皆さんはデザートにいくらまで払うことができるだろうか?

高級レストランなどで高額なデザートを食べても、数千円がいいところだろう。しかし世界には10万円、100万円、ましてや1億円以上するデザートが存在する。

世界の超高級デザートを見つけてきたのでご紹介。もし一度でも食べる機会があれば、一生忘れられない味になるはずだ。


Black Diamond (ブラックダイヤモンド) 817ドル(約10万円)

blackdiamonds

(写真=Scoopi Cafe)

世界で最も高価なアイスクリームが食べられるのは、ドバイの「スクーピーカフェ(Scoopi Café)」。23金の食用金箔、マダガスカル産バニラビーンズを使用したアイスクリーム、イラン産のサフラン、ブラックトリュフが使用されている。

このアイスが盛り付けられた「ヴェルサーチ」のボウルとスプーンは持ち帰ることができる。


Golden Opulence Sundae(黄金の贅沢サンデー) 1000ドル(約12万円)

米ニューヨークのレストラン「セレンディピティ3」で食べられるこのデザート、タヒチ産バニラビーンズを使用したアイスクリームの上に、金箔に最高級チョコ、砂糖漬けの果物、チョコトリュフ、キャビアが飾り付けられている。

中身だけでなく器もすごい。バカラのグラス「アルクール」に盛られており、スプーンも18金製という。


Stilt Fisherman Indulgence(竹馬漁師の道楽) 1万4500ドル(約175万円)

スリランカにある超高級ホテル「ザ・フォートレス」で食べられるこのデザート。イタリア菓子「カッサータ」に金箔が巻きつけられ、ハンドメードチョコで飾られている。

地元の伝統漁法である竹馬漁をする人がかたどられたチョコの上に、80カラットのアクアマリンが置かれている。


Strawberries Arnaud’s (ストロベリーズ・アーノーズ) 395万ドル(4.8億円)

米ルイジアナ州ニューオリンズの「アーノーズ(Arnaud’s)」で提供されている、395万ドル(4.8億円)のデザート。ケタ外れに高価な理由はダイヤモンドが添えられているから。婚約パッケージに含まれた一品。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・3億円のランチ!「投資の神様」バフェットとの昼食を落札した人たち
・11月4日上場へ!日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の上場を徹底解剖
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・証券業界に革命?「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)」に注目が集まる理由