LINE,LINEモバイル,MNP,カウントフリー
(画像=LINEモバイルWebサイトより)

LINEモバイルが通話の定額オプションや、人気のカウントフリー対象サービスをさらに拡大するなど新たな商品ラインアップを発表した。販売も公式サイトもしくはAmazonのみだったが、3月15日からビックカメラ・ヨドバシカメラ全10店舗に即日受渡しカウンターを開設した。

「MUCIS+プラン」のカウントフリー対象が拡大

音声通話ができるSIMの申し込み比率は、2016年10月で50%だったが、2017年2月には65%に上昇。音声通話利用率の高まりにこたえる形で提供される予定なのが、通話定額サービス。今年初夏から提供を始める予定だ。

LINEモバイルの魅力として挙げられているのが、対象サービスのデータ通信料をカウントしないカウントフリー機能だ。データ容量を使い切っても対象サービスは高速通信で利用できるため、SNSや音楽配信を利用するユーザーに高評価されている。

プランは3種類。LINEアプリが使い放題の「LINEフリープラン」、LINE、Twitter、Instagram、Facebookが対象となる「コミュニケーションフリープラン」、その4種のSNSにさらにLINE MUSICを加えた「MUSIC+プラン」だ。

「MUSIC+プラン」で対象となる音楽サービスは現在は「LINE MUSIC」のみだが、初夏から対象となる音楽サービスが拡大される予定で、需要はさらに拡大されそうだ。

タッチポイント拡大で購入しやすく?

即日受渡しカウンターでは、LINEモバイルの新規申し込みやNMP転入申し込みを受け付けており、当日中に利用開始が可能だ。LINEモバイルが提供するサービス内容や料金プランについての相談をすることもできる。3月15日に開設されるのは東京・大阪・名古屋・川崎の10店舗のみだが、今後全国100カ所以上に拡大するとのこと。

店頭での受け渡しが開始されることで、ユーザーの拡大、特にシニア世代のユーザーが増えることが予想される。

スマホに乗り換えたいと思うシニア世代にとって、LINEモバイルが打ち出す低価格な利用料は大きな魅力となる。ガラケーの基本使用料に比べると、スマホの基本使用料は高くなりがちであり、そこがネックで乗り換えをためらう方も多いからだ。そんなシニアにとってLINEモバイルの月額500円からという基本使用料は大きな魅力となる。

しかし、シニア世代にとってスマホの契約は難易度が高い。それがインターネットでのみ受付となると、さらに大きな壁となる。今回、即日受渡しカウンターが開設されたことで、シニア世代も確実にLINEモバイルを利用しやすくなるだろう。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)