投資のヒント,105円,増益
(写真=Thinkstock/GettyImages)

先月からスタートした決算発表も一巡しほぼ終わりとなりましたが、注目された業績予想におけるドル円の想定レートは110円から105円の間に集中しました。

そしてその結果、前期に比べて想定レートが円高となったことから減益となる企業も多くみられました。代表的なのが為替の影響が大きいトヨタ <7203> でドル円の想定レートを前期比15円円高の105円としたこともあって今期の営業利益は前期比4割減の大幅な減益となる見通しとなっています。

しかし、ドル円の想定レートを105円と保守的に置いた企業のなかにも増益予想の銘柄もあります。そこで今回はそうした銘柄をピックアップしてみました。

例えば東レ <3402> ではドル円の想定レートを105円としたことで円高が115億円の減益要因となりますが、それを繊維や炭素繊維、情報通信材料・機器などの増収でカバーし二桁の増益を確保して最高益を更新する見通しとなっています。

hint5-18

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク】
決算発表通過で上昇した日経平均のEPS
マイナス金利下の銀行決算見通し:高配当狙いの投資機会を検証
【決算メモ】トヨタ(7203)
FOMC議事要旨が今週最大のポイント
上海株 軟調なスタートか 冴えない経済指標を受けて経済減速懸念が再燃か