MERS,韓国経済,
(写真=Thinkstock/Getty Images)

MERS(中東呼吸器症候群)ウイルスが韓国で猛威を振るっている。韓国保健福祉省の発表によると、6月15日現在でMERSによる死者は合計16名。隔離対象者は5,200人を超えた。また、韓国経済への影響も出始めており、韓国銀行(中央銀行)は韓国国内の消費喚起を狙いとして、政策金利を過去最低の年1.5%に下げた。MERSが猛威を振るう中、これをビジネスチャンスとする銘柄はあるのかを見ていく。


MERS関連銘柄の更なる株価上昇は期待薄

すでにMERS関連銘柄として注目を浴びているのは、クリーンルーム製造の日本エアーテック<6291>や防護服販売のアゼアス<3161>である。日本エアーテックの6月12日終値は808円と、5月末の終値の627円から既に28.9%上昇している。

また、アゼアスの株価も、6月1日終値の593円から上昇傾向にあったが、6月8日の1,288円をピークに下落傾向に転じていることから、今後爆発的に株価が上昇傾向に移ることは難しいと見ている。さらに、日本エアーテック、アゼアスの両者ともに韓国に海外拠点が無いこともあり、今回の韓国MERS騒動が両者の更なる業績向上には結びつかないと考えられる。


インバウンド銘柄に業績の上ぶれを期待

一方、MERSによる業績向上が期待されるのはインバウンド関連銘柄である。なぜなら韓国への外国人旅行客はMERSにより確実に減少する。特に中国、台湾、香港から韓国の旅行客が目的地を日本へ代えての旅行、特に韓国に近い九州へ目的地を変更することが想定され、九州への訪日客数が上昇することが考えられる。

事実、朝鮮日報の報道によると6月1日から10日まで韓国旅行をキャンセルした外国人は合計で約8万4千人であるが、国別の内訳では台湾が5600人、中国が5400人、香港が3100人と日本の1620人を超え、トップ3となっている。ゆえにインバウンド関連銘柄、特に九州に拠点を持つ銘柄に注目したい。