マツダ <7261> が4月28日に2017年3月期連結決算を発表した。売上高は前年同期比6%減の3兆2144億円、営業利益は同47%減の1257億円、経常利益は同38%減の1395億円、純利益は同30%減の938億円となった。日本と北米市場で販売台数が伸び悩み、為替も足を引っ張った。

2018年3月期はV字回復を予想

マツダ,決算,CX-5
(画像=Webサイトより)

減収減益となる2017年3月期では日本市場が振るわなかった。販売台数は20万3000台となり、23万2000台であった前期から13%減となった。国内シェアは前期比0.7ポイント減の4.0%、登録車シェアは同1.2ポイント減の4.9%となっており、ライバルの攻勢に押し負けた。国内事業の営業利益は同60%減659億円と大きく減少している。販売台数低迷が値引き販売を増やした事に加え、リコールに関する費用もかさんだと見られる。

海外市場でも販売台数の多い北米市場で苦戦し、前期比2%減となる42万9000台に留まった。2016年5月に投入した大型SUV「CX-9」は堅調であったが、その他車種の販売が伸び悩んだ。メキシコではペソ安に伴う値上げも販売数を押し下げる要因となった。一方で中国市場は好調である。小型車減税政策の恩恵を受けただけでなく、新型SUV「CX-4」も貢献し、販売台数は前期比24%増となる29万2000台となった。同社が強みを持つ欧州市場も販売台数は前期比2%増となり堅調に推移した。

グローバル販売台数は前期比2%増の155万9000台となり、日本、北米市場の減少を中国で補った格好だ。

為替の影響も大きい。同社は輸出比率が8割近くあり、為替感応度が高い。対米ドル、ユーロ共、前期比約10%の円高となった事も業績の下押し要因となった。

同社は2018年3月期の連結業績予想について、売上高は前期比4%増の3兆3500億円、営業利益は同19%増の1500億円、経常利益は同17%増の1630億円、純利益は同7%増の1000億円とし、グローバル販売台数は同5%増の213万台と見積もる。想定為替レートは1ドル=108円、1ユーロ=118円と置く。

SUVに注力するが、先行きは不透明

同社の今後の戦略は、利益率の高いSUV「CXシリーズ」の販売に力を注ぐ事にある。国内市場では販売好調の「CX-3」、「CX-5」に加え、2017年中にも3列シートの新モデル「CX-8」の投入を計画している。海外でも市場に合わせた「CXシリーズ」の販売を加速させる。ガソリン安もSUVの販売にプラスに働く可能性が高い。

しかし、利益率の高いSUVに注力するという戦略は自動車各社が謳っている。SUVの販売競争は更に熾烈になる可能性が高く、販売戦略としては心もとない。ライバルのSUBARUは販売台数に占めるSUVの割合が約70%となっており、約40%のマツダの先を行く。SUVの販売を加速させる事も重要だが、目標としている海外生産比率を5割に高める事など、他の戦略の推進も業績改善には欠かせない。

年初来の株価の値動きも冴えない。年初から4月28日までの値動きは約19%の下落となっている。為替の円高傾向や業績の下方修正に加え、トランプ大統領の政策による米国市場への輸出減少懸念も背景にある。来期業績予想に基づくPERは10倍強、PBR(実績)は1倍割れと割安感も出ているが、同社の描く2018年3月期のV字回復見通しは不透明である。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)