スーパーコンピュータ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ビッグデータ処理に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキングGraph500で、スーパーコンピュータ「京(けい)」が2014年6月以来、再び世界第1位を獲得した。ドイツのフランクフルトで開催中のハイパフォーマンス・コンピューティングに関する国際会議「ISC2015」で13日(日本時間14日)に発表された。

理化学研究所と東京工業大学、アイルランドのユニバーシティ・カレッジ・ダブリン、九州大学、富士通 <6702> の国際共同研究グループが改良を進めてきた。

大規模グラフ解析の性能は、大規模で複雑なデータ処理が求められるビッグデータの解析で重要なもの。今回のランキング結果は、「京」がビッグデータ解析に高い能力を持つことを実証した。

東京工業大学博士課程の上野晃司さんは「アルゴリズムの新手法の考案、実装と徹底した性能の分析、改良を実施し、大幅にスコアを向上させることに成功した。(昨年11月は2位だったが)再び世界1位になれたことは大変うれしい」と話している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
大人気『プレミアム商品券』の裏で混乱を招く自治体の「見通しの甘さ」
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
コーヒーブームで「お洒落倉庫」が今アツい!
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る