東芝
(写真=Thinkstock/Getty Images)

東芝 <6205> は3月30日、同社の子会社を通じてミャンマー電力庁から水車発電機の発注を受けたと発表するとともに、地熱発電、風力発電、太陽光発電などの再生可能エネルギー分野への取り組みを引き続き推進することを明らかにした。

今回、同社が受注したのは、アッパーイェワ水力発電所向けのもので、77MWの水車と水車発電機4幾だ。中国国内の法人で、水力発電設備の製造・販売・保守サービスを粉う水電設備(杭州)有限公司が、受注した格好だ。

発表によれば、東芝グループとしては、今回の受注でミャンマーでの水力発電設備としては2例目。1989年には、セダウチ水力発電所向けに水車を供給しており、水力が電源の75%を占める同国内の発電分野での取り組みは長い。

東芝はさらに「今後も、水力発電をはじめ、地熱発電、風力発電、太陽光発電などの再生可能エネルギーの安定供給に向けた取り組みを世界各国で展開していく」などとしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
19年ぶり軽スポーツ車「S660」、ホンダ
インフレに備えて基礎から学ぶ投資信託「デフレからインフレへ」
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
米消費者物価は上昇するも足元では景気減速?FRBの利上げに注意!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法