「人生で最高の1年!!」。ウォール街で開かれたクリスマスパーティーで、あるディーラーが満面の笑みを浮かべて今年を振り返った言葉だ。人生で最高の1年……確かに、リーマンショック後の入社組みはバブルを経験したことがない。彼らにとって人生最高の1年に続く2018年はどのような年になるのだろうか? ウォール街の主な見通しが出揃ったので紹介しよう。

2018年末のS&P500の価格見通しは?

米国株,見通し
(画像=Thinkstock/GettyImages)

まず、CNBCがまとめたウォール街の2018年末のS&P500の価格見通し(12月21日)のうち、主要行の見通しを「高い順に並べる」と次のようになる。

JP モルガン       3000
クレディ・スイス    3000
ゴールドマン・サックス 2850
ドイツ銀行       2850
シティ・グループ    2800
モルガン・スタンレー  2750
ウェルズ・ファーゴ   2700

22日に減税法案が成立したことから、これから上方修正される可能性は残るものの、ほとんどの予想は法案の成立を織り込んでいる。上記7行の平均値は2850で、12月22日時点の2683と比べ6.2%高となっている。同様に、ブルームバーグが21日までにまとめた予想の平均値も2838で6%高となっているので、この辺りがコンセンサスと見て間違いなさそうだ。

減税、規制緩和、適温経済の三拍子が支援材料