薄毛治療医薬品
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ファイザーは4月6日、男性型脱毛症(AGA)の治療薬の一つとして知られる「フィナステリド錠」の販売を開始すると発表した。フィナステリドは有効成分としては2005年から国内市場でも販売されていたが、後発医薬品としての展開は今回が初めて。

男性型脱毛症の治療薬としては「ミノキシジル」とともに「フィナステリド」が毛剤として知られており、フィナステリドを含む先発医薬品「プロペシア」が販売されていた。同成分の後発医薬品として、国内で承認を取得したのは初めて。

発表によればさらに、ファイザーから今回、発売されれるのは、フィナステリド錠 0.2mg 「ファイザー」と同1mg「ファイザー」の2種類。有効成分となるのは5α-還元酵素II型阻害剤となっている。ただ、同医薬品は公的医療保険の対象となってはおらず、健康保険の支払対象とはならないとのこと。

ファイザーは「男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリドを発売することで、疾患に悩みを持つ男性患者のQOLの向上にさらなる貢献ができる」などとしている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
【週間為替展望】米雇用統計の悪化による利上げ時期後退観測で円高へ
戦後の「預金封鎖」が今、再び!?噂される預金封鎖の可能性にせまる
日経新聞も?過去1年分の新聞記事が全て閲覧可!ネット証券、最新情報サービスが凄い
日本のガラパゴス小売業は『Apple Pay』の導入を拒む?
結局どうなる?話題沸騰のグノシー上場株の買い方 Gunosy(6047)のIPO株は買いか?