投資のヒント,複数,目標株価引き上げ,12月決算銘柄
(写真=Thinkstock/GettyImages)

3月期決算企業の中間決算発表も終盤ですが、12月期決算期企業の第3四半期決算発表もほぼ終わりに近づいてきました。こうしたなか投資のヒントでは今月に入って決算発表後に目標株価の引き上げがあった3月期決算銘柄を何度かに渡ってリストアップしてきましたが、12月決算銘柄でも目標株価の引き上げが少なからずみられます。

そこで今回は決算後に複数の目標株価の引き上げがあった12月決算銘柄(足元の株価を上回るもののみ対象)を取り上げてみました。

そのなかでも特に目標株価の引き上げが目立つのがSUMCO <3436> で、第3四半期(2016年1月-9月)の営業利益は前年同期比で7割近い減益となったものの、足元では工場がフル稼働となるほどシリコンウェーハへの需要が旺盛で値上げも期待できることなどから決算後に5社が目標株価を引き上げています。

そのほか通期の営業利益予想を引き上げたキリンホールディングス <2503> など2社から目標株価の引き上げがあった銘柄も幾つかみられます。

◆決算後に2社以上が目標株価を引き上げた主な12月決算銘柄

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク】
トランプ大統領と株式市場
トランプ次期米大統領は、世界の金融業界にプラスなのか
【決算メモ】サンリオ(8136)
雇用統計は労働市場の着実な引き締まり示す―12月利上げへ前進―
今後焦点は政策実行力へ