VISAカード
(写真=ビザ・ワールドワイド)

ビザ・ワールドワイドは4月13日、自身の貯蓄志向を診断できる「 貯蓄賢者診断 powered by ディグラム・ラボ 」をリリースした。

この「貯蓄賢者診断」は、2016年2月に、1000万円以上の貯蓄を抱える30代の男女600名を対象に実施した「買い物や貯蓄に対する意識調査」の結果を用い、自身の貯蓄志向や自分のタイプにあった貯蓄方法を診断することができるコンテンツとなっている。全20問の質問に回答することで、27種類の診断タイプ、さらに、性別で診断内容が異なるため、合計54パターンのタイプが用意されている。

ビザ・ワールドワイドは、「貯蓄賢者診断」を通じて、買い物をしながら賢くしっかり貯めるためのサポートツールとして、Visaデビットカードの利用促進を訴求していくとのこと。

このコンテンツの監修・提供をおこなう、ディグラム・ラボの木原氏は、「自分では、今まで気付くことのできなかったお金の使い方や貯め方をデータに基づき“見える化”しています。漠然とお金を貯めたいという事ではなく、どのようにすれば貯蓄賢者に近づくのかが分かるようになっています。貯蓄賢者指数をシェアし、周囲の人の診断結果と見比べるなどで、ツールを楽しんでもらいたい」とコメントしている。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)