ビットコイン FX
(画像=ZUU online編集部)

仮想通貨取引では、現物のビットコインやアルトコインの売買を行う現物取引の他に、レートの売買を行うビットコインFX(レバレッジ)取引があります。ビットコインFXでは、レバレッジをかけて買いと売りでポジションを持つことができるので、利益、損失の幅が大きくなり取引のチャンスが広がります。

本記事では、ビットコインFX取引所の選び方や手数料、メリット、デメリットなどを解説していきます。

この記事の要点
  • FXができる国内取引所の選び方
  • ビットコインFXでは最大2倍までのレバレッジをかけて、買いと売りでエントリーできる
  • ビットコインFXの手数料は各社異なる
  • 仕組みを十分に理解した上でビットコインFXを始めよう

ビットコインFX取引所の選び方

国内にビットコインFXを扱う取引所はいくつかあります。ここでは、取引所をどういう基準で選んでいくべきかをお伝えしていきます。

ビットコインFX取引所の選び方
・手数料が安いか
・スプレッドが狭いか
・サーバーの性能や提供サービスが優れているか

手数料が安いか

仮想通貨取引所には、主に以下の手数料があります。

手数料名 詳細 レバレッジ取引に関係するか
取引手数料 現物取引、レバレッジ取引時に支払う手数料
レバレッジ手数料 毎日決まった時間に、ポジションを持ち越した際にかかる手数料
その他レバレッジ取引に関する手数料 ロスカット手数料、現物価格と乖離がある際の手数料など
販売所手数料 販売所での取引でかかる手数料 ×
日本円入金手数料 取引所に入金する際にかかる手数料 ×
日本円出金手数料 取引所から出金する際にかかる手数料 ×
仮想通貨入金手数料 仮想通貨を取引所に入金する際にかかる手数料 ×
仮想通貨出金手数料 取引所から仮想通貨を出金する際にかかる手数料 ×

手数料はユーザーの取引の度に口座資金から差し引かれます。仮想通貨取引のもうけの額は「利益 − (手数料 + 税金)」で計算されるので、低いに越したことはありません。

手数料は取引所ごとに差があり基本割合は変わらないので、最初の取引所選びが重要になります。選び方を間違えると、高い手数料を余計に払い続けることになるので注意してください。

スプレッドが狭いか

仮想通貨投資でのスプレッドは、大きく分けて2つあります。

・販売所のスプレッド
・(取引)板のスプレッド

このうちビットコインFXに関係するのは、「(取引)板のスプレッド」です。

板のスプレッドとは「買い板と売り板の差額」のことです。
板には現在の価格に対して「この価格に下がったら買う」という買い指値注文と、「この価格に上がったら売る」という売り指値注文が並びます。この買い指値注文のもっとも高い価格と、売り指値注文のもっとも安い価格の差のことをスプレッドといいます。

基本的に、取引量が多い方がスプレッドが小さく(狭く)なることが多いです。取引量が少なくスプレッドが大きい(広い)と、相場からかけ離れた不利な価格で約定する可能性が高くなります。

ビットコインFXの取引所を選ぶ際は、スプレッドも気にして見るようにしてください。

サーバーの性能や提供サービスが優れているか

仮想通貨は1日で数十%の値動きをすることがあります。ビットコインFXでは、常に情報収集をしながら、迅速に売り買いの判断をしていくことが必要です。

大きな値動きをする際には、取引所のサーバーが落ちてしまうことがあります。サーバーが落ちると取引ができなくなるだけでなく、出した指値注文を取り消せないという不具合が起こります。

復旧した時には自分の意図しない注文が行われていた、損切りができずに大きな含み損になっていた、という事態にならないためにも、取引所のサーバーのスペックは重要です。サーバーに関する情報はSNSやQ&Aサイトに載っているので、取引所を選ぶ際は参考にしてみましょう。

また、取引所のアプリでは一瞬の短時間で大きな値動きがあった際や、重大な時事ニュースがあった際に通知してくれるものもあります。アプリは各社特徴があるので、気になる方は口座開設前にチェックしてみるといいでしょう。

Coincheckで口座開設をする

ビットコインFXにおすすめの国内取引所を紹介

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

基本情報

名称 詳細
手数料 取引手数料 なし(販売所取引のみ)
レバレッジ手数料 ポジション金額に対して0.04%/日
その他レバレッジ取引に関する手数料 なし
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨出金手数料 無料
レバレッジ取引関連 最大レバレッジ 2倍
最低取引単位 BTC:0.01BTC(約50,000円)
ETH:0.1ETH(約18,000円)
XRP:10XRP(約450円)
ビットコインFX
イーサリアムFX
アルトコインFX
※レバレッジ取引の最低取引単位の日本円金額は公式サイトを引用しています

おすすめする理由

DMMビットコインは、取引手数料が無料の取引所です。他の取引所ではMaker、Takerで手数料が分かれている、取引量によって手数料が変わるなどの設定にしているところもある中で、DMMビットコインではシンプルに無料としています。

DMMビットコインのFXではビットコインだけでなく、アルトコインも取引できます。手数料も「レバレッジ手数料」のみで、ポジション金額に対して「0.04%/日」と一般的な水準です。

また、日本円入金、仮想通貨入出金手数料も無料です。仮想通貨を購入して外部のウォレットや海外送金所へ送金することにも適しています。

一方でデメリットとしては、ビットコインを含めたすべての仮想通貨が販売所でしか売買できない点が挙げられます。販売所では取引所と違い、相場価格に対して手数料が上乗せされた形で購入、売却をしなければなりません。

メリット・デメリット

メリット
  • DMMビットコインでは、取引手数料や仮想通貨の入出金手数料が無料
  • DMMビットコインのFXではアルトコインも取引できる
  • ビットコインFXの手数料は「レバレッジ手数料」のみで、一般的な水準
デメリット
  • 現物取引は販売所での取引のみ

とにかくみやすくて使いやすい
初心者が使うなら断然これ一択です。

引用元:App Store

アプリが使い易いとは言い難く直感的に仕える様にして欲しいです。

引用元:App Store

出金が遅すぎる

引用元:App Store

DMM Bitcoinで口座開設をする

bitFlyer(ビットフライヤー)

基本情報

名称 詳細
手数料 取引手数料 0.01%~0.15%(取引量によって変動、レバレッジ取引時の取引手数料は無料)
レバレッジ手数料 ポジション金額に対して0.04%/日
その他レバレッジ取引に関する手数料 Lightning FX SFD
0.25%〜2.0%
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 330円(住信SBIネット銀行から入金の場合は無料)
日本円出金手数料 ※3万円未満
・550円(三井住友銀行へ出金の場合は220円)
※3万円以上
・770円(三井住友銀行の場合は440円)
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨出金手数料 ・ビットコイン 0.0004BTC
・イーサリアム 0.005ETH
レバレッジ取引関連 最大レバレッジ 2倍
最低取引額 ・Lightning FX 0.01BTC-FX
・Lightning Futures
0.001BFT
ビットコインFX
イーサリアムFX ×
アルトコインFX ×
※価格は全て税込

おすすめする理由

bitFlyerは2014年に設立された、比較的古い仮想通貨取引所です。セキュリティに強く、大手企業から出資を受けており、ビットコインの現物取引ではコインチェックに次ぐ第二位の規模を誇ります。

取引手数料は、直近30日間の取引量によって0.01%〜0.15%の間で変動します。他の取引所では、取引量にかかわらず無料としているところもある中で、やや割高に感じる設定です。

bitFlyerでは、ビットコインFXに該当する取引のことをLightning FXもしくはLightning Futuresと呼び、下記2つの手数料がかかります。

・レバレッジ手数料
・Lightning FX SFD

Lightning FX SFDは、現物価格と一定以上の乖離がある場合に、ポジションに対して最大2.0%の手数料を負担するものです。Lightning FX/Futuresを利用する際は、各手数料について理解した上で利用することが求められます。

メリット・デメリット

メリット
  • ビットコインの取引量が多い、大手国内取引所
  • 数々のセキュリティ対策を行っている
デメリット
  • 他と比較すると手数料が割高
  • ビットコインFX(Lightning FX/Futures)では2つの手数料がかかる

初心者でも使いやすい、わかりやすい。

引用元:App Store

スプレッドが海外の口座に比べると、差がありすぎる。詐欺に近い。

引用元:App Store

各コインの投資額、損益を一画面で見れるように改良してほしい。

引用元:App Store

bitFlyerで口座開設をする

GMOコイン

基本情報

名称 詳細
手数料 取引手数料 ・Maker -0.01%/-0.03%
・Taker 0.05%/0.09%
レバレッジ手数料 ポジション金額に対して 0.04%/日
その他レバレッジ取引に関する手数料 ・ロスカット手数料 0.5%
・追加証拠金が解消されないことに伴う強制決済手数料 0.5%
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料(振込手数料は自己負担)
日本円出金手数料 無料(大口出金の場合400円)
仮想通貨入金手数料 無料(マイナーへの手数料は自己負担)
仮想通貨出金手数料 無料
レバレッジ取引関連 最大レバレッジ 2倍
最低取引額 ・0.01BTC
・0.1ETH
・100XRPなど
ビットコインFX
イーサリアムFX
アルトコインFX

おすすめする理由

GMOコインは多くの手数料が無料で、お得に取引できる取引所です。中でも取引手数料はMakerではマイナスとしているので、取引をすると手数料をもらうことができます。仮想通貨入出金手数料も無料なので、外部のウォレットやプラットフォームに送金する取引所としても向いています。

しかし、ビットコインFX(レバレッジ取引、暗号資産FX)では合計4つの手数料が対象になるので、注意が必要です。

・取引手数料
・レバレッジ手数料
・ロスカット手数料
・追加証拠金が解消されないことに伴う強制決済手数料

中でも「ロスカット手数料」「追加証拠金が解消されないことに伴う強制決済手数料」の2つはGMOコイン独自の手数料であり、どちらも0.5%かかるので注意しましょう。証拠金維持率は常に気にして確認するようにしてください。

メリット・デメリット

メリット
  • 仮想通貨取引に関わる多くの手数料が無料
  • 取引手数料はMakerでマイナスとなり還元される
  • アルトコインFXも取り扱っている
デメリット
  • ビットコインFXで発生する手数料が4つある

とても使い易くオススメです!相場が随時通知される為、チェックを怠る事が有りません!いつもありがとう御座います!

引用元:App Store

非常に見やすくて、重宝しています!

引用元:App Store

入金しても対応が遅すぎて買いたい時に買えない

引用元:App Store

GMOコインで口座開設をする

Huobi Japan(フォビジャパン)

基本情報

名称 詳細
手数料 取引手数料 0%〜0.2%(Maker、Taker、銘柄によって変動、レバレッジ取引の手数料は無料)
レバレッジ手数料 ポジション金額に対して0.03%/日
その他レバレッジ取引に関する手数料 なし
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料(振り込み入金/ペイジー入金/コンビニ入金はユーザーが手数料負担)
日本円出金手数料 税込み330円
仮想通貨入金手数料 無料(マイナーへの手数料は自己負担)
仮想通貨出金手数料 ・0.0005BTC
・0.007ETH
レバレッジ取引関連 最大レバレッジ 2倍
最低取引額 0.001BTC
ビットコインFX
イーサリアムFX ×
アルトコインFX ×

おすすめする理由

Huobi Japan(フォビジャパン)は、2016年9月に設立された会社「フォビジャパン株式会社」によって運営されています。日本での知名度は低いですが、Huobiはグループ全体で世界170ヵ国以上で数千万人のユーザーを抱える、世界的に大きな仮想通貨取引所です。

仮想通貨現物の取引手数料は0%〜0.2%の間で変動しますが、レバレッジ取引では無料になります。また、レバレッジ手数料は「ポジション金額に対して0.03%/日」と他と比較すると低い水準であり、使いやすい取引所といえるでしょう。

ただ、ビットコイン以外のFX取引を扱っていないことはデメリットになります。より値動きの大きい、アルトコインFX取引をしたい人にはあまりおすすめしません。

メリット・デメリット

メリット
  • レバレッジ取引の取引手数料が無料
  • レバレッジ手数料が他と比較して安い
デメリット
  • ビットコインFXのみの取り扱い
  • 現物の取引手数料や仮想通貨送金手数料が高い

基本的な機能としては申し分ないのですが、事あるごとにすぐログアウトされるのだけが玉に瑕です。酷い時はログインしてから1分もしていないのにまたログインポップアップが出てくることもあります。今一度セッション切れの基準を見直していただけると幸いです、

引用元:App Store

使いやすいですね!フォビトークン欲しくてはじめましたが、色々お世話になろうと思います。

引用元:App Store

直感的に操作でき、やりやすいですが、一つ言いたい事は出金時にポップアップを出して頂きたいです。

引用元:App Store

ログインを何度も求めてきたり、販売所でフリーズするなど不具合が多すぎる。

引用元:App Store

SBI VC トレード

基本情報

名称 詳細
手数料 取引手数料 無料
レバレッジ手数料 日にちや銘柄によって変動
その他レバレッジ取引に関する手数料 なし
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 新VC TRADEの場合:無料

旧VCTRADEの場合:
住信SBIネット 無料
その他金融機関 145円(税込)
仮想通貨入金手数料 無料
仮想通貨出金手数料 無料
レバレッジ取引関連 最大レバレッジ 2倍
最低取引額 ・0.001BTC
・0.01ETH
・1XRPなど
ビットコインFX
イーサリアムFX
アルトコインFX

おすすめする理由

SBI VC トレードは、2017年5月に設立された「SBI VCトレード株式会社」によって運営される、比較的新しい仮想通貨取引所です。

SBI VC トレードでは多くの手数料を無料にしています。取引手数料から仮想通貨入出金手数料、日本円の入出金手数料などが無料であり、使いやすい取引所と言えるのではないでしょうか。

ビットコインFXでは「レバレッジ手数料」があり、手数料率は日によって変動します。直近の手数料(2022年7月25日現在)ではビットコインFXとイーサリアムFXで「0.001%〜0.011%」であることを確認できました。今後変動する可能性はあるものの、現在は他と比較しても安い水準で推移しています。

メリット・デメリット

メリット
  • 仮想通貨取引に関する多くの手数料が無料
  • レバレッジ手数料は変動するが、直近では他と比較して安い
デメリット
  • 現物取引できる銘柄が7種類(2022/7/25現在)と少ない
  • レバレッジ手数料が一定ではない

旧TAOTAOは販売所形式で初心者には使い易かったが、スプレッドが大きく上級者には不向きでした。旧SBI VCトレードは取引所でしたが銘柄数が少なく、アプリも不評でした。
6月に両者が完全に統合されたことで、取引所、販売所、レバレッジ取引に対応し、取扱銘柄やアプリなどの弱点がカバーされました。課題は流動性ですが、今後、株やFXなど他のSBIグループ会社との連携にも期待できそうです。

引用元:App Store

スプレッド調整のためなのか、ストップ狩りのためなのか、値動きがあるとチャートが秒ごとにビクビク上下してすごく見づらいし気持ち悪い。他の取引アプリだとそんなことはないのに、下手すると秒ごとに数千円ほど上下するから利確したのにマイナスになることもある。

引用元:App Store

旧VCは平均取得単価と損失損益が表示され、わかりやすかったが、新VCへ移管となり、総資産の損益が移行されてないので、各暗号資産の損益がわからなくなった。移管の案内もわかりづらく、7月1日に移管されてなく、数日移管を待たされ、その間旧VCが終了したため口座が確認できなかった。自分の資産なのにsbivcの都合ばかり。 チャートもオモチャのような、使えない、お粗末な画面で暗号資産が買えないと思う。よくもこんなアプリ世に出したなと思います。

引用元:App Store

ビットコインFXとは

ビットコインFX取引は現物取引と違い、レートに対して売買を行うことになります。現物の仮想通貨を売買しているわけではないので、買いポジションを持っても送金することはできません。

ビットコインFXではレバレッジをかけられる、買いと売りで取引できるなどの特徴があります。ここでは、そのメリットとデメリットについて解説していきます。

DMM Bitcoinで口座開設をする

ビットコインFXのメリット

ここでは、ビットコインFX3つのメリットを紹介します。

メリット
  • 少額で大きな取引ができる
  • 買いだけでなく売りのポジションを持つことできる

少額で大きな取引ができる

ビットコインFXでは、レバレッジを最大2倍までかけることができます。

例えば、口座に100万円入っている場合は最大200万円までのポジションを持つことが可能(手数料を加味しない)です。口座の資金以上の取引ができるので、資金を効率的に動かすことができます。

ただ、価格の変動があり証拠金維持率(=有効証拠金÷必要証拠金×100)が低下すると、強制ロスカットが執行されたり、追加証拠金(追証)の入金を求められることがあるので注意してください。

買いだけでなく売りのポジションを持つことできる

ビットコインFXでは、価格が上昇することで利益になる「買い」だけでなく、価格が下降することで利益になる「売り」でもポジションを持つことができます。

もちろん、売りの取引にレバレッジをかけて取引することも可能です。下落の速度は上昇より速いといわれており、短期間で大きな利益を出せることもあります。

レバレッジ取引を行う際には、価格の上昇だけでなく下降も狙ってみてください。

DMM Bitcoinで口座開設をする

ビットコインFXのデメリット

ビットコインFXはメリットだけではありません。ここでは、3つのデメリットを紹介します。

デメリット
  • 少額でも大きく損する可能性がある
  • ロスカットされる可能性がある
  • 手数料が高くなる場合がある

少額でも大きく損する可能性がある

レバレッジをかけることで利益が大きくなる半面、マイナス方向に動いた場合には損失が大きくなります。場合によっては、口座に入れている資金以上の損失を出すことがあるので、注意が必要です。

ポジションを持つ際には、自分がいくらの資金を使ってどれほどのレバレッジをかけているかを把握しておきましょう。

ロスカットされる可能性がある

ビットコインFXでは、一定の証拠金維持率を割った際にロスカット(強制的にポジションの精算)がされることがあります。

例えば、GMOコインでは「証拠金維持率75%」を下回った際に、ロスカットを行うとしています。ロスカットされないようにするには、証拠金維持率を上げるために追加の入金が必要です。

手数料が高くなる場合がある

ビットコインFXは、取引手数料以外にもさまざまな手数料がかかることがあります。中でも、ポジションを持っているだけで請求されるレバレッジ手数料は厄介な手数料です。

他にも「ロスカット手数料」「追加証拠金が解消されないことに伴う強制決済手数料」など、独自の手数料が設定されていることがあります。ビットコインFXを行う際は、どんな手数料がかかるかを必ず確認するようにしてください。

DMM Bitcoinで口座開設をする

ビットコインFXの始め方・やり方

ここでは、ビットコインFX取引を始めるための手順を解説していきます。

暗号資産取引所の口座開設をする

ビットコインFXを始めるには、まずは暗号資産取引所で口座開設を行う必要があります。各社の公式サイトから「口座開設」を選び、手続きを進めてください。

入金する

取引所で口座を開設できたら、登録した銀行口座から日本円を入金します。

取引所の口座に入金を確認できたら、ビットコインFX用(各社呼び方は異なる)の口座に入金していきましょう。

取引する

次に、実際に取引を行っていきます。現在のレートに対して指定の金額に到達した時に取引する「指値」「逆指値」注文と、現在のレートで注文を出す「成行」注文があります。

ご自身の取引スタイルによって、注文方法を選んでみてください。

DMM Bitcoinで口座開設をする

取引を完了する

ポジションを持った後の値動きによって、含み益、含み損が発生します。

決済時は買いポジションであれば売り、売りポジションであれば買いというように反対売買を行うことで完了します。

出金する

ポジションを精算したら、状況に応じて日本円の出金を行います。

出金したお金は、基本的に入金した口座と同じ口座に振り込まれることになります。

まとめ

ビットコインFXは取引のチャンスが大きく広がる一方で、口座資金以上の損失を出すことがある取引です。また、手数料も現物取引よりも高くなることが多いです。

ビットコインFXは、仕組みとリスクを十分に理解した上で行うようにしてください。

DMM Bitcoinで口座開設をする

ファクトチェッカー
株式会社ヴェリタ
ファクトチェック担当者

ヴェリタは東京の校正・編集会社です。校正専業では唯一、派遣元事業者、有料職業紹介事業者の資格を取得しています。