ポケモンGO,株式投資
(写真=Thinkstock/Getty Images)

7月19~22日の東京株式市場は一進一退の展開となった。1ドル=107円まで一時円安が進んだ局面では輸出関連株などが買われたが、日経平均株価が1万7000円に近づくと警戒感が広がり、利益確定売りに押された。

市場では米ナイアンティックが任天堂、ポケモンと共同で開発したスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」が話題の中心となった。関連株にも物色の矛先が広がり、買いが買いを呼ぶ好循環がみられた。

出来高上位銘柄に「ポケモンGO」関連も

今回は東証1部の「出来高上位10社」の顔ぶれをみてみよう。

(1) みずほフィナンシャルグループ <8411> 4億9346万0800株
(2) 三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> 2億7809万2300株
(3) 東芝 <6502> 1億3586万2000株
(4) 神戸製鋼所 <5406> 1億2769万7000株
(5) 野村ホールディングス <8604> 1億2032万0200株
(6) 日立製作所 <6501> 1億0268万6000株
(7) イマジカ・ロボット ホールディングス <6879> 9568万7500株
(8) 任天堂 <7974> 9251万8200株
(9) IHI <7013> 8917万1000株
(10) ユニチカ <3103> 7639万6000株
※7月22日現在

今回は「ポケモンGO」関連株に買いが集まり、(7) イマジカ・ロボットホールディングス、(9) 任天堂などがトップ10に入った。任天堂は売買代金で過去最高水準となり、トヨタ自動車などを上回りトップとなった。