住宅ローン,マイナス金利
(写真=Thinkstock/Getty Images)

最近やたらマイナス金利で住宅ローンがお得という事を耳にすることが多いが、マイナス金利の事や住宅ローンの事が良くわからないという人も多いだろう。そこでマイナス金利と住宅ローンについて考えてみよう。

マイナス金利って?

2016年1月29日、日銀が日本初めてマイナス金利政策の導入を発表した。日銀が金融機関から預かっている当座預金の一部の金利をマイナスに引き下げる政策だ。

そこで日銀は当座預金で預かっている一部の金利を2月16日から−0.1%に引き下げたのだ。それに伴い各銀行は預貯金の金利を引き下げ、保険会社は貯蓄性の高い一時払い終身の一部等を売り止めにし始めた。国内の資産運用会社の多くがMMFの運用も難しくなり顧客に資金を返還する繰り上げ召還を決めた。そして長期金利の代表である国債も初のマイナス金利に転じたのだ。

手堅い金融商品が厳しい状況にあり、お金を手堅く増やす方法が減少してしまったことになる。

一方で、住宅ローンの金利も下がっているので、持家購入を考えている人にとっては住宅ローンが高金利時に借り入れた人より有利である。すでに住宅ローンを組んでいる人は借り換えをした場合、予定していた借金の返済の総額が減るかもしれないのだ。

借金を減らすのも家計のキャッシュフローの改善につながるのは確かだが、マイナス金利で住宅ローンがお得と安易に考えるのは危険だ。そこでいくつかの注意点を考えてみたい。