バイナンスとは?
(画像=ZUUOnline編集部)

「バイナンスで取引をしたいけど、使い方が分からない」「日本からでも利用できるの?」

暗号資産(仮想通貨)の取引で海外取引所の利用を検討するときに、このような不安や悩みを感じることがあるかもしれません。海外取引所は取引手数料の安さや取扱銘柄の多さが魅力である一方で、なかなか利用に踏み切れない人もいるでしょう。

そこで本記事では、暗号資産(仮想通貨)におけるバイナンス(Binance)の特徴や登録方法、入金の流れについて解説します。

ZUU online編集部
ZUU online編集部
この記事の編集者

ZUU onlineは、 お金や時間をコントロールでき、個人が夢や目標を持ち、それに全力でチャレンジしている人を増やすために記事を制作・配信しています。ユーザーの皆様にとって有益なお金に関する記事、信頼性の高い記事を配信するため、編集・制作を担当するZUU online編集部員のほか、税理士や行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、元金融機関職員などの専門家の方々にも記事の執筆や監修として関わっていただいています。充実した編集体制の構築により、ユーザーの皆様に価値ある情報を提供しております。

プロフィールへ 編集方針

バイナンスとは?

236524

バイナンス(Binance)は、2017年にサービスが開始された海外暗号資産取引所です。取扱銘柄の多さや、取引量の多さで知られていますが、独自トークンの発行やNFTマーケットプレイスの運営など、さまざまな金融サービスの提供も行っています。

世界最大の海外暗号資産(仮想通貨)取引所

バイナンス(Binance)は、取扱銘柄数が600種類以上、ユーザー数が9,000万人を超える世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所です。24時間の取引量は約760億ドル(=約10兆1,840億円,1ドル134円として計算※2022年6月14日時点)となっており、多くのユーザーが活発に取引を行っていることが分かります。

バイナンス(Binance)は、アカデミーと呼ばれる学習コンテンツの提供にも力を入れており、公式サイトでは暗号資産業界に関する多くの情報が発信されています。中には、クイズ形式でブロックチェーンの知識を身につけながら暗号資産を報酬として得られるコンテンツもあるなど、バラエティ豊かな特典が取り揃えられていることが特徴です。

バイナンスのお申し込みはこちら

日本で取引を行うことは違法ではない

日本で暗号資産交換業者を運営するためには、金融庁財務局での登録が必要です。バイナンス(Binance)については、日本での金融ライセンスを取得していないため、2021年6月に金融庁より「無登録で暗号資産交換業を行う者」として警告を受けています。

ただし、2022年現在において、取引所を利用するユーザー側が罰せられるといった法令は定められていないため、自己責任のもとで利用することが可能です。

バイナンスはなぜ人気?メリットや魅力を5つ紹介

236525

世界中で多くのユーザーが利用するバイナンス(Binance)には、以下のような5つのメリットや魅力が挙げられます。

バイナンスの5つのおすすめポイント
  • 取扱銘柄が豊富
  • 取引手数料が安い
  • 独自のトークンを扱っている
  • セキュリティが強固
  • ステーキングやレンディングの利率が高い

それぞれ詳しく確認しましょう。

①取扱銘柄が豊富

バイナンス(Binance)のメリットとして、取扱銘柄が豊富であることが挙げられます。2022年6月現在、取り扱っている銘柄は600種類を超えており、メジャーコインからマイナーコインまでさまざまなトレードが楽しめることが魅力です。

GMOコインの22種類が最多(2022年7月現在)である日本国内の取引所と比べると、いかに取扱銘柄が豊富であるかが分かるのではないでしょうか。

②取引手数料が安い

バイナンス(Binance)では、現物取引の手数料は一律0.1%です。また、ユーザーの取引量に応じて決まる「VIP」と呼ばれるユーザーランクを設けており、ランクが上がるほど手数料が安くなる仕組みを採用しています。そのため、取引を行うほど手数料がお得になります。

暗号資産に限らず、金融商品の取引ではコストを抑えてトレードを行うことが大切なポイントです。もしトレードで利益を得ても、手数料が高くつくと得られる利益が目減りします。

その点、バイナンス(Binance)は取引手数料が一律0.1%と、「短期間でトレードを繰り返す」といった投資家でも、コストを抑えて取引することができます。

バイナンスのお申し込みはこちら

③独自のトークンを扱っている

バイナンスコイン(BNB)と呼ばれる独自の暗号資産トークンを発行しています。他の暗号資産のように売買取引ができるだけでなく、リアル店舗での決済や旅行代金の決済などさまざまなシーンで利用できる仕組みです。

また、バイナンスコイン(BNB)を利用して決済を行うと、取引手数料が25%オフとなる特典も用意されています。

④セキュリティが強固

海外の取引所を利用するにあたって、「セキュリティ対策が不安」と感じる人もいるでしょう。大切な資産を預ける取引所でどのようなセキュリティ対策が講じられているかは、必ずチェックすべき重要なポイントです。

バイナンス(Binance)では、顧客の取引データは暗号化されており、第三者が顧客データにアクセスすることはできません。また、ユーザーはあらかじめアクセスできるデバイスやアドレスに制限をかけられるため、ハッキング等によってログインされるリスクも低減されています。

⑤ステーキングやレンディングの利率が高い

ステーキングやレンディングによって収益を得ることも可能です。定期ステーキングでは100を超える銘柄が対象となっており、中には100%を超える利回りのコインもあります。

バイナンス(Binance)のステーキングについては、記事内で詳しく後述していますので、そちらもあわせて確認してください。

バイナンスの2つのデメリット

236526

さまざまなメリットが挙げられるバイナンス(Binance)ですが、以下のようなデメリットもみられます。

バイナンスの2つのデメリット
  • 日本円の入金は手数料が高い
  • 出金停止になることがある

それぞれ詳しく確認しましょう。

①日本円の入金は手数料が高い

バイナンス(Binance)では日本円による入出金はできません。そのため、日本から取引を行うときには、クレジットカードで決済するか、事前に暗号資産を送金しておく必要があります。

ただし、クレジットカードによる決済は1取引につき2.0%の手数料がかかり、コストがかかります。あらかじめ国内取引所で暗号資産を購入して送金する方が、手数料を安く抑えられる可能性があります。

②出金停止になることがある

また、定期的に出金受付を停止することがあります。運営からのアナウンスは基本的に出金停止となったあとに出されることが多いため、「資金が必要なタイミングで出金できない」といった事態が起こる可能性もあるでしょう。

特に、価格変動が大きくなりやすいマイナーコインの取引については注意が必要です。

バイナンスのお申し込みはこちら

最新版バイナンスの登録方法3ステップを紹介

236527

バイナンス(Binance)でのアカウント登録には、「メールアドレス」「本人確認書類」「二段階認証を行うためのスマートフォン」が必要です。以下の項目で、手続きの流れを確認しましょう。

バイナンス(Binance)でのアカウント登録手続きの流れ
  1. 新規登録をする
  2. 本人確認を行う
  3. 二段階認証を設定する

ステップ1 新規登録をする

公式サイトより新規登録を行うことができます。トップページ右上の「登録」をクリックし、「利用規約」および「データ保護ガイドライン」を確認しましょう。

問題がなければ、電話番号もしくはメールアドレスを入力し、アカウントを登録します。その後、入力した連絡先に認証コードが送られてくるため、コードを入力すればアカウント登録は完了です。

ステップ2 本人確認を行う

アカウント登録が完了したら、「本人認証」を行います。アカウントにログイン後、「ユーザーセンター」から「識別情報」へと進みましょう。

居住国の選択肢の中から「日本」を選択し、個人情報を入力します。ここで入力した内容は変更ができないため、入力ミスがないか注意が必要です。

次に、本人確認書類のアップロードを行います。はっきりと書類が写るように部屋の明るさなどに気を付けましょう。

その後、画面の指示に従いながら顔認証を行い、本人認証は完了です。

ステップ3 二段階認証を設定する

二段階認証は、「Google認証」もしくは「SMS認証」のどちらかで行います。ここでは、Google認証の手順を例に解説します。

アカウントにログイン後、「プロフィール」から「セキュリティ」へと進みます。「Google認証」の横の「認証する」をクリックし、専用アプリのインストールを行います。

アカウント画面にQRコードが表示されるため、Google認証アプリとアカウントを連携させましょう。セットアップキーを入力する方法でも連携が可能です。

二段階認証が完了したら取引できるようになります。

バイナンスのお申し込みはこちら

バイナンスの入金方法を紹介

236528

バイナンス(Binance)で取引を行うには、原資を入金します。いくつかの入金方法が用意されているため、以下の項目でそれぞれ詳しく紹介していきます。

入金は国内取引所がおすすめ

日本からバイナンス(Binance)で取引を行うには、「クレジットカード決済で暗号資産を購入する」もしくは「国内取引所から暗号資産を送金する」という2つの方法があります。

なるべく送金コストを抑えるためには、国内取引所から暗号資産を送金する方法がよいでしょう。送金コストは取引所や銘柄によって異なるため、いくつかの取引所を比較して検討することがおすすめです。

クレジットカードからも入金できる

バイナンス(Binance)では、VISAとMastercardブランドのクレジットカードで暗号資産を購入できます。カード番号やセキュリティコードを入力するだけで決済ができるため、手続きに手間がかからない点がメリットです。

ただし、クレジットカードでの決済は1取引につき2.0%の手数料が発生します。「急ぎで暗号資産を購入したい」という場合以外は、国内取引所から暗号資産を送金する方がよいでしょう。

入金する際の注意点

国内取引所から暗号資産を送金する際は、銘柄によって送金速度が異なる点に注意が必要です。暗号資産は、銘柄によって使用するブロックチェーンが違うため、送金スピードが速いコインもあれば、送金に1日以上かかるコインもあります。

リップル(XRP)は、送金スピードの速さや送金コストの安さに定評があるコインであるため、「なるべく早く安く送金したい」という場合には、リップル(XRP)を選ぶとよいでしょう。

また、バイナンス(Binance)あてに送金を行う場合は、「アドレス」に入力相違がないか注意が必要です。

バイナンスのお申し込みはこちら

バイナンスの手数料はどれくらい安いの?国内取引所と比較

236529

「海外取引所は手数料が安い」といわれますが、実際に国内取引所とどれくらい違うのでしょうか。ここでは、「バイナンス(Binance)」「DMM Bitcoin」「Coincheck(コインチェック)」の3つの取引所を比較してみます。  

出金手数料

ビットコインを出金する際の手数料について、以下の表にまとめています。

取引所出金手数料
バイナンス(Binance)0.000005~0.0005BTC
(ブロックチェーンによって異なる)
DMM Bitcoin無料
Coincheck(コインチェック)0.0005 BTC

送金手数料についてはDMM Bitcoinが無料のため、特別バイナンス(Binance)の手数料が安いというわけではないようです。ただし、バイナンス(Binance)では送金するネットワークを選べる点が大きなメリットといえるでしょう。

取引手数料

以下の表で、取引手数料の比較をまとめています。

取引所取引手数料
バイナンス(Binance)0.1%
DMM Bitcoin無料
Coincheck(コインチェック)無料

取引手数料については、DMM BitcoinとCoincheck(コインチェック)が無料となっており、最も安い結果となりました。

送金手数料と同様に、バイナンス(Binance)の手数料が特別安いとはいえないようです。あくまで取扱銘柄の豊富さやバイナンスコインの取引に重点を置いて利用する方がよいでしょう。

DMM Bitcoinのお申し込みはこちら

バイナンスのステーキングの特徴

236530

バイナンス(Binance)では、ステーキングによって報酬が受け取れます

ステーキングとは

ステーキングとは、暗号資産をウォレットに保有(ロック)することによって、ブロックチェーンの運営へ参加することを指します。ステーキングを行った日数に応じて報酬を受け取れる仕組みのため、投資家は暗号資産を保有しているだけで利益を得られるのがメリットです。

バイナンス(Binance)ではメジャーコインからマイナーコインまで、多くの銘柄がステーキングの対象となっていることも特徴のひとつといえます。

バイナンスのステーキングは利息が高い!

ステーキング報酬は、銘柄や保有日数によって異なります。中には利息が100%を超えるコインもあるなど、利回りの高さが魅力のひとつです。

ただし、ステーキングを行うには最低金額が定められており、残高が一定金額を下回る場合はステーキングが利用できません

バイナンスのお申し込みはこちら

バイナンスへの送金におすすめの国内取引所

バイナンス(Binance)への送金には、「Coincheck(コインチェック)」「DMM Bitcoin」「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」の利用がおすすめです。

まずは一覧で国内取引所を紹介します。その後、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

おすすめ
暗号資産取引所
おすすめポイント 取引手数料(BTC) 取扱銘柄数 最低取引金額(BTC) 入金手数料
first
1
口座開設はこちら アプリダウンロード数No.1!

無料


17通貨


500円相当額
0円~1018円
second
2
口座開設はこちら ビットコイン取引量が国内最大級 販売所:無料
取引所:0.01~0.15%


15通貨
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
0円~330円
third
3
口座開設はこちら 各種手数料が無料! 販売所:無料
取引所:-


19通貨
販売所:0.0001 BTC
取引所:-
無料
4 口座開設はこちら GMOグループが運営 販売所:無料
取引所:-


19通貨
販売所:0.0001 BTC
取引所:-
無料
5 口座開設はこちら LINEから気軽に始められる 販売所:無料
取引所:-


6通貨
販売所:0.00000001 BTC
取引所:-
無料
6 口座開設はこちら MT4が使える本格派取引所

無料


12通貨
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
無料
7 口座開設はこちら 最短即日で取引可能 販売所:無料
取引所:Maker -0.03%, Taker 0.23%

13通貨
販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
無料

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)では、500円から暗号資産に投資できます。そのため、「少額投資から暗号資産取引を始めたい」という人でもチャレンジしやすいでしょう。

また、Coincheck(コインチェック)では取引手数料が無料のため、取引コストを抑えて取引できます。バイナンス(Binance)に送金する暗号資産を効率よく調達できるため、「取引手数料や送金手数料などで結局手数料がかさんでしまった」ということは避けられそうです。

Coincheckのレビュー

レパートリー豊かで今後も利用したくなります。わからない事尽くしなので、勉強ですね。気になる点は問い合わせの際に全体的に斑があるところです。記載に不備があると返信来た時にどの部分とか指摘する事が無いので、こちらとしてもわからず何度も返信繰り返した事があるので、細部に渡りアドバイス頂けたらと思います。

引用元:Google Play : コインチェック-ビットコイン/仮想通貨(暗号資産)取引アプリ

色々と手数料が掛かります。 コインを購入する方法が2種類あり『販売所と取引所』 販売所で購入すると手数料が取られます。 取引所で購入すると手数料はかかりませんが、非常に分かりにくい場所にあります。 色々なサイトで無料無料言っていますが騙されました。 ただチャット機能が付いていて教えてくれた方が居たので★2です。

引用元:Google Play : コインチェック-ビットコイン/仮想通貨(暗号資産)取引アプリ

Coincheck(コインチェック)のお申し込みはこちら

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinでは、円貨入金手数料や取引手数料、送金手数料がすべて無料です。そのため、DMM Bitcoinで暗号資産を調達してバイナンス(Binance)に送金する際も、手数料の無駄がなく手続きできます。

ただし、DMM Bitcoinでは「販売所形式」での取引しか行えない点に注意が必要です。ユーザー同士が直接取引を行う「取引所形式」は採用していないため、投資家は実質スプレッドを負担しています。

取引手数料や送金手数料は無料であるものの、目に見えないスプレッドを負担している点は考慮しましょう。

DMM Bitcoin のレビュー

こういったアプリは批判されることが多いが、自分は使ってみて確かに最初は使い難いと思ったけどそれは自分の理解力の無さとわかった。 それにLINEでの初歩的な問い合わせに対しても、とてもわかりやすく説明をしてくれる上に返信も早い。 事の流れが理解が出来てからはとにかく便利で早くスムーズに取引できると思う。 自分としては入出金の早さも含め、このアプリにして正解だったと思う ただ難点は注文ボタンを押すと約定エラー表示で進まなくなり、何度も押す羽目になりチャートの乱高下している時に当たってしまうとチャンスを逃すことがある事と、通算損益がわかると初心者にもありがたいですね

引用元:Google Play : DMMビットコイン 仮想通貨取引ならDMMビットコイン

使いやすいかどうかは比較したことないので分かりませんが、普通に使えます。 改善要望として、PCで書いたトレンドラインが見れたら使いやすい点と、指値、逆指値のラインがチャート上で調整できるといいかな?という希望があるので☆4です。 PCとアプリ共に水平線が引けないのが残念(私が使いこなせてないだけ?)

引用元:Google Play : DMMビットコイン 仮想通貨取引ならDMMビットコイン

DMM Bitcoinのお申し込みはこちら

GMOコイン

GMOコインでは、最短10分で取引が開始できます。口座開設手続きは全てオンラインで完了し、開設後はすぐに取引が開始できるため、「なるべく早くバイナンス(Binance)へ送金したい」という人にとって便利な取引所です。

また、GMOコインは取扱銘柄の豊富さも魅力のひとつです。21銘柄を取り扱っていることから、「バイナンス(Binance)での取引に合わせてマイナーコインを送金する」ことにも使える利便性もあります。

GMOコインのレビュー

他の国内取引所と違って、トレンド、オシレーター表示があるので便利です。この厳選されたオシレーターは、レバレッジ取引の経験値が上がる気がします。。。願わくば、ワンタッチで3つの画面設定を切り替えられるようにしてほしい。各分足も。横画面の表示も改善求む!!指の運びが上に行ったり、右下に行ったりも忙しい!

引用元:Google Play : ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ウォレット GMOコイン

【良い所】 ・初心者~中級者には使い易い ・チャートがある程度細かく表示され状況把握は出来る ・他仮想通貨アプリのように、アプリでは特定の事が出来ないなどは特にない
【悪い所】 ・移動平均線の数字範囲が狭すぎて使えない ・レジサポラインを引いた際に、他の時間軸と共有化されない(かなり致命的)
【総合評価】 ・ある程度やっていくと悪い所の2点がかなり致命的に感じる。初級者には☆5、上級者には☆3で、総合☆4。送金手数料が安く、板ルールも初心者向け仕様なので、最初どこを作るか迷ったらここで、腕が上がったら増やしていく感じでいいと思います。

引用元:Google Play : ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ウォレット GMOコイン

GMOコインのお申し込みはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)では、ビットコインやイーサリアム、リップルなど15種類の暗号資産を1円から購入できます。そのため、「最初は少額投資から始めたい」という人でもチャレンジしやすい取引所です。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)では、セキュリティ対策がしっかりと行われている点も魅力のひとつです。7年以上ハッキング被害に遭っていないのは業界でも最長レベルで、投資家が安心して利用するためのサポートも行われています。

ビットフライヤーのレビュー

とても使いやすいし、見やすいと思いますが、銘柄を任意に順番を変えられたら便利と思いました。例えばイーサを1番上に、2番目をクラシックにしたり自由に出来たらいいと思いました。上昇率で揃えて降順で一覧出来たりもしたらいいと思います。

引用元:Google Play : bitFlyer ウォレット ビットコインなどの仮想通貨取

少額投資可能な不具合の少ないアプリ 仮想通貨はこれからの投資先として十分な可能性を感じている。 コツコツ積み上げて行きたいので末永くバージョンアップと顧客サービスを充実させて欲しいです。

引用元:Google Play : bitFlyer ウォレット ビットコインなどの仮想通貨取

ビットフライヤーのお申し込みはこちら