太陽光発電
(写真=Thinkstock/Getty Images)

三菱UFJリース <8593> は21日、ソフトバンクグループ <9984> 傘下のSBエナジーと、鹿児島県湧水町で建設する大規模太陽光発電所「ソフトバンク鹿児島湧水ソーラーパーク」の事業主体である「鹿児島湧水ソーラーパーク合同会社」に出資参画することで合意した。出資構成は両社各50%。

同ソーラーパークは湧水町の公有地約51.4万平方メートルに建設されるメガソーラー発電所。最大出力規模は約3万2300キロワットで、年間予想発電量は一般家庭約1万34世帯分の年間電力消費量に相当する約3612万3000キロワットを見込んでいる。

この発電所はSBエナジーが設立し、鹿児島湧水ソーラーパーク合同会社が運営。2017年度中の営業運転開始を目指す。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
スーパーコンピュータ京、Graph500で世界一奪還
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る