機内食,メニュー
(写真=Thinkstock/Getty Images)

航空会社を選ぶ基準に、サービスレベルを比較されることが多くなった。なかでも気になるのが機内食ではないだろうか。機内食が「まずい」といわれていたのは一昔前の話である。現在、各航空会社では趣向を凝らした食事を提供し、利用者の満足度向上に努めている。各社が力を入れて取り組む、機内食の最新事情を紹介しよう。

JALホノルル線で有名店の人気メニューを味わえる

JAL(日本航空)が、銀座にある老舗洋食店「資生堂パーラー」とコラボレーションし、名店の味を機内で楽しめるとあって人気を集めている。対象となっているのは成田、中部、関西空港発ホノルル便のプレミアムエコノミー、エコノミークラスで、2016年9月1日からスタート、『資生堂パーラー For Resort』として1年間提供される。

資生堂パーラーは、日本で初めてソーダ水とアイスクリームの製造販売を行うソーダファウンテンとして1902年に誕生した。1928年に西洋料理のレストランを開業し、以来、銀座のシンボルともいえる存在として長年愛されている老舗だ。

今回のコラボでは、3カ月ごとにメニューが替えられる。9月から始まった秋メニューでは、資生堂パーラーを代表する人気メニュー、「ビーフシチュー」とターメリックライスをメインに、「ベーコンキッシュ&ポテトサラダ」、看板商品のチーズケーキをハワイ風にアレンジした「パイナップルのチーズケーキ」が用意されている。12月スタートの冬メニューにも、「煮込みハンバーグ」、「チキンライス仕立てのオムライス」など、資生堂パーラーの伝統的なメニューが順次提供されるとあって、搭乗するのが楽しみな充実度だ。

JALでは、食材へのこだわりと本物を追求する名店とのコラボレーションで、「おもてなしの心」を表現していきたいと話している。

ANAホノルル線の機内食は身体にやさしい「ハワイアンメニュー」

一方で、ANA(全日本空輸)のホノルル便も機内食の評価が高い。「リゾートプロジェクト」と題して、ハワイに到着する前からリゾート気分を盛り上げようという取り組みだ。

ビジネスクラスとエコノミークラスの機内食には、一足先にハワイを感じるハワイアンメニューが用意されている。ビジネスクラスでは、レンコンを使ったハンバーグに雑穀米、サラダなど、盛り付けにも手が込んでいるハワイアンプレートを用意。エコノミークラスはロコモコ風ご飯を提供している。ホノルル便は深夜に出発するため、ちょうどいいボリューム感を意識している。身体へのやさしさにも気を配ったメニュー構成といえそうだ。

搭乗時や到着時にはハワイアンミュージックが流されるなど、利用者の気持ちに寄り添ったサービスが特徴的である。