7月下旬からスタートした3月決算企業の第1四半期(4-6月期)決算発表も先週から徐々に本格化しています。こうしたなか今週も数多くの企業が決算発表を予定していますが、昨日と一昨日もあわせてTOPIX500採用の3月決算銘柄で50社を超える企業が決算発表を行っています。そこで今回はTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に1日と2日の決算を早速まとめてみました。

投資のヒント,決算集計速報
(写真=Thinkstock/GettyImages)

まだ第1四半期ということもあって業績予想を据え置く企業がほとんどですが、それでも通期の業績予想を上方修正する企業もみられます。例えば三菱瓦斯化学 <4182> や古河電気工業 <5801> では営業利益を上方修正したことで減益予想が一転して増益予想となったことから決算を受けて株価が急伸し、ともに年初来高値を更新する動きとなっています。

◆決算集計(8月1日-2日発表分)

◆決算集計(8月1日-2日発表分)2

◆決算集計(8月1日-2日発表分)3

もう一つのヒント

◆明日の決算発表スケジュールは

3月決算企業の第1四半期決算発表が先週から本格化していますが、今週も数多くの企業が決算発表を予定しています。明日はトヨタ <7203> や伊藤忠商事 <8001> 、三菱地所 <8802> 、NTT <9432> などが決算を発表する予定です。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
IoT時代の電子部品と化学株
日米企業決算と米経済指標が材料に 内閣改造人事や地政学的リスクの高まりに警戒
ECB利上げのタイミングは?:リスクとしてのイタリアの金融
米FOMC終了: 日欧に続き金融政策維持。これまで以上に消費者物価に注目
【決算メモ】ソニー(6758)