米国の求人サイト「グラスドア」は、従業員の選ぶ最高の最高経営責任者(CEO)を調査し、その2015年度版の結果を公表した。この調査は今年が3回目となる。調査はグラスドアにより行われたもので、匿名で自発的に答えた従業員のフィードバックを基にしてランキングされている。

以下はそのベスト25位となり、CEOの後には100点満点での従業員の評価点が公表されている。グラスドアは企業の社員による給与を含めた情報交換の場所としても機能するようになっており、多くの従業員から大きな信頼を得ている求人サイトとなっている。


25. コーレイ・シラー(パワーホームリモデリング) 91%

ペンシルバニアを本拠とする外装のリフォーム会社で、様々なリフォーム用の部材を提供している。コーレイ・シラーはその共同CEO


24. オマール・イシュラク(メドトロニック ) 91%

慢性疾患をもつ患者にペースメーカーをはじめとした最先端の医療技術、治療法を提供する先端企業がメドトロニック。既に日本にも法人を持つ。オマール・イシュラクはそのCEO


23. マーティン・ムッシュ(PAYCHEX)91%

PAYCHEXはペイロール(給与計算)のアウトソーシングサービスの大手。アイデアだけをもとに3000ドルの元手資金で起業し、サービスをはじめたことで有名な会社。マーティン・ムッシュは2010年からCEOを務める。


22. ジェレミー・ストップルマン(Yelp) 91%

Yelp Opens Its East Coast Headquarters In New York City
(写真=Thinkstock/Getty Images)

月間1億2000万以上のユニークビジターを誇る総合口コミサイトがYelp。既に2014年には日本語版のサービスを公開している。ジェレミー・ストップルマンはこの会社の共同設立者で現在CEOを務める。


21. マーク・ベニオフ(セールスフォース) 92%

Salesforce CEO Marc Benioff Keynotes Dreamforce Cloud Computing Event
(写真=Thinkstock/Getty Images)

今はクラウドコンピューティングの世界では最大手となったのがセールスフォース。マーク・ペニオフは元オラクルから身を興したファウンダーでもある。