ThinkstockPhotos-454983451
(写真=Thinkstock/GettyImages)


今回もやはり強気の業績予想だった銘柄は

4月24日の投資のヒントでは3月期決算企業の本決算発表の本格化を翌週以降に控えるなか、過去の実績からみてコンセンサス予想を上回る強気の会社予想が出てきそうな銘柄を取り上げました。具体的には過去3年間の会社期初予想と決算発表前のコンセンサス予想を比較して、3回ともコンセンサス予想を上回る会社予想を発表した銘柄をピックアップしました。

今回は決算発表もほぼ終わったことから強気の会社予想が出てきそうな銘柄として取り上げた企業が実際に強気の業績予想を出したのか、それとも過去3回とは違って弱気の予想だったのかを検証してみました。その結果をみると業績予想の発表を見送った1銘柄を除く13銘柄中、コンセンサス予想と会社予想が一致したのが1銘柄、コンセンサス予想を上回る強気予想が9銘柄、コンセンサス予想に届かなかった弱気予想が3銘柄で、約7割が強気の業績予想となりました。

hint5-21

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク】
ほっと、一安心。
タカ派的なFOMC議事要旨とイエレン議長の発言に注意
ハンセン指数、 失望売りが先行か HSBC中国製造業PMIに注目
米住宅着工、消費者物価指数と日本のGDP速報値の発表に要注目
米国の長期金利は上昇するか?