Piotr Adamowicz / PIXTA / ZUU online
(画像=Piotr Adamowicz / PIXTA / ZUU online)

これまで、一般に億単位での投資が必要だったため、超富裕層や機関投資家のみが投資可能とされていた非上場企業投資。それを、ユニコーン企業を中心に組入れた、1000万円から投資できるファンドの販売によって、より広い投資家層に門戸を開いたのがHiJoJo Partners株式会社だ。今回は、HiJoJo Partners株式会社 Founder / 代表取締役 CEOのスピリドン・メンザス氏に「個人投資家でもできる非上場企業投資の方法」について聞いた。(司会進行:ZUU online副編集長 菅野陽平)
※2020年7月下旬に収録しました

スピリドン・メンザス
スピリドン・メンザス
HiJoJo Partners株式会社 Founder / 代表取締役 CEO。外資系証券にてエクイティ・トレーディング業務に携わった後、国内大手証券で日本株、アジア株の共同責任者を務める。その後、国内外のスタートアップ企業やベンチャーキャピタルを中心とした投資業務に携わった後、HiJoJo Partnersを創業。国内外のエクイティ市場、投資業務に精通し、海外の有力なスタートアップ投資家や起業家のインナーサークルにアクセスする独自のコネクションを有する。

この動画はこんなことを解説しています

  1. 非上場企業投資の類型(エンジェル投資、セカンダリー投資、ファンド投資)
  2. 非上場企業投資の成功率
  3. 日米の非上場企業投資環境の違い
  4. 日本の個人投資家がアクセス可能な、主な非上場企業の投資(株式型クラウドファンディング、HiJoJo Partnersが販売しているファンド、ベンチャーキャピタルファンド)
  5. 非上場企業投資例(もし、米配車サービス「リフト」に投資していたとしたら)
  6. 2019年の米国IPOデータから見る、IPO投資とプレIPO投資(非上場企業投資)のパフォーマンスの違い
  7. レイトステージのスタートアップ企業に投資するHiJoJo Partnersのファンド
  8. HiJoJo Partnersのファンドに投資するには(HiJoJo.comへアクセス)

動画コンテンツはこちら

HiJoJo Partnersの会員登録はこちら

当資料は、HiJoJo Partners株式会社(以下、「当社」または「HiJoJo Partners」)が一般的な情報の提供のみを目的として作成したものであり、いかなる有価証券等の取得を勧誘するものではなく、また、当社による投資助言を目的としたものではありません。当社は、当資料に記載されているデータ・意見等の正確性・確実性・完全性を何ら保証するものではありません。また、当資料に記載されている内容は、事前連絡なしに変更されることがあります。なお、当資料の著作権は当社に属し、その目的を問わず無断で引用または複製することを禁じます。本資料に関するお問い合わせはHiJoJo Partnersの担当者までお願いいたします。

商号等:HiJoJo Partners 株式会社
登録番号 関東財務局長(金商)第3065号
加入協会:一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会