先月下旬からスタートした3月決算企業の第2四半期の決算発表も終わりとなりましたが、11月の第二週に決算を発表した銘柄でもアナリストによる業績や目標株価の見直しもある程度進んだと思われます。

投資のヒント
(画像=Thinkstock/GettyImages)

そこで今回は今月6日に決算を発表したTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に決算後に2社以上から目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

そのなかでも特に目標株価の引き上げが目立つのがソフトバンクグループ <9984> で、この上期の営業利益が3割を超す大幅増益となったこともあって決算発表後に4社が目標株価を引き上げています。そのほかディスコ <6146> 、いすゞ <7202> 、三菱商事 <8058> 、カプコン <9697> でも決算発表後に3社が目標株価を引き上げています。

投資のヒント
(画像=マネックス証券)

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
日経平均 3万円の根拠 PART2
もうしばらく調整局面だが、かなりこなれてきた
DeepMacro FX-1 ドルのネット・ロングを継続 サイズも先週とほぼ変わらず
2017年10月米国雇用統計プレビュー
マネックス銘柄スカウターを活用した銘柄選び