プライベートバンク,冨田和成,富裕層
(画像=ZUU online 編集部)

富裕層であればさぞかし良質な提案をプライベートバンカーから受けているのでは?プライベートバンクの視点から富裕層の世界を覗く特集第6回目は、プライベートバンクが顧客である富裕層に対して行っている「超良質な提案」の中身について。

プライベートバンカーとして超富裕層ビジネスに携わり、『プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?――その投資法と思想の本質』(ダイヤモンド社)の著者でもあるZUU代表冨田に話を聞いた。(聞き手:ZUU online 副編集長 押田裕太)

目次

  1. 為替リスクを追わずに外貨運用「円預金を担保に米ドル融資」の中身
  2. 自分の資産の「担保価値」「使用使途」にも注意
  3. 証券会社系プライベートバンクの強み「ブロックトレード」とは?
  4. ここ数年でオーナー経営者が注目している「自社株承継信託」とは?
  5. 「不動産を保有する資産管理会社」のM&Aが増加中、なぜ?

――具体的にプライベートバンカーは富裕層にどのような提案をしているのでしょうか?提供価値のメインである金融サービスについて教えてください。

超富裕層の元には当然、複数のプライベートバンクからの提案があり、各プライベートバンクもしのぎを削って超良質な提案を行っています。あまり表には出てこないスキームについて、最新トレンドも交えながらいくつかご紹介しましょう。

冨田 和成
神奈川県出身。一橋大学在学中にIT分野にて起業。2006年大学卒業後、野村證券株式会社に入社。本社の富裕層向けプライベートバンキング業務、ASEAN地域の経営戦略担当等に従事。2013年3月に野村證券を退職。同年4月に株式会社ZUUを設立し代表取締役に就任。