特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 広告特集「M&A/事業承継」 特集「本を読む。」 DC特集
投資を始める
Written by ZUU online編集部 5,735記事

株主の醍醐味を味わう

10万円以下でゲットできる「7月の株主優待」 今から注目2選

株主になった醍醐味のひとつに、株主優待がある。食事券や自社製品の詰め合わせなど、対象銘柄の特徴が満喫できる優待品もあれば、自由度の高いクオカードなどの金券が提供される場合もある。

いずれにせよ、各企業も自社のイメージアップに繋がるように工夫を重ねているだけあって、配当とはまた違った魅力に満ちた内容が揃っている。

株主優待は権利確定月になると既に株価が上昇しており手が出せないといった状況も生じるため、株価の見極めや、上昇する前の売買を心がけたい。ここでは2017年7月の株主優待について、10万円以下の投資金額でも手軽に入手することができる銘柄を紹介しよう(株価は2017年6月16日終値)。

主になる魅力の一つ「株主優待」

株主優待,7月
(写真=PIXTA)

株主優待を享受するためには、「権利確定日」に株を保有していることが必要条件になる。極端な話、権利確定日の1日だけ株を持っていたのだとしても、株主優待の権利を受けられることになるわけだ。

ただ、株主名簿にちゃんと株主として記載されるためには、購入後3営業日の期間が求められているので、権利確定日までに株を保有するためには、その3営業日前に購入しておく必要がある。2017年7月について見れば、末日の31日が権利確定日のため、権利付き最終日は3営業日前の26日ということになる。その翌日の27日は、株を売っても支障のない「権利落ち日」ということになるわけだ。

10万円以下でゲットできる2銘柄を紹介

7月が権利確定月である銘柄の中で、10万円以下で手にすることができる2銘柄を紹介したい。

丸善CHIホールディングス <3159>

「知の生成と流通に革新をもたらす企業集団を目指して」を標榜する丸善CHI HDは、その社名にも「知」をローマ字で表記した「CHI」を取り入れている。

世界最大規模の印刷会社である大日本印刷 <7912> の傘下に、学術書の制作・販売や学校教育事業関係のコンサルティングなどで知られる「丸善雄松堂」、書籍情報データベースや図書館支援業務などの「図書館流通センター」、内外図書や文具・事務用品の販売大手である「丸善ジュンク堂書店」、出版業の「丸善出版」、通信ネットワークを利用した情報提供サービス業の「hontoブックサービス」といった各社が名を連ねている。

同社の2017年6月16日の終値は357円だったので、単元株である100株を購入するための投資額は3万5700円という、きわめて手にしやすいものだ。毎年7月31日現在の株主名簿に記載もしくは記録されている1単元、100株以上を保有している株主には、保有株式数に応じ、全国の丸善やジュンク堂書店などで利用できる商品券が提供される。

100株以上500株未満なら1000円の商品券、500株以上2000株未満なら2000円、2000株以上3000株未満なら3000円、3000株以上4000株未満なら4000円、4000株以上5000株未満なら5000円、5000株以上の場合には6000円という具合だ。なお、この商品券は送付された翌年の11月末日までの有効期限となっている。

タカショー <7590>

和歌山県の海南市に本社を置くタカショーは、インドア・アウトドアの庭園や緑化に取り組む「環境エクステリア」に関連する製品の企画開発、ガーデン用品の輸出入販売、エクステリア商品のソフトウェア開発販売などのほか、CADやC.G.ソフトウェア分野にも事業展開しており、中国、欧州、北米など海外事業にも積極的だ。

同社の2017年6月16日の終値は431円だったので、単元株である100株を購入するための投資額は4万3100円だ。また、1月20日の株主名簿に登録されていた株主は、年に1度のイベントに参加できる(希望者多数の場合には抽選)ほか、200株以上保有の株主には、同社が厳選した「株主優待プレゼント」が提供される。

さて、毎年1月20日の本決算と、7月20日の中間決算の時点で同社の株主として登録されていると、自動的に「ガーデン友の会」のメンバーとなって次のような特典を享受できる。まず100株以上の株主は、3月と11月の年2回送付予定「特別販売カタログ」から、好みの商品をお買い得価格で購入できる。また、6月と11月の年2回発送予定の「タカショーオリジナルカレンダー」のプレゼントを受けることもできる。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
「個人の財務諸表」の考え方!プロから学ぶ改善術とは?(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
スキンケアが武器に!?ビジネスにおいての5つのメリット(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

10万円以下でゲットできる「7月の株主優待」 今から注目2選
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 消費者の35%「資産運用を考えたことがない」
NEXT 新聞を「よく読む人、まったく読まない人」 株で稼ぐのはど...