クレジットカードのサインって漢字・フルネームのものが多く見受けられますが、実はカード所有者本人の直筆であれば基本的に何でもいいとされています。

ただ、キャッシュレス・消費者還元制度の実施にともなって、クレジットカードの利用頻度が高まる中、セキュリティ面に深く関わってくるサインのことをキチンと理解しておくことは重要です。

この記事では、改めて知っておきたいサインについての意外な基礎知識から、おすすめの書き方まで説明していきます。

意外に重要なカード裏面のサイン

クレジットカード,サイン
(画像=AlexandrBognat/Shutterstock.com)

クレジットカードのサインには、カード裏面と決済時に記入するものの2種類があります。

よくクレジットカードの会員規約内や公式サイトにも「クレジットカード裏面にご署名後ご利用ください」と記されています。

裏面にサインの無いクレジットカードは、原則として使用できません。これは第三者による不正使用を防ぐというのが大きな目的です。

サインは個人識別の重要な情報となりますので、無記名のものは盗難や紛失時に補償の対象外とされてしまい、損害金額も戻ってきません。サインのないカードを持ち歩くことは、かなり危険な行為といわざるをえません。

また、販売者側はカード会社との規約で、カード裏面のサインと利用者が売上伝票等に記入したものとを照合することが義務づけられているため、無記名であればカード利用を断わる場合があります。

意外にサイン記入時のルールはあまりない?

では、カード裏面に記入する際、決まりごとってあるのでしょうか?

結論からいうと、本人が書いたものという証明だけで文字自体の決まりや言語はない、とされています。

漢字だけでなく、ひらがなやカタカナはもちろん、ローマ字や外国語でも大丈夫です。また姓名に限らずイニシャルやニックネーム、それに筆記体や記号でも問題がないようです。

ただ、サインは販売者側がカード所有者本人を識別するためのものですので、スムーズに決済ができるよう、分かりやすいものにするほうがいいでしょう。

知っておきたいセキュリティ面に強いサイン

サインにルールはなく自由に記入できるとはいえ、セキュリティ面の注意は必要です。第三者による模範や個人情報保護の観点から、おすすめのサインを3点ご紹介します。

【漢字・フルネーム】
⇒(おすすめしたいタイプ)海外での利用が多い方
(理由)漢字文化のない国では、書きにくく真似ることが難しいため

【ひらがな・カタカナ】
⇒(おすすめしたいタイプ)海外での利用が多い方
(理由)日本特有の文字であるため、日常使用していないと模範することが難しいため

【筆記体(ローマ字)】
⇒(おすすめしたいタイプ)本名をフルネームで書くのに抵抗の有る方
(理由)一見したところ書いている内容が分かりにくいため
文字に本人のクセが出やすく他者が真似しにくいため

どれを選ぶにしても、カード払い時のストレスにならないように、自身が再現しやすい普段使用の筆跡、また毎回間違えることなく同じ内容で書けるものがいいでしょう。

サインを書く際におすすめしたいこと

せっかく色々考えてカード裏面にサインを記入したのに、いつの間にか消えてしまっていたのでは元も子もありません。

そこでおすすめしたいのは、にじみにくく消えにくい油性ペンで記入することです。ボールペーンや水性ペン、ゲルインク等のペンは避けたほうが賢明でしょう。

もし書き損じてしまった場合、カード会社にすぐに連絡をして再発行をしてもらうことをおすすめします。訂正による汚れや署名以外の文字の跡が残ってしまうと、不正をしたと誤解されてしまう恐れがあるからです。

カード裏面のサインを書き直すことは基本NGですので、鉛筆で下書きをしてから油性ペンを使用するのがよいでしょう。

カードのサインは、自身の財産を守ることに直結するため、本記事を参考に必ずキチンと記入しておきましょう。

<プロフィール>
名前:ナビナビクレジットカード編集部
プロフィール:
「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」
そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。
https://navinavi-creditcard.com/