2022年5月現在、暗号資産(仮想通貨)投資は何歳から始められるかご存知でしょうか?

2022年4月1日から民法の改正により成人年齢が引き下げられたことから、18歳から保護者の同意なしに投資ができるようになりました。ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)投資も同様に、複数の暗号資産取扱業者が成人年齢引き下げに対応しています。

ここでは、暗号資産の概要や10代から暗号資産投資をはじめるメリットや投資で損をしないためのポイント、成人年齢引き下げに対応した取引所などについて解説します。

そもそも暗号資産(仮想通貨)とはどんなもの?

pattern1

暗号資産(仮想通貨)とはインターネット上で取引される世界共通の通貨

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上で取引される世界共通の資産を指します。代表的なものにビットコインやイーサリアム、リップルなどが挙げられます。しかし、通貨と言っても日本円やドルといった法定通貨のように実物があるわけではなく、あくまでもデジタル上の通貨となっています。

そして、暗号資産(仮想通貨)は「資金決済に関する法律」でも定義がなされており、以下の性質を持つものとされています。

  • 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  • 電子的に記録され、移転できる
  • 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

また、世界共通の通貨であるため、世界中どこに行っても同じ価値として扱うことができるのが特徴で、経済状況も不安定で通貨が安定していない国などでは、資産を暗号資産(仮想通貨)で管理する人も少なくありません。

日本国内でも、2017年に施行された「改正資金決済法」によって、決済手段として暗号資産(仮想通貨)が正式に認められるなど、近年注目度を高めている金融商品となっています。

DMM Bitcoinで仮想通貨を始める

コインの種類は数千種類以上!

一口に暗号資産(仮想通貨)と言ってもその種類は膨大で、世界中で数千種類も発行されていると言われています。特に有名なのは、世界で最初の暗号資産(仮想通貨)で時価総額も1位のビットコインや、ビットコインに次ぐ知名度を誇るイーサリアムでしょう。

それ以外にも、リップルやモナコイン、ステラルーメンなど、日本国内で購入できる暗号資産(仮想通貨)は数多く存在し、価格や発行数、仕組みなどはそれぞれ異なります。

暗号資産(仮想通貨)は取引所で口座を作ると買うことができる

暗号資産(仮想通貨)は、Coincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)といった暗号資産(仮想通貨)取引所に自身の取引口座を開設することで、購入することができるようになります。

開設方法は非常に簡単で、まずは数ある取引所の中から商品数やサービスなどを比較し、気に入った取引所で口座を開設します。

そして、開設した取引口座に暗号資産(仮想通貨)購入用の資金(日本円)を入金し、希望の暗号資産(仮想通貨)を購入するだけです。

インターネット通販などをやったことがある人であれば、特別難しいと感じる操作もなく、スムーズに購入まで進んでいくことができるでしょう。

未成年でも始めることが可能

暗号資産(仮想通貨)取引所にもよりますが、暗号資産(仮想通貨)の取引は2022年4月1日より未成年でも始めることが可能となりました。

ただし、18歳でも職業欄が学生の場合、レバレッジ取引におけるリスク等の考慮により「現物取引」のみ利用できる口座となるので注意しましょう。

また、投資経験が少ない人も、口座開設の申込み時などに取引所より投資におけるリスクの確認や、取引にあたっての質問を追加で受ける可能性もあります。

DMM Bitcoinで口座開設をする

10代から暗号資産(仮想通貨)投資を始めるメリット

pattern2

金融リテラシーを身につけられる

10代で暗号資産(仮想通貨)投資を始めると、早いうちから金融や経済のリテラシーを身につけられるというメリットがあります。実際にお金を使って投資することで、暗号資産(仮想通貨)の値動きや社会情勢のニュースにアンテナを張ることになるため、経済や金融の情勢にも敏感になりがちです。

そして、暗号資産(仮想通貨)投資で身につけた金融リテラシーは、社会人になってからも役に立ちます。企業で働く上でも金融や経済の知識は活用できますし、お金の管理を効率的に行うことができるようにもなるでしょう。

少額から投資を始められる

投資というと、数万円から数百万円の高額な資金が必要になるイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

実は、暗号資産(仮想通貨)投資は小数点以下から購入することができ、単価の安い通貨も流通しているため、数円から数千円程度から始めることが可能です。

10代でいきなり数万円を投資に使うのは勇気がいりますし、損してしまった場合の負担は大きくなってしまいます。しかし、1,000円台から暗号資産(仮想通貨)投資を始められるのであれば、気軽にチャレンジしやすいのではないでしょうか。

万が一思うように増やせなかったとしても、元手が少なければ勉強代として納得もできるものです。

DMM Bitcoinで仮想通貨を始める

暗号資産(仮想通貨)投資は本当にお金が増えるのか?

pattern3

ビットコインでシミュレーションしてみた

暗号資産(仮想通貨)に投資したとしても、本当にお金が増えるのか不安に思う人は少なくないでしょう。

ここでは、実際に毎月5,000円を2年間、ビットコインに積立投資をした場合のシミュレーションを紹介します。

  • 投資期間:2020年5月~2022年4月
  • 元本:120,000円
  • 評価額:158,748円
  • 利益:38,748円

※GMOコインのつみたて暗号資産でシミュレーション ※2020年~2022年期間でシミュレーション

最終的に2年間で4万円近くの利益が上げられるシミュレーションとなりました。暗号資産(仮想通貨)は一気に儲けを出す方法だとリスクも高くなりますが、積立投資のようにコツコツと行うスタイルであれば堅実に利益を出しやすくなります。

投資する通貨や期間によっては損する可能性も0ではありませんが、暗号資産(仮想通貨)の積立投資は長期間継続するほどリスクを分散することができます。実際に投資する際は、暗号資産(仮想通貨)のニュースをよくチェックし、長期的な視野で行うことをおすすめします。

GMOコインのお申し込みはこちら

暗号資産(仮想通貨)投資を始めてみたい18〜19歳は3割(ビットバンク調べ)

pattern4

2022年4月1日から、成人年齢が引き下げられたことで18歳、19歳も保護者の同意なしに投資ができるようになりました。暗号資産取引所を運営するビットバンク株式会社が2022年3月31日にリリースした意識調査アンケートによると、18歳と19歳の32.7%が「暗号資産(仮想通貨)に投資してみたい」と回答しています。

理由の内訳は「お金が増えそうだから」が62.4%、「面白そうだから」が46.1%、「お金の浪費を抑制できそうだから」が22.7%となっています。暗号資産(仮想通貨)で知っている通貨は「ビットコイン(BTC)」が77.4%で圧倒的で、2位が「ビットコインキャッシュ(BCH)」の11.4%、3位が「イーサリアム(ETH)」の10.5%でした。

リスクや知識不足を懸念する声も

一方、暗号資産(仮想通貨)に投資してみたくないと回答した18歳、19歳は、その理由を「リスクが高いから(44.1%)」「難しそうだから(39.0%)」と答えています。

確かに、投資である以上は暴落や破綻などのリスクは0ではありません。また、初めての投資では知識不足を感じることもあるでしょう。

しかし、投資を始める前に分散投資などのポイントをおさえ、自分なりのルールを設けておくことで、実際に投資を行う前に金融に関する知識を高めることも可能です。

それでは、以下に暗号資産(仮想通貨)投資で損しないためにおさえるべきポイントについて、詳しく解説していきましょう。

DMM Bitcoinで口座開設をする

暗号資産(仮想通貨)を始める上で損をしないために気をつけるポイント

pattern5
仮想通貨で気をつけるポイント
  1. 余剰資金の範囲で行う
  2. レバレッジはかけない
  3. 代表的な暗号資産(仮想通貨)を買う
  4. 損切りのラインを決めておく
  5. セキュリティが安心な大手の取引所を使う

余剰資金の範囲で行う

暗号資産(仮想通貨)は価格の乱高下が起こりやすく、場合によっては購入した通貨の価値が大きく下がる可能性もあります。そのため、生活費まで投資にあててしまうと、予想外の損失が出て日常生活に支障が出てしまう場合もあるでしょう。

投資は何歳から始めるにしても、あくまでも余剰資金の範囲で行い、成功すれば嬉しく、仮に失敗しても生活に困ることはない、という状態にしておくことが大切です。

レバレッジはかけない

レバレッジとは、一定の保証金を用意することで、手持ちの資産よりも高額の取引を行うことを指します。簡単に言ってしまえば、「お金を借りて投資する」ことです。

例えば10万円の投資が10%UPすれば11万になり1万円の利益ですが、100万円の投資が10%UPすれば110万円になり10万円の利益となり、自己資金だけで投資するよりも大きな利益を出すことができるのです。

しかし得が大きくなるということは、その逆に損も大きくなる可能性があるということでもあります。特に暗号資産(仮想通貨)の場合、価格が大きく上がれば暴落することもあるため、レバレッジをかけるのは避けた方が良いでしょう。

DMM Bitcoinで口座開設をする

代表的な暗号資産(仮想通貨)を買う

数多くの暗号資産(仮想通貨)が存在しますが、時価総額が低い暗号資産(仮想通貨)は大きな価格変動が起こりやすく、それだけリスクも大きくなります。そのため、できる限り損をしない投資として暗号資産(仮想通貨)に取り組むのであれば、時価総額の高い、人気のある暗号資産(仮想通貨)を買うようにした方が良いでしょう。

2022年5月現在、時価総額が高い暗号資産(仮想通貨)はビットコインとイーサリアムです。暗号資産(仮想通貨)投資初心者やはじめて暗号資産(仮想通貨)を買うという人は、まずはその2つから始めていくのがおすすめです。

DMM Bitcoinで口座開設をする

損切りのラインを決めておく

暗号資産(仮想通貨)には長期間保有して価格が上がるのを待つガチホという手法がありますが、だからといって期限やルールを設けず、ただひたすら最高値になるのを待つ、というのはおすすめできません。

なぜなら、その価格が最高値かどうかは誰もわからないことですし、そうこうしているうちに価格が下がってしまう可能性も考えられます。特に価格が上がっている時などは、1年で売ると決めたタイミングで売るようにすることが大切です。

他にも、こうなったら売る、というルールを明確に定めておくことで、仮に損が出てしまっても被害を最小限に抑えることができます。

セキュリティが安心な大手の取引所を使う

暗号資産(仮想通貨)の購入には口座の開設や資金(日本円)の入金などが必要になってくるため、セキュリティ対策が十分に行われた、安心できる取引所を使うようにしましょう。

ベンチャー企業よりも大手企業、金融庁の承認がある、二段階認証やSSL暗号化通信を導入しているなど、安全対策がきちんと行われているところを選ぶようにしてください。

各取引所のHPなどに、こうした安全対策に関する情報も記載されているので、それらを漏れなくチェックすることが大切です。

DMM Bitcoinで口座開設をする

成人年齢引き下げに対応している取引所2選

pattern1-1

2022年4月からの成人年齢引き下げに伴い、以下の取引所などでは18歳以上からの取引が可能となっています。ここでは、代表的な取引所を2つ紹介します。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、大手IT企業であるDMMグループの暗号資産取扱業者です。大手であるため資本力やセキュリティー面でも安心で、土日祝日含む365日問い合わせ可能なサポート体制を設けています。

また、レバレッジ取引におけるリスク考慮の観点から、18歳かつ職業記載欄が学生の場合は「現物取引」のみの利用となっています。

取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など、現物取引だけでも11種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っていて、初心者でも安心して取引できる暗号資産取扱所の一つです。

対応が素晴らしい

引用元:App Store

とにかくみやすくて使いやすい
初心者が使うなら断然これ一択です。

引用元:App Store

アプリが使い易いとは言い難く直感的に仕える様にして欲しいです。

引用元:App Store

出金が遅すぎる

引用元:App Store

DMM Bitcoinで口座開設をする

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットバンク株式会社が運営する暗号資産取扱業者で、国内トップレベルの堅牢なセキュリティ対策が支持されています。

bitbankの資産は全て、インターネットと切り離されている「オフラインコールドウォレット」にて管理されているため、インターネット上からサイバー攻撃などの脅威に晒されるリスクや、資産流出の心配がありません。

取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など人気のアルトコインを含む15種類で、ビットコイン以外のアルトコインの取引高シェアは60.4%と国内でもトップクラスの数字を誇ります。

また、サイトのツールが使いやすいことも魅力の1つで、初心者から上級者まで効率的な取引が可能とされています。

さらに、bitbankでは入金手数料が無料となるなど、各種手数料も安く、初心者でも安心して取引できる暗号資産取扱業者と言えるでしょう。

ビットバンクはトップレベルの仮想通貨取引所だと聞いたので初心者ながら、ビットバンクを選ばせてもらいました。

引用元:App Store

以前から興味はあったものの、今日まで手を出せずにいましたが、友人が背中を押してくれたので、ついに私も仮想通貨取引デビューです!!

引用元:App Store

ログイン昨日もしてるのに確認作業がしつこい

引用元:App Store

アプリ版だと描いたチャートが消えてしまうのが残念です。

引用元:App Store

ビットバンクで口座開設をする

未成年でも暗号資産(仮想通貨)ができる取引所

pattern2-1

18歳以上からの取引が可能な取引所について紹介してきましたが、ここからは未成年でも暗号資産(仮想通貨)取引ができる取引所を2つ紹介します。

BTC BOX

BTCBOXは、2014年に設立された暗号資産(仮想通貨)取引所で、BTCボックス株式会社が運営しています。取扱通貨数は多くありませんが、日本国内では珍しい未成年者の口座開設が可能な取引所の一つです。

※口座開設および取引には、以下の条件が定められています。

  • 未成年者本人が親権者と同居している
  • 取引の操作自体は親権者が行う
  • BTC融資サービスは対象外サービスになる

上記のように、未成年者でも簡単に暗号資産(仮想通貨)取引ができるというわけではありませんが、国内では貴重な存在といえるでしょう。

BTC BOXの公式サイトはこちら

バイナンス

バイナンスは世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所で、取扱通貨の種類の多さはもちろん、口座開設や取引に年齢制限がないところもポイントの1つと言えるでしょう。

ただし、海外の暗号資産(仮想通貨)取引所であるため日本円の入金ができません。

そのため、未成年者がバイナンスを使って取引を始める場合、まずは上で紹介したBTC BOXで暗号資産(仮想通貨)を購入し、その暗号資産(仮想通貨)を使ってバイナンスで取引を始める、というステップを踏む必要があります。

バイナンスで口座開設をする

暗号資産(仮想通貨)投資は10代でも安心して始められる

暗号資産(仮想通貨)投資は難しいというイメージがあるかもしれませんが、注意点を守れば堅実に利益を増やせる金融商品です。

1,000円前後から投資を始められるので、リスクを最小限に抑えつつ取引することも可能です。

金融リテラシーを身につけておけば、暗号資産(仮想通貨)投資はお金に余裕を生み出せる可能性も高く、10代にとって魅力的な金融商品と言えるでしょう。