米英、アジアの金融の専門家6000人が選ぶ「就職したい企業ランキング」が発表され、JPモルガン・チェースがゴールドマン・サックスに代わって1位に輝いた。3位は昨年同様、Googleという結果になった。

順位に細かな変動が見られるものの、雇用市場を魅了する最大の要因は「高所得」「知名度」「やり甲斐」「職場環境」である点は不動のようだ。テクノロジー企業でランクインしたGoogleやAppleはフレックスタイム制を導入するなど、「就労時間に柔軟性がある」のも人気の秘密である。

時間の束縛されるイメージの強い金融セクターだが、意外なことにシティやHSBC、クレディスイスといった大手銀行も、従業員のライフスタイルに合わせた雇用形態を提供し始めている。

来年あたり上位ランクインが期待できそうな企業は、Amazon(43位から26位に上昇)、Microsoft(31位から24位)あたりだろうか。テクノロジー企業の勢いが着実に増している傾向がうかがわれる。

このランキングは英キャリアサイト「eファイナンシャル・キャリアーズ」が、昨年10月から12月にかけ、2663社の金融の専門家から収集した回答に基づいて作成された。

就職,ランキング,銀行,キャリア
(写真=Thinkstock/Getty Images)

金融の専門家が就職したい20社

20位 スタンダード・チャータード(英)昨年23位
19位 ブラックストーン・グループ(米)14位
18位 DBS銀行(シンガポール)17位
17位 ドイツ銀行(独)11位
16位 Apple(米)16位
15位 Facebook(米)19位
14位 バークレイズ(英)12位
13位 マッキンゼー・アンド・カンパニー(米)13位
12位 デロイト(米)18位
11位 プライス・ウォーターハウス・クーパース(英)15位

10位 クレディスイス(スイス)9位
9位 UBS(スイス)6位
8位 バンク・オブ・アメリカ(米)10位
7位 HSBC(英)8位
6位 ブラックロック(米)5位
5位 シティ(米)7位
4位 モルガン・スタンレー(米)4位
3位 Google(米)3位
2位 ゴールドマン・サックス(米)1位
1位 JPモルガン・チェース(米)2位

(ZUU online 編集部)

【オススメ記事 PR】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由