Coincheck(コインチェック)は、暗号資産(仮想通貨)の取引を始めたいと考えている人におすすめの暗号資産交換業者(取引所)です。しかし初めての暗号資産(仮想通貨)取引において、手数料がどれくらいかかるのか把握していない人も少なくありません。

そこで本記事では、Coincheck(コインチェック)で暗号資産(仮想通貨)を取引するうえで負担する手数料の全体像を紹介します。先に結論からいうと、ユーザーが負担する主な手数料は次のとおりです。

  • 日本円の入出金をする時にかかる手数料
  • 暗号資産の取引にかかる手数料・コスト
  • 暗号資産の預入や送付をする時に負担する手数料

他の暗号資産交換業者(取引所)と比べて安いのかどうかもわかるので、ぜひ取引を始める前に参考にしてみてください。

コインチェックの手数料は他社と比べて安いのか?

Coincheck(コインチェック)の手数料は、他の取引所と比べて高いと言われることがあるようです。実際、Coincheck(コインチェック)の公式メディアでは次のとおり言及されています。

Coincheckの手数料は高いといわれることもありますが、取引所の手数料が無料であるなど、他の取引所と比べて特別高いとはいい切れません。

また、Coincheckの取引所の取引手数料は無料なので、何度もビットコインを売買したい人にとっては余分な取引手数料がかからないというメリットがあります。使い方によってはCoincheckはお得な取引所であるといえるでしょう。

引用:Coincheck|Coincheck(コインチェック)の手数料は高い?5つの種類を解説

コインチェックで発生する手数料一覧

Coincheck(コインチェック)で発生する手数料の一覧は次のとおりです。

入金時 銀行振込 金融機関所定の振込手数料はユーザー負担
コンビニ入金
※2022年7月13日よりサービス停止中
3万円未満 770円(税込)
3万円以上30万円以下 1,018円(税込)
クイック入金
※2022年7月13日よりサービス停止中
3万円未満 770円(税込)
3万円以上50万円未満 1,018円(税込)
50万円以上 入金金額×0.11%+495円(税込)
暗号資産入金 無料
取引時 販売所
(現物 店頭取引)
無料
※カバー先又はCoincheck取引所価格に対して0.1~5.0%のスプレッドあり
取引所
(現物 取引所取引)
Maker:0.000%
Taker:0.000%
レバレッジ取引
(取引所証拠金取引)
暗号資産FX
(店頭証拠金取引)
Coincheckつみたて
(暗号資産の積立投資サービス)
口座振替手数料:無料
サービス利用手数料:無料
スプレッド:カバー先又はCoincheck取引所価格に対して0.1~4.0%
NFTマーケットプレイス 入庫手数料:無料
出品手数料:無料
販売手数料:販売価格の10%
出庫手数料:0.01ETH
出金・送金時 日本円 407円(税込)
ビットコイン(BTC) 0.0005BTC(ネットワーク手数料に応じて最大0.016BTC)
※Coincheckユーザー間は無料
イーサリアム(ETH) 0.005ETH(ネットワーク手数料に応じて最大0.16ETH)
※Coincheckユーザー間は無料
※「-」はサービスの取扱いがないことを示します。
※2022年7月21日確認時点
参照:Coincheck|手数料

コインチェックのおすすめなポイント

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイントは、手数料においては取引所の取引手数料が無料のため、何度取引しても手数料の負担なしで利用できる点です。

手数料以外では次のようなポイントが挙げられます。

  • 本人確認済み口座数170万超えの人気取引所(2022年6月の月次開示情報より)
  • 500円から暗号資産(仮想通貨)の取引ができる
  • アプリダウンロード数No.1(2020年1月から12月について、データ協力App Annie)
  • 取扱通貨数が18通貨と豊富(2022年7月21日確認時点、取引制限中のETCを含む)
  • 暗号資産交換業者が運営する国内初のNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供
  • 国内で初めてIEO「パレットトークン(PLT)」を実施

※IEO(Initial Exchange Offering)とは、企業やプロジェクトが暗号資産(仮想通貨)取引所を通じてトークンを発行して資金調達をすることを指します。

Coincheck(コインチェック)はアプリダウンロード数No.1を獲得するなど、多くのユーザーから親しまれている暗号資産交換業者(取引所)です。

500円から18通貨を取引できるほか、国内の暗号資産交換業者(取引所)で初めてNFTマーケットプレイスの提供やIEOの実施をするなど、他社に先駆けて多様なサービスを展開しています。

Coincheckで口座開設をする

売買手数料

Coincheck(コインチェック)で暗号資産(仮想通貨)の売買などをするときにかかる手数料は、大きく分けて次の4つがあります。

  • 販売所の手数料
  • 取引所の手数料
  • Coincheckつみたての手数料
  • Coincheck NFTの手数料

Coincheck(コインチェック)は独自サービスとして暗号資産(仮想通貨)の積立投資サービス「Coincheckつみたて」と、NFTマーケットプレイスの「Coincheck NFT」を展開しています。

他の暗号資産交換業者(取引所)と比べながら、Coincheck(コインチェック)の手数料をチェックしていきましょう。

販売所の手数料

販売所取引とは、ユーザーがCoincheck(コインチェック)を相手にとって暗号資産(仮想通貨)の売買を行う取引です。

販売所では、Coincheckを相手にお取り引きを行っていただけます。

引用:Coincheck|「販売所」と「取引所」は、何が違うのですか?

Coincheck(コインチェック)が提示しているレート(価格)を見て、売買数量や金額を入力するだけで取引ができます。

販売所の取引手数料は無料です。ただしCoincheck(コインチェック)に限りませんが、手数料相当額として売値(Bid)と買値(Ask)の間にスプレッドが含まれていることに気をつけなければなりません。なお、スプレッドは常に変動するため、売買する際は都度チェックしましょう。

例えば、ビットコイン(BTC)の価格が購入時は325万5,420円、売却時は306万4,476円のとき、スプレッドは19万944円です。

Coincheck
引用:Coincheck|通貨レート

Coincheck(コインチェック)のスプレッドについて、他の暗号資産交換業者(取引所)と比較したものが下表です。

暗号資産交換業者(取引所)のスプレッド比較(現物取引)

暗号資産交換業者
(取引所)
ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH)
Coincheck(コインチェック) 19万4,096円 1万5,572円
bitFlyer(ビットフライヤー) 19万2,709円 1万4,621円
GMOコイン 16万672円 1万414円
DMM Bitcoin 5万1,370円 1万1,640円
BITPOINT(ビットポイント) 1万1,892円 1,784円
※ビットコインは2022年7月21日8時20分頃に確認
※イーサリアムは2022年7月21日11時50分頃に確認

この結果より、Coincheck(コインチェック)は他の暗号資産交換業者(取引所)と比べてスプレッドが広めだと言えそうです。

取引所の手数料

販売所取引ではCoincheck(コインチェック)を相手に暗号資産(仮想通貨)の取引をしますが、取引所では基本的にユーザー同士で取引をします。

「販売所」は、お客様と当社でお取引を行いますが、「取引所」ではお客様同士でお取引を行います。そのため価格については、お客様同士の需要と供給によって決まります。

引用:Coincheck|「販売所」と「取引所」は、何が違うのですか?

Coincheck(コインチェック)は販売所のスプレッドが比較的広めだと紹介しましたが、取引所取引については手数料無料です。Coincheck(コインチェック)の取引所手数料を他の暗号資産交換業者(取引所)と比較してみましょう。

■暗号資産交換業者(取引所)の取引所手数料比較

取引所 Maker Taker
Coincheck(コインチェック) 0.00% 0.00%
GMOコイン -0.01%または-0.03%
※銘柄によって異なる
0.05%または0.09%
※銘柄によって異なる
bitFlyer 直近30日の取引量に応じて0.15%(BTC)以下
BITPOINT(ビットポイント) 無料
※2022年7月21日確認時点
※キャンペーンによって取引手数料が異なっている場合があります。
参照:CoincheckGMOコインbitFlyerBITPOINT

なお、Makerとは指値注文をしていたユーザーのことで、Takerとはその指値注文を相手に取引が成立したユーザーのことを指します。

上の表のとおり、Coincheck(コインチェック)は取引所手数料が無料のため、MakerやTakerなど気にせず売買可能です。

Coincheckつみたての手数料

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの暗号資産(仮想通貨)に積立投資できるサービスを提供しています。

毎月一定額を自動で積み立て、安定した暗号資産投資ができるサービスです

引用:Coincheck|Coincheckつみたて

積立投資であれば、暗号資産(仮想通貨)を購入するタイミングに迷うことなく、毎月自動的に投資が可能です。

Coincheck(コインチェック)では毎月1万円から1,000円単位で金額を決め、毎月1回の積立か毎日積立のどちらかを選ぶことができます。

Coincheckつみたてに口座振替手数料などの手数料はかかりませんが、暗号資産(仮想通貨)を購入するときにカバー先又はCoincheck取引所価格に対して0.1~4.0%のスプレッドを負担します。

そのため、積立投資をしたい場合はCoincheckつみたてを利用するより、自分で取引所に注文を出して暗号資産(仮想通貨)を購入したほうがコストを抑えられる場合もあるでしょう。

Coincheckで口座開設をする

Coincheck NFTの手数料

Coincheck(コインチェック)は、Coincheck NFT(β版)というNFTマーケットプレイスを提供しています。

Coincheck NFT(β版)は国内初となる、暗号資産交換業者が運営するマーケットプレイスです。 ユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができます。

引用:はじめてのNFTはコインチェック

人気のNFTゲーム「The Sandbox」や「Sorare」、「Crypto Spells」などのゲームアイテム(NFT)を、Coincheck NFT(β版)で売買できます。

Coincheck(コインチェック)のNFTマーケットプレイスに関する手数料は次のとおりです。

Coincheck NFT(β版)に関する手数料

入庫手数料 無料
※入庫時のガス代はユーザー負担
出品手数料 無料
販売手数料 販売価格の10%
出庫手数料 0.01ETH(ネットワーク手数料に応じて最大0.16ETH)

Coincheckで口座開設をする

入金手数料

Coincheck(コインチェック)で暗号資産(仮想通貨)の取引をするためには、事前に取引に必要な資金を入金しておく必要があります。

Coincheck(コインチェック)では、日本円と暗号資産(仮想通貨)の2つについて入金を受け付けています。入金にかかる手数料をチェックしておきましょう。

暗号資産交換業者(取引所)の入金手数料比較

取引所 入金方法 手数料
Coincheck
(コインチェック)
銀行振込 金融機関所定の振込手数料はユーザー負担
※GMOあおぞらネット銀行または住信SBIネット銀行は同行間振込で無料になる場合があります。
クイック入金
※2022年7月13日よりサービス停止中
3万円未満:770円(税込)
3万円以上50万円未満:1,018円(税込)
50万円以上:入金金額×0.11%+495円(税込)
コンビニ入金
※2022年7月13日よりサービス停止中
3万円未満:770円(税込)
3万円以上30万円以下:1,018円(税込)
GMOコイン 銀行振込 金融機関所定の振込手数料はユーザー負担
※GMOあおぞらネット銀行または楽天銀行は同行間振込で無料になる場合があります。
即時入金
(提携金融機関)
無料
即時入金
(Pay-easy)
無料
DMM Bitcoin 銀行振込 金融機関所定の振込手数料はユーザー負担
クイック入金 無料
bitFlyer
(ビットフライヤー)
銀行振込 金融機関所定の振込手数料はユーザー負担
※三井住友銀行または住信SBIネット銀行は同行間振込で無料になる場合があります
クイック入金 330円(税込)
※住信SBIネット銀行は無料
BITPOINT
(ビットポイント)
銀行振込 金融機関所定の振込手数料はユーザー負担
即時入金 無料

日本円の入金

日本円を入金する方法は、銀行振込とコンビニ入金、クイック入金の3つです。それぞれの手数料を紹介します。

ただし、コンビニ入金とクイック入金は2022年7月13日より再開日未定のサービス停止中です。そのため、現時点ではCoincheck(コインチェック)に日本円を入金する方法は銀行振込に限られます。

銀行振込

銀行振込は、普段使っている銀行のインターネットバンキングやATMを利用して、指定された口座に入金する入金方法です。

Coincheck(コインチェック)側で手数料は取っていませんが、金融機関所定の振込手数料がかかります。金融機関によっては、振込手数料無料での入金が可能です。

また、Coincheck(コインチェック)のコンビニ入金やクイック入金では最低でも770円(税込)かかります。一方、例えば三菱UFJ銀行のインターネットバンキングを利用して他行宛に振り込むと、3万円未満154円(税込)、3万円以上220円(税込)の手数料です。

そのため、Coincheck(コインチェック)では銀行振込で入金するのが最も手数料を抑えられる方法といえます。

コンビニ入金

コンビニ入金とは、コンビニでお金を払って入金する方法です。手数料と対応しているコンビニは次のとおりです。

入金額 手数料 対応コンビニ
3万円未満 770円(税込) ・ローソン
・ミニストップ
・セイコーマート
・ファミリーマート
3万円以上30万円以下 1,018円(税込)
参照:Coincheck

コンビニ入金は最低770円から入金でき、入金額から手数料が差し引かれた額が入金されます。例えば、コンビニで1,770円支払うと手数料770円(税込)が差し引かれ、1,000円入金されます。

なお、コンビニ入金は2022年7月13日より再開日未定のサービス停止中です。

クイック入金

Coincheck(コインチェック)におけるクイック入金とは、Pay-easyを使って入金する方法です。Pay-easyも1,770円決済すると手数料770円(税込)が差し引かれ、1,000円入金されます。

暗号資産交換業者(取引所)のクイック入金手数料比較

取引所 手数料 提携金融機関
Coincheck
(コインチェック)
3万円未満:770円(税込)
3万円以上50万円未満:1,018円(税込)
50万円以上:入金金額×0.11%+495円(税込)
Pay-easyが利用できる金融機関
GMOコイン 無料 ・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行
・ゆうちょ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
DMM Bitcoin 無料 1,000社以上
bitFlyer 330円(税込)
※住信SBIネット銀行は無料
・住信SBIネット銀行
・イオン銀行
・その他Pay-easyが利用できる金融機関
BITPOINT
(ビットポイント)
無料 ・PayPay銀行
・住信SBIネット銀行
・イオン銀行

なお、クイック入金も2022年7月13日より再開日未定のサービス停止中です。

Coincheckで口座開設をする

暗号資産の入金(預入)

Coincheck(コインチェック)では、暗号資産(仮想通貨)の入金もできます。暗号資産(仮想通貨)の入金は、ほとんどの暗号資産交換業者(取引所)で手数料は無料です。

暗号資産交換業者(取引所)の暗号資産(仮想通貨)入金手数料比較

取引所 手数料
Coincheck
(コインチェック)
無料
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 無料
BITPOINT
(ビットポイント)
無料

ただし、暗号資産(仮想通貨)のネットワーク上ではマイナーに対して支払う手数料を負担しなければなりません。この手数料は暗号資産(仮想通貨)やネットワークの混雑度合いによって変わります。

Coincheckで口座開設をする

出金手数料

Coincheck(コインチェック)で日本円を出金するときの手数料は、407円(税込)です。他の暗号資産交換業者(取引所)と比べるとやや高めといえます。

暗号資産交換業者(取引所)の日本円出金手数料比較

取引所 手数料
Coincheck
(コインチェック)
407円(税込)
GMOコイン 無料
DMM Bitcoin 無料
bitFlyer 3万円未満:550円(税込)
3万円以上:770円(税込)
※三井住友銀行は、それぞれ330円(税込)割引
BITPOINT
(ビットポイント)
実費負担

Coincheckで口座開設をする

送金手数料

Coincheck(コインチェック)では暗号資産(仮想通貨)を送金でき、暗号資産(仮想通貨)やネットワークの混雑度によって送金手数料が異なります。

暗号資産交換業者(取引所)の暗号資産(仮想通貨)出金手数料比較

取引所 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH)
Coincheck
(コインチェック)
0.0005BTC
(ネットワーク手数料に応じて最大0.016BTC)
0.005ETH(ネットワーク手数料に応じて最大0.16ETH)
GMOコイン 無料 無料
DMM Bitcoin 無料 無料
bitFlyer 0.0004BTC 0.005ETH
BITPOINT
(ビットポイント)
無料 無料

Coincheckで口座開設をする

手数料を抑えるには?

Coincheck(コインチェック)で暗号資産(仮想通貨)を取引する際、手数料を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは、手数料を抑える方法をいくつか紹介します。

  • 振込手数料が安い銀行から入金する
  • 暗号資産(仮想通貨)の取引は取引所で行う
  • こまめに出金しない

振込手数料が安い銀行から入金する

Coincheck(コインチェック)の入金手数料は、一般的に銀行振込が最も手数料負担を抑えられます。そのため、銀行振込をする際に、振込手数料が安い銀行から振込をするのがおすすめです。

なお、Coincheck(コインチェック)の入金口座はGMOあおぞらネット銀行か住信SBIネット銀行で、これらの銀行からの振込は手数料が無料となります。

暗号資産(仮想通貨)の取引は取引所で行う

暗号資産(仮想通貨)の取引は、取引所で行いましょう。例えば、販売所では1ビットコイン(BTC)を買うのに324万7,200円必要なところ、取引所では315万380円と有利な値段で買えます。

こまめに出金しない

Coincheck(コインチェック)における日本円の出金手数料は、407円(税込)です。そのため、こまめに出金するのは避けたほうが良いでしょう。

Coincheckで口座開設をする

まとめ

Coincheck(コインチェック)は、取引所の手数料が無料であるのが大きなメリットです。そのため、手数料を気にせず何度も取引することができます。

一方、入金手数料や出金手数料は他の暗号資産交換業者(取引所)では無料の場合があるところ、Coincheck(コインチェック)では手数料が設定されています。

Coincheck(コインチェック)で取引する際は、ぜひ本記事で紹介した手数料を抑える方法などを実践してみてください。