「草木も眠る丑三つ刻」という言葉があるように、日中活発に動いていた人間は深夜に経済活動をしない時間だ。

人間が生活をする上で重要な「衣食住」。現代はそのために、何よりも「お金」が必要だ。お金を貯めるためにも真夜中に活発に動くことは、あまりお勧めしていない。それに反して活動する夜型人間は、「お金が貯まりにくい」と考えているからだ。

お金の悪習慣,夜型人間
(画像=PIXTA)

1. 夜型人間だとお金がたまらない理由

大きな理由は、夜の時間の使い方が「エンドレス」であることだ。昼食と夕食の大きな違いがここにある。昼食は13時終了の予定が14時になり、15時になるという「ダラダラ感」はない。まだ飲み足りないから2次会に行こう、3次会に行こうとなりかねない。

日常生活なら遅いと認識される「午後10時」も、酒席ならば「もう1軒行こう」となる。それ以降の飲食代はともかく、終電を逃してタクシーで帰宅しようものなら、消費されるお金に歯止めが効かない。朝起きて財布を空けると、減っているお札の数にあまり残っていない記憶が手伝うことも珍しくはないだろう。この悪習慣は早急に改善したい。

筆者は飲み会に行くな、飲み会に価値がないということを言いたいわけではない。また仕事の関係上、夜に仕事をせざるを得ない人を夜型人間と言っているわけではないことを予め断っておこう。

2. 果たして二次会は意味がないのか

最近、ビジネスマンの生活改善本などを見ると、「二次会に行っても意味がない」という論調が目立つ。仕事の話ができる一次会と異なり、深酒した状態で一緒にいても……ということだろうか。

以前のビジネスマンは「お酒の席のコミュニケーションは何よりも大切」という価値観が際立っていたが、最近の20代、30代の若い年代は少々異なっているような話を聞く。二次会でとどまらず、三次会にとなると、更にその傾向は顕著なものになる。

とはいえ、「飲みニケーション」で仕事が決まることも多い。大切なのは、飲みニケーションに掛けるお金・時間と、そこから得られる成果が釣り合っているかが大事だろう。

二次会、三次会と画一的に判断するのではなく、効果のある二次会とないものを判断することが大切だ。ただ、二次会のお誘いを天秤にかけるのも気がひけるのと同時に、何が効果がある二次会で、何か効果ないのかを予め予測するのはとても難しい。

そこで現実的な対策としては、毎月の交際費に「上限」を定めておき、それを超えるようであれば二次会には行かないことだ。強制的な方法だが、交際費のように「もう少し飲んでも日常生活を節約すれば大丈夫」となりやすい(実際に大丈夫かどうかはともかく)支出は、強制的に抑えることで明らかに効果があるといえる。

3. 二次会以外の「お金が貯まらない」理由とは

そのほかに、夜型人間にお金が貯まらない理由には何があるのだろうか。人間のなかにも朝、太陽が昇り活発化するタイプばかりではなく、夜になって元気になる人間がいるため一概にはいえないが、一般論として「夜型人間にはお金が貯まらない」の根拠には以下の理由が挙げられる。

(1)判断力の低下、時間の浪費

夜型の人間の多くは昼に休んでいるのではなく、昼から「ずっと」起床している人が多い。当然、判断力の低下は否定できない。落ち着いて考えれば不要なものを購入したり、既に所有しているもので代替可能なものを購入してから「あ、これで充分ではないか」と反省したりと、具体例には事欠かない。正常な判断もできないから時間を無駄にしていることも多い。

(2)たかが食べ物、されど食べ物

もうひとつは「夜食」だ。たかが夜食ではないか……という声が聞こえてきそうだが、これが以外に軽視できないものだ。普段は高脂質なものにあまり興味がないのに、夜になるとカロリー度外視で糖質やジャンクフードを口にしてしまう。そのうえで食べてすぐに就寝する習慣があると、カロリーを消費することができない。

そのうえで体重が増加し、衣服の買い替えを要し、健康を害し、最終的には医療費が増加していくという「ループ」が生じてしまいかねない。まさに「たかが食べ物、されど食べ物」なのだ。

「お金の悪習慣」は「お金、時間の浪費」のこと

ここでは飲み会に焦点を当て、夜型人間がお金が貯まらない理由を紹介した。飲み会以外にも、時間の浪費、お金の浪費をしていないだろうか?今一度振り返り、可能なものをひとつ、またひとつと改善していくことがお金の悪習慣を変え、お金をコントルールする力が身につくことになる。

工藤 崇
FP-MYS代表取締役社長CEO。1982年北海道生まれ。相続×Fintechサービス開発中。資格学校勤務後不動産会社、建築会社を経て2005年FP事務所を設立。1年後の2016年7月に法人化。多数の執筆のほか、Fintech関連のセミナー講師実績を有する現役の独立型ファイナンシャルプランナー(FP)として活動中。2017年9月および12月に資金調達完了。本社は東京都港区虎ノ門。