修士号,米国,通信教育,大学
(写真=Thinkstock/Getty Images)

米大学が提供する「ベスト・オンライン・マスター・ディグリー(修士号)」の最新版(2015年)が発表され、ノースカロライナ州立大学、イリノイ大学、ミズーリ大学などの通信教育部がトップ3に輝いた。

米国で年々人気が増しているオンライン教育。2012年の時点で受講生が670万人(前年比8%増)を突破していたことが、米オンライン教育コンソーシアムの調べでわかっている。自分のペースで好きな時に学べるスタイルが、忙しい現代人の需要にマッチした結果だろう。働きながらキャリアアップのために、修士号取得を目指す社会人も多い。

首位のノースカロライナ州立大学のオンライン受講部は、生徒数1万3000人と米最大の規模を誇る。コンピューター科学から森林科学まで、45コースの豊富なオンライン修士プログラムに加え、ユニークで質の高いカリキュラムが人気の秘密だ。

通信教育と聞くと、カリキュラムの充実度やサポート体制、修士号自体の価値などで、「通学制の大学よりもおとるのではないか」と懸念されるが、ランキング上位の大学はいずれも評判と実績が高く、私立学校大学協会などによる認定も受けている。

従来の大学と比較して受講料が低いことも通信教育の魅力のひとつだが、海外からの受講は学費3倍ぐらいに跳ねあがる。選択肢の豊富さでは140コースから選べるリバティ大学、受講費の安さでは単位制度を導入しているメンフィス大学に注目だ。

このランキングは、米教育情報サイト「ベスト・オンライン・マスター・ディグリー」が2012年のデータに基づいて作成した。

米国オンライン修士号大学トップ10

10位 サザン・ニュー・ハンプシャー大学(年間受講料1万8810ドル/約214万円)80コース以上
9位 アラバマ大学(米国内9826ドル/約112万円、海外2万4950ドル/約283万円)27コース
8位 セントレオ大学(8442ドル/約96万円)
7位 ノーザン・アリゾナ大学(米国内8284ドル/約94万円、海外1万769ドル/約194万円)
6位 カリフォルニア州立大学(米国内6738ドル/約77万円、海外1万7898ドル/約203万円)
5位 メンフィス大学(1単位につき100ドル/約1万円)
4位 リバティー大学(9360ドル/約106万円)
3位 ミズーリ大学(8335ドル/約95万円)
2位 イリノイ大学(米国内7782ドル/約112万円、海外2万7435ドル/約311万円)
1位 ノースカロライナ州立大学(米国内7623ドル/約87万円、海外2万1311ドル/約242万円)

FinTech online編集部

【編集部のオススメ FinTech online記事】
金融業界のビジネスパーソンはFinTechの進行に危機感を持たなければならない
最新の株価指数「FinTech指数」とは?
ロボアドサービスを公開したウェルスナビ「より使いやすい見た目や操作感を……」
CEATEC開催 MUFGが初出展、AIを活用したサービスを展示
「FinTech化が進む金融業界で活躍できる人材とは?」