中古ブランド品販売の「大黒屋」を運営する大黒屋ホールディングス <6993> が同業のブランドオフを買収すると日本経済新聞が報じた。買収額は約90億円と見られ、店舗数は現在の2.5倍となる50店超に広げるという。スケールメリットを出す事で中古ブランド品市場での成長を目指し、首位を走るコメ兵 <2780> を追う。

「爆買い」減速で中古ブランド品市場は低迷傾向

ブランド,中古品市場
(画像=Webサイトより)

大黒屋HDの2017年3月期売上高は前年同期比2%増となる205億円と微増を保っている。しかし内訳を見ると、主要子会社の大黒屋の売上高は同12%減の150億円となっており、国内中古ブランド品市場では苦戦を強いられている。同市場は訪日外国人の「爆買い」に支えられていたが、足下ではその勢いも鎮火傾向にあり、同社もテコ入れの必要に迫られていたようである。大黒屋は国内に22店舗を構え、同市場では2位の立ち位置にあると見られる。

ブランドオフは金沢市に本社を置き、国内に約30店舗を構える。ショッピングセンター内の店舗も多く、大黒屋の進出していない地方都市にも店舗を構えている。同市場では3位に位置すると見られる。

実際の買収は大黒屋HD子会社で中間持株会社であるエスビーオーが行うと見られる。ブランドオフの創業者などから発行済み株式を全て買い取る。買収額は約90億円、ブランドオフの従業員約400人はそのまま引き継がれるという。また、店舗についても、ブランドオフのブランドを残す事も検討するとしている。

報道を受け、両社は買収交渉を進めている事実を認めた上で、現在も協議中であるとリリースしている。

業界2位と3位の合併により首位コメ兵に迫る

買収により、大黒屋HDの店舗数は単純合算で50店を超える。また規模拡大によりブランド品の鑑定能力を持つ従業員も増え、取扱商品のラインナップも増える。スケールメリットを活かした事業展開が可能となる。更に、ブランドオフは大黒屋の出店の無い地方都市にも店舗を構えており、補完し合う事による相乗効果も期待される。

国内中古ブランド品市場で首位を走るのはコメ兵である。同社の決算資料によると、同市場の2015年度の市場規模は2397億円とされており、コメ兵は11.1%のシェアを占めている。2位の大黒屋HD、3位のブランドオフのシェアはそれぞれ5%程度と見られ、今回の買収が実現すれば、規模の面ではコメ兵に肉薄する事となる。コメ兵も2017年3月期の売上高は前年同期比13%減となる401億円と苦戦する中、業界2位と3位の合併は脅威となる。

今回の買収報道には市場もポジティブな反応を示している。14日の大黒屋HDの株価は一時前日比28%高となる90円まで上昇し、終値でも同24%高の87円で引けた。尚、東証は買収に関する報道は不明確であるとして、同社株の売買についての注意喚起を促した。中古ブランド品市場の再編と効率化に市場は期待している。まずは買収の正式発表が待たれるところである。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)