銀だこ
(写真=HP)

「築地銀だこ」を展開するホットランド <3196> は21日、タコの一大産地である西アフリカ・モーリタニアのMAURINVEST社(MAUR社)と合弁会社を設立すると発表した。主原料タコの安定的な調達を図る。

モーリタニアで捕れたタコは、これまで他国の加工工場に送られ、最終製品として日本に輸入されてきた。今回の合弁会社設立によって、現地で加工し、鮮度や品質を高めることができ、二国間の直接貿易とすることで物流面でのメリットもある。

8月に設立予定の合弁会社は「HOTLAND MAURINVEST SEAFOOD INDUSTRY S.A 」。資本金は100万米ドル(約1億2400万円)でホットランドが40%を出資。タコの生産、加工、流通、日本への輸出などを行っていく。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
「アマゾン を超えるのは楽天ではなくヨドバシ」急成長の原動力は?
日本人大富 豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法と は

年金情報流 出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?

NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る