ハリケーン,マシュー,関連銘柄
(写真=Thinkstock/Getty Images)

大型のハリケーン「マシュー」が猛威を振るっている。カリブ海のハイチなどで300人を超す犠牲者を出したこの熱帯低気圧は、米国へ向かい、各地で非常事態が宣言された。

今回のハリケーンは2007年以降では最大級で、5段階の上から2番目の「カテゴリー4」に分類された。海外メディアの報道によれば、日本時間7日午後3時の段階で米南部フロリダ州に接近し、同州を含む3州で計200万人に避難命令が出たという。

米国では、2005年に南東部を直撃したカテゴリー5(最上位)のハリケーン「カトリーナ」が知られる。ルイジアナ州やミシシッピ州などで1800人以上が死亡する大惨事となった。

やまびこなど復興需要も

この時、復興需要が発生したのがチェーンソーや刈り払い機、発電機など。北米を主戦場とするやまびこ <6250> や、デンヨー <6517> には連想が向いやすい。建機ではコマツ <6301> やクボタ <6326> 、鋼管で丸一鋼管 <5463> なども関連銘柄だ。また、原油タンカー需給ひっ迫につながる可能性もある。(10月11日株式新聞掲載記事)

>>話題のテーマや注目株を一足早くお届け「株式新聞WEB」限定プレミアム銘柄も

【関連株式ニュース株式新聞へ】
WTI50ドル乗せ!原油価格急上昇で関連機械株に参戦妙味
月末特集——「あなたに代わって取材します!」=ヒューマンH
「福の神の取材日記」〜あの企業の核心に迫る〜(34)=DIT
TOPIXが6月安値から約13.2%の上昇、指数を上回る業種はその他製品や保険など
有機EL関連に再注目—住友化がスマホ向け高成長見通し