国内クリーニング首位の白洋舎 <9729> の株価が好調だ。同社は清潔で快適な空間づくりを理念として、クリーニング、クリーニング関連サービス、リフォームやハウスクリーニングを事業展開している。7月27日には第二四半期決算を発表しているが、7月21日にはすでに通期の業績予想の上方修正を前もって発表している。

業績の上方修正は株式市場では高く評価され投資家の買いを集めることが多い。株式市場において事業面での派手さには少々欠けるが、着実に成長を続ける同社の強さの秘密を探っていこう。

白洋舎の事業内容 高級ブランド品クリーニングが好調

白洋舎
(画像=Webサイトより)

個人消費が低迷する中で、同社のサービスは付加価値により差別化をはかっていることがわかる。同社の事業は下記4つに分類されている。

(1)クリーニング事業
(2)レンタル事業
(3)不動産事業
(4)その他の事業

通常のクリーニング部門を支えるのは昨年2016年3月より開始された高級ブランドクリーニングがほかのクリーニングの業績不調を支えている。同サービスは、高級ブランド品のダウンやコートを受付から工場までの工程を差別化してクリーニングするというものだ。価格帯も3400円~3800円(税別)と高価格ながら需要の高まりがある。

またホテル・レストラン向けのレンタル事業として展開するリネンサプライ部門が好調。ユニフォームレンタル部門の償却負担増加をリネンサプライ部門が補う形で前年比増収となっている。また不動産部門が好調。賃貸に伴う更新料上乗せなどにより大幅に増収増益。その他の事業に関しても、クリーニング機材の販売売上が増加したことから前年比で大幅な増益となっている。本業のクリーニング事業に加えて、レンタルや不動産などの事業でも順調に利益が出ている模様だ。

高級クリーニング好調で37.5%の純利益上ぶれ予想

下記が過去3期に加え今期の会社予想の売上高と純利益の実績の推移を確認してみよう。

14年12月期 売上高465億6100万円 純利益5億600万円
15年12月期 売上高477億6800万円 純利益7億3500万円
16年12月期 売上高489億7700万円 純利益10億500万円
17年12月期(会社予想)売上高500億円 純利益11億円(上方修正後)

上方修正前の会社予想は、売上高が495億円、純利益8億円となっていたため、実に純利益は37.5%の大幅な上方修正となったようだ。

修正の主な理由としては、高級品クリーニングの好調さや繰延税金資産の増加等が挙げられている。16年12月期から今期にかけては減益予想だったものが、増益転換となった。どうやら業績修正の裏には、クリーニングに「高級品取り扱い」という付加価値をつけたところに秘密がありそうだ。

現在の株価水準は? PERは割安?

ここまでの株価推移と割安度を確認してみよう。
8月1日終値の株価は3320円となっている。年初来安値は2602円だったことからそこから半年で700円以上(28%)の上昇を見せている。上昇幅のみに着目すると株価は割高で上がり過ぎにも見えてしまうが、客観的に利益面から株価位置を見るためにPERを確認しておこう。

8月1日の株価の終値ベースでPERは11.77倍である。一般にPERは株価を一株利益で割った値のことで、同業種の間での割安度を比較するために使用し、低いほど割安とみなされている。

東証一部のサービス業全体のPER平均値は25.5倍、同業他社のきょくとう <2300> のPERが12.86倍であることを考慮すると、白洋舎のPER数値は未だ割安な水準と考えることができそうだ。

本来であれば上昇トレンドにある株式のPERは高い数値になることが多いが、業績上方修正によって利益数値が上昇すると、割安指標であるPERは反比例して低下し、割安度合いが高まる。白洋舎のケースでは、この好例だと言えそうだ。

今後は修理サービスを取り入れて新たな展開へ

白洋舎は7月7日、ミスターミニットを展開するミニット・アジア・パシフィックと業務提携を行うことを正式に発表している。

今後はクリーニングを取り次ぎできるミスターミニットの店舗の増加、白洋舎の既存店をミスターミニットと白洋舎の複合店へと転換していくことを伝えている。地味ながら着実に利益を残す同社の今後の成長を見守りたいところだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「 インカムライフ.com 」。著書に「超優待投資・草食編」がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)