarketCapに掲載されている取引所を対象に作成しています。

取引量の多い日本の取引所ランキング
順位 取引所 Volume Volume % Liquidity 公式HP
1位 bitFlyer
(ビットフライヤー)
8,594万5,791ドル 42.04% 605 公式HP
2位 Coincheck
(コインチェック)
5,945万7,051ドル 29.08% 629 公式HP
3位 bitbank
(ビットバンク)
3,109万6,639ドル 15.21% 586 公式HP
4位 OKCoinJapan 1,258万674ドル 6.15% 404 公式HP
5位 BTCBOX 1,173万1,988ドル 5.74% 281 公式HP
2022年8月5日現在
引用:CoinMarketCap

bitFlyer(ビットフライヤー)

おすすめポイント bitFlyer
(画像=ZUU online編集部)

Bitcoin日本語情報サイトが実施した調査において、bitFlyerは国内の暗号資産交換業者の中で、ビットコインの取引量が6年連続(2016年〜2021年)国内No.1を達成している取引所です。

国内取引量は2位に10%以上差をつけて、40%を超えるシェアを獲得しています。ビットコインなど17種類の仮想通貨を1円から売買できるため、初心者の人や小額投資を希望する人でも損失額を抑えながら資産運用が可能です。(2022年8月5日現在)

また、他社を先行して最新技術を導入するなど、セキュリティ対策に力を入れており、業界最長となる7年以上ハッキングを受けていません。

クイック本人確認を利用すれば、オンライン上で本人確認が完結します。最短10分で口座開設が可能です。

知名度もあり信頼できる取引所だと思います。
個人認証は手間が掛かりましたが、その分厳密にしていると考えればそこまでマイナスポイントでは無いです。
仮想通貨の取引はビットフライヤーが初めてだったのですが、使い方などもわかりやすく初心者にも取り扱いやすいと思います。
今となっては使い道が無くなってしまっているTポイントをビットコインに交換できるのもオススメポイントです。
購入する際も、少額から購入出来るのも良いポイントだと思います。
業界内でもセキュリティ面がかなり高いこと、仮想通貨を1円から買えること、手続きでの注意事項がポップで出ること、Tポイントでビットコインを買えること、等から仮想通貨取り引きの初心者にはかなりおすすめできると思います。
もし使用されるなら、住信SBIネット銀行を利用すれば、オンラインバンキングで手数料無料で入金でき、即座に資金が反映されるのでおすすめですね。
上級者の方は分かりませんが、自分のような投資初心者や中級者の方にはとても良いと思います。

\ビットコイン取引量No.1/

bitFlyerで
口座開設をする

Coincheck(コインチェック)

おすすめポイント Coincheck
(画像=ZUU online編集部)

Coincheckはアプリのダウンロード数が国内の暗号資産取引アプリの中で2019年から3年連続国内No.1を記録しています。

ビットコインをはじめ、イーサリアムなど全17種類(2022年8月5日現在)の銘柄を取り扱っており、同一取引所内で投資先を複数の銘柄にわける分散投資が可能です。

国内取引量のシェアは29.08%と2位につけており、2022年8月3日現在のアプリダウンロード数は約520万(前年同期比+25%)、本人確認済口座数は約171万口座(前年同期比+26%)に伸びています。

コインチェックは、とにかくアプリのチャートが見やすいところがいいです。
チャートは基本的な値動きの線だけでシンプルですし、通貨も一覧で値動きが見れますので、情報を一気に見やすくなっています。

昔仮想通貨流出事件がありましたが、現在はセキュリティーも安定しています。
またコインの種類数は18種類ほどあり満足できる多さです。
コインチェックは板取引、もしくは販売所でもビットコインに限ってはスプレッドが狭く設定されているので、ビットコインのみ取引したい人はおすすめです。
アプリやブラウザはビギナーの方にも使いやすく、登録も簡単だしとにかく早いので、とりあえず投資やクリプトを触ってみたい人はコインチェックから始めるのが良いと思います。

\アプリダウンロード数No.1/

Coincheckで
口座開設をする

bitbank(ビットバンク)

おすすめポイント_bitbank
(画像=ZUU online編集部)

bitbankにおける現在の国内取引量のシェアは、15.21%と2位の約半分ですが、2021年2月14日には取引量で国内No.1になったこともあります。

取扱銘柄はビットコイン以外に人気のアルトコインを含む全18種類あり、全銘柄が取引所で売買できるため、コストを抑えて取引できるのが特徴です。

ワンタップで仮想通貨を取引できるシンプルなデザイン設計です。60種類以上のテクニカル分析を利用した相場分析も行えるため、初めて取引する人から本格的に取引する人まで幅広く対応しています。

また、第三者機関に国内No.1と認められた鉄壁のセキュリティで、インターネットとは完全に切り離されたコールドウォレットを利用して仮想通貨を管理しているため、安心して取引できます。

仮想通貨取引にまだ自信がない私にピッタリなアプリでした。サポートが充実してるから有難いと感じたのとアプリが使いやすいのが特徴的だと思います。
それに取引手数料も安いので少しでも多く投資資金にお金を回せるのはとても重要な所でした。
これ一つインストールするだけで他に登録することなく取引をスタートできた点が非常にシンプルで手軽だなって感じました。
アプリ関連は個人情報流出など危険性がありますが、ビットバンクはそういったニュースがないのでひとまず安心して利用できます。
自分はまだ使いだしてから日も浅いけど、使いやすさに驚愕しています。
アプリ版の良いところは手軽さと見やすさだと思います。
いつでも操作入力ができ、レイアウトもスマホで見る想定で見やすく調整されてる点が気に入りました。
通信環境についてもケータイ回線を利用しているので速度でイライラすることが無くなったのは大きかったですね。

\仮想通貨取引量国内No.1/

bitbankで
口座開設をする

OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)

OKCoinJapanは中国大手OK Groupの子会社が運営する取引所です。

国内取引量のシェアは6.15%で、上位3取引所と比較して大きく下回りますが、OK Groupの持つグローバルの流動性を活用することで安定した取引を提供しています。

取扱銘柄15種類(2022年8月6日現在)すべてを、ユーザー同士で取引する仕組みの取引所で売買でき、スプレッドの狭さと注文量の多さが特徴です。

また、仮想通貨の管理は100%コールドウォレットを利用しており、24時間365日、システムを監視することで比較的安全であり、利便性のある取引ができます。

OKCoinJapanで
口座開設をする

BTCBOX

BTCBOXは2段階認証をはじめ、SSLサーバー証明、24時間体制による監視など、高度なセキュリティにより7年以上無事故でサービスを継続しています。
SSLサーバー証明とはIT用語で、見た目としては従来は「http」から「https」に代わり、暗号化されていなかった通信データを暗号化してセキュリティを強固にする仕組みです。

国内取引量は5.74%と、1位の約7分の1の取引量しかないため、希望の価格で取引ができないケースや取引の成立までに時間がかかる可能性があります。

また、取扱銘柄も7種類(2022年8月6日現在)と上位取引所と比較して半分程度です。しかし、毎月一定額を自動定期購入するサービスや、元金の2倍までビットコインの融資が受けられるサービスを利用すれば、小額から投資を始めたい人でも資産運用が可能です。

さらに親切な対応で手厚いサポートを受けられ、早期に問題を解決してくれる体制が整っています。

BTCBOXで
口座開設をする

取引量が多い取引所を使うメリット

取引量が多い取引所を使うメリットは以下の3つです。

取引量が多い取引所を使うメリット
  • スプレッドが比較的安定しているため、利益を得やすい
  • 売買が活発であるため、希望価格で注文が通りやすい
  • 取引量は価格に先行して動く傾向があるため分析がしやすい

スプレッドが安定する、狭くなる

取引量が多い取引所では、仮想通貨のスプレッドは安定しやすいとされています。仮想通貨におけるスプレッドとは、仮想通貨の売値と買値の差額を指します。

取引量が多い仮想通貨はスプレッドが狭い傾向にあり、売買で利益を得やすくなります。

スプレッドとは、販売所が提示する売値と買値の差額を指しており、取引時に発生する実質的なコストの1つです。

例えば、ある仮想通貨の買値が105万円、売値が100万円の場合、スプレッドは5万円です。

購入後すぐに売却すると5万円のマイナスとなるため、利益を得るには売値が買値を超えてから売却する必要があります。そのため、スプレッドが狭い方が利益を得やすいとされています。

ただし、スプレッドは基本的に日々変動しており、取引量が多い仮想通貨でも価格の急騰や急落により広がりやすくなるので注意しましょう。

注文が通りやすくなる

仮想通貨の取引量が多いということは、売買が活発に行われているため、仮想通貨の注文が通りやすくなります

一方、取引量が少ないときは取引が活発ではなく、売り注文や買い注文が少ないため、取引が成立しづらいでしょう。具体的には、100万円で売り注文を出しても、100万円で買いたい人が少ないため、取引が成立するまでに時間がかかる可能性があるということです。

特にマイナーな仮想通貨の場合、市場全体の取引量が少なく取引が成立しづらいため、できる限り取引量が多い取引所を利用することで、希望のタイミングや価格で取引できる可能性があります。

分析しやすくなる

投資家の動きは取引量に反映される傾向があるため、取引量の多い取引所は分析の精度が上がりやすくなります。

例えば、取引量が増えたときは、価格に影響する何らかの要因により大量の売り注文や買い注文が殺到していると考えられます。そのため、取引量の増加は価格の急騰や急落につながるかもしれません。

ただし、取引量の増加のみでは、買い注文と売り注文のどちらが多いか判断できないため、取引量以外の指標(ローソク足や移動平均線など)と組み合わせることで、より分析がしやすくなります。

ちなみに、ローソク足とは1日の値動きをローソクのような形で表したもの、移動平均線とは一定期間の価格から平均の価格を割り出し折れ線グラフにしたものです。

\アプリダウンロード数No.1/

Coincheckで
口座開設をする

取引量の多い取引所 世界ランキング

取引量の多い取引所ランキング(2022年8月6日現在)を掲載します。バイナンスが圧倒的な首位で、市場の取引量の半分近いシェアを獲得しています。

本ランキングは2022年8月6日現在、CoinMarketCapに掲載されている取引所を対象に作成しています。

取引量の多い取引所ランキング

取引量順位 取引所 Volume Volume % Liquidity
1位 バイナンス 141億7,268万1,228ドル 49.00% 902
2位 ディープコイン 61億8,598万9,121ドル 21.39% 319
3位 トークンカン 42億8,363万4,603ドル 14.81%
4位 CITEX 40億2,656万7,835ドル 13.92% 236
5位 XT.COM 33億5,031万1,201ドル 11.58% 585
2022年8月6日現在
引用:CoinMarketCap

バイナンスで
口座開設をする

CoinMarketCapでの調べ方

仮想通貨の取引量が多い取引所は、仮想通貨市場動向サイトCoinMarketCapで確認できるため、調べ方について解説していきます。

マイナーなアルトコインの取引量も調べられますので、参考にしてみてください。

はじめに、公式サイトにアクセスして、右上「Search」をクリックします。

取引量が多い取引所ランキング
引用:CoinMarketCap

次に①検索窓に「仮想通貨名」を入力します。
①を入力後、②に表示される候補の中から対象の仮想通貨を選択してください。

取引量が多い取引所ランキング
引用:CoinMarketCap

検索した仮想通貨の価格やVolumeが表示されるので、ページ下部に表示されている「仮想通貨名+ Markets」に移動します。

取引量が多い取引所ランキング
引用:CoinMarketCap

「仮想通貨名 Markets」に移動すると、Source(取引所)とVolume(24時間の取引量)などの情報が表示され、取引量の多い取引所が上位から並んでいます。

取引量が多い取引所ランキング
引用:CoinMarketCap

取引所を調べる方法は以上です。

\ビットコイン取引量No.1/

bitFlyerで
口座開設をする

まとめ〜取引量は取引所の実績の証〜

取引量は、仮想通貨が一定期間に取引されている金額を示す指標の1つです。CoinMarketCapなどの仮想通貨市場動向サイトで確認できます。

取引量が多い取引所を利用するメリット
  • スプレッドが比較的安定しているため、利益を得やすい
  • 売買が活発であるため、希望価格で注文が通りやすい
  • 取引量は価格に先行して動く傾向があるため分析がしやすい

今後取引所を選ぶときには、取引を希望する仮想通貨がどれほど取引されているかを確認してみましょう。

\アプリダウンロード数No.1/

Coincheckで
口座開設をする

FAQ

取引量と時価総額の違いは?

取引量とは、仮想通貨が一定期間で取引された金額の累計を表しています。時価総額は発行済みの仮想通貨の量に1株当たりの現在の市場価格を乗じて計算します。

取引量は市場のアクティブさを示す指標のひとつで、時価総額は通貨の人気度を図る指標です。また、時価総額をその通貨の安定性を示す基準として判断するのも1つの考え方です。