結婚,年収,結婚相手
(写真=PIXTA)

結婚相手を選ぶ上で収入は重要だ。女性が結婚相手に求める年収は500万円以上が最多であることが、不動産サービスのマンションマーケットの調査で分かった。

また大多数がマイホーム購入、しかもマンションの購入を希望したいことも判明している。

調査は2016年11月上旬、同社運営サイトで20代〜40代の未婚女性に対し、「結婚相手に求める年収とマイホームの購入」というテーマで行われた。全体の結果を見ると、年収を500万円以上求める割合が21.9%と最多だった。

■女性の年収別、結婚相手に求める年収は?

500万円以上に続くのが600万円以上で17.8%。400万円以上が12.6%と続いた。一方で1000万円以上が12.1%おり、高所得であることを条件に挙げる女性も少なくないことも分かる。

特徴的な結果となったのが、女性の年収別における結婚相手に求める年収だ。年収が400万円未満の女性の場合、結婚相手には500万円以上の年収を求める割合が最多だった。一方で400万円以上になると、結婚相手には600万円以上を求めだし、その後は相関的に年収が増えていく結果となった。女性は少なくとも男性のほうが多く稼げることを望んでいるということだ。

女性よりも男性の方が年収は多いほうがいいと考える理由には2つの要因がある。1つ目が結婚後に女性は家事をして、男性に仕事に出てもらうというイメージがあるからだろう。女性の社会進出は大事なことだが、女性だけが出産できる事実は変わらない。こうなると産休時や育休時に十分な生活費を稼いでもらう必要がある。

もう1つが男性に求めるステータスである。単に収入が少ないことが嫌だという理由であり、高収入じゃなきゃ結婚したくないという考え方である。非常に単純な理由ではあるが、女性にとっては大きなファクターであることは理解しておくべきだ。

■賃貸よりもマイホーム、戸建て住宅よりもマンションが多い

マイホームに関する意識調査も行っており、マイホーム購入が8割と圧倒的に賃貸を上回った。そのうえマイホームならマンション購入(タワーマンション含む)の方が、戸建て住宅の購入よりも割合が多い結果となった。

マイホームに関しても、結婚相手に求める年収と相関性が見られる。具体的には年収が多くなるにつれて、マイホーム購入を希望しているのだ。マイホームに住みたいから年収が多い方がいいのか、年収が多いならマイホームに住みたいと考えているのかは、この結果からは分からない。少なくとも、希望する年収が多い女性ほど、マイホーム購入を求めているのだ。

さらに調査結果を細かく見ると、希望年収が600万円以上になるとマンションを希望する人が大幅に増える。戸建て住宅の購入500万円以上が最も多くの割合を占めた。これにもいくつかの理由が考えられるだろう。

まず都心・中心街にはマンションのほうが多いと思われるからだ。最近の都市開発により、繁華街や都市部ほどマンションやタワーマンションが増えている。戸建て住宅となると郊外に住むことの方が多いだろう。都市部に住むことを求める理由からマンション住宅を望んでいると考えられる。

戸建て住宅は建物が大きいし、マンションと比べれば建物のリフォームがしやすいなどのメリットもある。人によっては戸建て住宅を希望する場合もあるようだ。

■年収別に居住可能なエリアはどのあたりになるのか?

実際に購入できるマンションがどのエリアにあるのかも調査していた。これは女性の年収と結婚相手に求める年収の合算想定年収から、購入可能なマンション価格を導き出すものだ。

例えば女性が年収400万円以上500万円未満で、男性に求める年収が600万円以上の場合は7000万円から7700万円(平米単価100万円〜110万円)くらいのマンション購入予算になると言った具合だ。ちなみにこの場合は田端駅などでは比較的好条件の物件が見つかり、品川などでは築年数が長い物件などで見つけられる。

調査では、購入金額は一般的な目安額である「想定年収×7」で計算されている。調査上では触れられていないが、他にも住宅購入で大事なことはあり、一般的には「年収×20〜25%」程度が年間の返済金額と言われている。さらに自己資金(頭金)は購入金額の「5%〜20%」程度と言われるのだ。この3つがあれば、年収によって購入できる物件価格、返済金額、必要頭金が分かるだろう。

マイホーム購入にせよ賃貸住宅にせよ、収入は住める場所を決める要因だ。お金よりも愛を重視する人もいるだろうが、より結婚相手には年収を高い年収を求めるし、なるべくならマイホームが欲しいという本音が垣間見える結果だった。(吉田昌弘、フリーライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)