日ごろ何気なく使っているティッシュペーパーやトイレットペーパー、爪楊枝といった日用雑貨に、このところ信じられないような高級品が登場しているという。

ネット通販の普及などで、ターゲットを絞ったきめ細かなマーケティング戦術が比較的安価に展開できるようになったことも、こうした現象を下支えしているのだろう。ここでは高級化する日用雑貨の5つの実例から、その片鱗を垣間見ることにしたい。

贈答品に人気「高級ティッシュ」 1箱1万円も!

高級品
(写真=PIXTA)

日本のティッシュペーパーは、世界的に見ても品質が高い割には安価なことに定評がある、日用雑貨の代表格だ。実際スーパーの店頭には、5箱を束ねたティッシュが目玉商品として、300円以下程度の値段で並べられている。けれどもこのティッシュの世界に、密かに高級品が浸透しつつあるのだという。

大昭和紙工産業がネット通販のみで販売している「十二単(じゅうにひとえ)」の値段は、なんと1箱税込み1万円(税込)。1箱には2枚1組のティッシュ288枚が収められているので、1組の値段は約70円ということになる。

かつて十二単に用いられたという「蘇芳(すおう)」「常磐緑(ときわみどり)」「わすれな草」などといった、雅やかな色彩のティッシュは、特別な厚紙製の箱に収められ、風呂敷に包まれて販売される。2014年の販売開始以来、SNSなどで話題となり、贈答用を中心に月80箱前後が売れているという。

「たかが楊枝、されど楊枝」 楊枝1本6000円?

東京の日本橋に店を構える楊枝専門店「日本橋さるや」は、宝永年間の創業以来300年続いているという、江戸時代からの老舗だ。

「さるや」の楊枝には、古来より上等とされてきた黒文字という樹が使用されている。1本ずつ手作業による楊枝は、熟練の職人でも1日400本程度しか作成できないという。「さるや」を代表する「上角楊枝」は、「千両箱」に入れられた約20本のセットが税別で1200円(税抜)だ。

一方、1本が6万円という超高級品の爪楊枝もある。マインドアップが提供する「金の爪楊枝 Fuji」は、その名の通り、本物の金を使って製作されている。爪楊枝がギフトに向いているのかどうかはよくわからないが、オンラインストアでの価格は6万円と、やはり並みの爪楊枝とは格が違っている。

30日に一度交換、高級歯ブラシ「MISOKA」 1本1404円

毛先に独自コーティングを施した歯ブラシの「MISOKA」。この商品名は、30日(みそか)に一度の交換を勧めている事に由来するのだという。デザインも透明感を活かした好感度の高いものなっているので、ちょっとしたプレゼントには最適だ。

歯科医師が設計したという「MISOKA ⅴ」は、若草色、山吹色、朱色、藍色のボディにいずれも職人のロゴが施されている。価格はいずれも税込みで1404円(税込)だ。30日に一度の交換ということで、WEB限定の12本入り特別パッケージというのも用意されている。ふつう毛タイプが1万800円(税込)、やわらかめの先細毛タイプが1万2960円(税込)などとなっている。

「耳かき」にも「匠の技」 2本セットで6000円

京都の金高刃物老舗は、200年にわたって料理包丁や握り鋏などの刃物を扱ってきた老舗だが、実はこの店には隠れたベストセラーがある。同店オリジナルの最高級耳かき「聶(じょう)」がそれだ。希少な素材である「煤(スス)竹」の部位、質をともに厳選、色・ツヤともに最高の、耳元でささやくような優しい使い心地を実現しているのだという。

「煤竹」というのは、囲炉裏の煙で100年程いぶされて炭化したものだが、今では囲炉裏のある家が無くなりつつあり、ほとんど入手も困難で、貴重かつ高価な素材になっている。桐箱入りの耳かき「聶」は、2本セットで6480円(税込)なのだが、現在は品切れ中らしい。

締めくくりは高級「トイレットペーパー」 3ロール5000円

日用雑貨の極め付きは「トイレットペーパー」なのかもしれないが、ここにも厳然として「高級品」の存在がある。皇室献上品の最高級トイレットペーパー「望月製紙 羽美翔」の、3ロール5000円(税別)というのがそれだ。キャッチフレーズは「皇室御用達トイレットペーパーであなたのお尻も皇室気分」という、いかにも魅惑的?なものだ。

ところでトイレットペーパーには他にも高級品が揃っていて、土佐市の製紙会社「山西金陵堂」の「龍馬からの恋文」は、龍馬の「悩みがあるがか? 何でもゆーたらえいがよ ここには誰もおらんき ほんで 後は水に流したら えいがやき」といった言葉を想定したいくつかのメッセージがプリントされているという。2ロールの税込み価格は648円だ。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)