IPO,2017
(写真=PIXTA)

2017年も既に約4カ月が経過し、多くの銘柄が上場した。トランプ相場と呼ばれる上昇トレンドが終わった後の横ばい相場である上で、ここにきて地政学的リスクの台頭によって株価もじょじょに下落の流れに乗りつつある。そんな中で、IPOとして上場した銘柄の初値のパフォーマンスは軒並み上々な模様だ。

そこで2017年4月19日までに上場した33銘柄の公募価格(上場前の価格)に対する初値(上場後初めてつく価格)のパフォーマンスや現在の株価などをまとめてみた。

またそこからどのような銘柄が人気化し資金が集中するのかも考察してみよう(※以下、上場日が古い順に記載。株価は2017年4月19日終値)。


初値が公募価格の2倍以上になった14銘柄

001
銘柄名/上場市場/公募価格(円)/初値(円)/騰落率(%)/株価 (円)
シャノン <3976>/マザーズ/1,500/6,310/320/3,315
フュージョン <3977> /アンビシャス/1,140/2,872/151/1,359
ユナイテッド&コレクティブ <3557> /マザーズ/1,620/4,500/177/3,900
ピーバンドットコム <3559> /マザーズ/1,650/3,530/113/2,175
ファイズ <9325> /マザーズ/1,250/4,010/220/7,400
ほぼ日 <3560> /JASDAQ/2,350/5,360/128/4,455
インターネットインフィニティー <6545> /マザーズ/1,320/5,040/281/4,230
力の源HD <3561> /マザーズ/600/2,230/271/2,250
フルテック <6546> /東証2部/600/1,230/105/910
オロ <3983> /マザーズ/2,070/4,750/129/3,080
No.1 <3562> /JASDAQ/1,570/3,460/120/2,650
ユーザーローカル <3984> /マザーズ/2,940/12,500/325/8,720
テモナ <3985> /マザーズ/2,550/8,050/215/5,930
旅工房 <6548> /マザーズ/1,370/3,750/173/4,140

初値が公募価格より高かった14銘柄

002 森トラスト・ホテルリート <3478> /東証リート/143,000/145,000/1.4/145,400
安江工務店 <1439> /JASDAQ/1,250/1,300/4/1,648
日宣 <6543> /JASDAQ/1,600/3,000/87.5/2,400
レノバ <9519> /マザーズ/750/1,125/50/1,282
ロコンド <3558> /マザーズ/1,850/2,625/41.9/1,878
うるる <3979> /マザーズ/3,000/3,330/11/3,610
ジャパンエレベーターサービスHD <6544> /マザーズ/550/890/61.8/1,023
ピーグリー <3981> /マザーズ/1,880/1,881/0.1/1,950
グリーンズ <6547> /東証2部/1,400/1,521/8.6/1,355
ソレイジアファーマ <4597> /マザーズ/185/234/26.5/539
ティーケーピー <3479> /マザーズ/6,060/10,560/74.3/11,900
ズーム <6694> /JASDAQ/1,520/2,278/49.9/1,530
オークネット <3964> /東証1部/1,100/1,300/18.2/1,302
ネットマーケティング <6175>/JASDAQ/1,140/1,552/36.1/1,377

初値が公募価格を下回った5銘柄

003 マクロミル /東証1部/1,950/1,867/-4.3/1,926
日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 /東証リート/93,000/89,200/-4.1/86,200
スシローグローバルHD /東証1部/3,600/3,430/-4.7/3,570
ウェーブロックHD /東証2部/750/721/-3.9/662
LIXILビバ /東証1部/2,050/1,947/-5/2,075

IPO投資の総括 ポイントをおさえておこう

まず、相場全体が派手な動きをしていない横ばい相場の時には、IPO市場には過剰な資金が流れ込む傾向がある。そのため派手な株価がつきやすい。

IPO銘柄のうち好パフォーマンスを残す条件の3種の神器ともいうべき「マザーズ、ネット系、規模が小さい(時価総額が小さい)」は上場時に大きく上がる場合が多い。また、ネット系でなくとも、ほぼ日や力の源HDのように非常に有名かつ話題性がある銘柄は上々時に資金を集めることも多い。

逆に規模が大きかったり、上記「初値が公募価格を下回った5銘柄」から明らかなように、東証1部や2部の銘柄だったりすると、IPO銘柄とはいえ不人気化することが多いのも事実だ。

このようなポイントをおさえた上で今後のIPO投資を狙っていくとよいだろう。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある。

【合わせてよみたい「IPO記事」】
「IPO投資」はどのネット証券がいいの?(PR)
メルカリが上場観測(IPO) メルカリ最新の動向はこちら
IPO投資についてもっと理解するならこちら

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)

【あわせて読みたい 「IPO」記事】
IPO当選確率を上げる6つの秘訣 | ZUU online
知らないともったいないIPO(新規公開株)投資とは? | ZUU online
知らないともったいない「IPO(新規公開株)投資」とは? | ZUU online
IPO投資でチェックしておきたいブログはこれだ | ZUU online
知らないともったいない「IPO(新規公開株)投資」とは? | ZUU online