人気FMラジオ局J-WAVEは25日、今年10月9日・10日に六本木ヒルズで開催するテクノロジーと音楽の祭典「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI」(以下、イノフェス)のチケット購入者に対し、業界初の試みとしてNFTによる記念デジタルカードを発行すると発表した。

イノフェスは、「テクノロジーと音楽で日本をイノベーション!」をテーマに、J-WAVEが推進している大型クリエイティブ・フェスティバルだ。

業界初、J-WAVE主催のフェスでチケット購入者にNFTを配布
(画像=Shutterstock)

これまでイノベーター、クリエイター、アーティスト、研究者、企業が集結し、様々なテーマでのトークセッションや、最新テクノロジーを駆使したライブパフォーマンス、そしてスタートアップによるテクノロジー体験エリアなど、これまでにない新しいフェスとして多くの来場者に感動と興奮をもたらしてきた。

今年で6回目を迎えるイノフェスは、ポスト・コロナ時代に向けての新たな行動を開始するキックオフと位置付け、“新しい時代の第一歩を踏み出す”国内唯一無二のイノベーターズフェスとして開催するという。

出演者は、Ado、早川聖来(乃木坂46)、糸井重里、落合陽一、三浦瑠麗、西野亮廣(キングコング)、川田十夢(AR三兄弟)、せきぐちあいみ(VRアーティスト)など、各界を代表するアーティストやクリエイターがLIVEやトークセッションを行う(敬称略)。

今回のイノフェスの見どころは、2日間限定で六本木ヒルズアリーナに登場するAR STAGEだ。三面大型LEDと数多くのARカメラおよびステージ上に搭載されたセンサーを使い、現実をARで拡張したスペシャルステージを開催するという。

さらに、新時代の幕開けに向けチケット先行予約購入者限定で、ブロックチェーン技術によるNFTを使ったデジタルカードもプレゼントする。カードのデザインはチケットの種類ごとに異なるという。

J-WAVEは、イノフェス2021のNFTデジタルカードを発行することで、フェス参加者にこの新しいテクノロジーを体験してもらいたいとしている。また、同社は「今後さまざまなイベントや企画でNFTを発行することで、コレクションやマーケットプレイスでの取引といった多様な楽しみ方を提案していきます」と今後の展望を語った。(提供:月刊暗号資産