「新債権王」の異名を持つ、米投資会社、ダブルライン・キャピタル のジェフリー・ガンドラックCEOが2017年夏の米株下落を予期し、「トレーダーや投機家は今が売り時」との警告を発した。

ただし年末にかけて再び上昇することが期待されるため、投資家には「傍観して弱気市場が回復するのを待つ」ことを勧めている。

ボラティリティーは過去最低水準に

株式相場,投資,米株
(写真=Thinkstock/Getty Images)

6月の米株式市場はダウやS&Pが最高値を更新する一方で、ハイテク株が軟調に傾くといった、先の読みにくい状況が続いている。米連邦準備理事会(FRB)が3カ月ぶりの追加利上や、バランスシートの調節に着手する意向を明らかにするなど、市場をゆるがす要素が満載だ。

ジェフリー・ガンドラックCEOは、ボラティリティーが過去最低水準にまで落ち込んでいるにも関わらず、株価は最高水準に達している不均等性から、「市場は今夏、調整局面に入る」と予測している。

株式パフォーマンスと負の相関を最も鮮明に反映するといわれる「CBOE ボラリティ—指数(VIX)」は、6月13日に9.37まで低下 (CNBC調査)。1993年12月以来の最低水準となった。15日現在は11.24まで回復しているものの、劇的というほどの変動は見られない。

こうした静けさは短期間に限ったことではない。VIXは米大統領選以降、歴史的な低水準を維持している。通常は数値が高いほど市場の先行きが不透明とされているが、不気味なまでに静まり返った状態が、逆に不安感を掻き立てる。

ガンドラックCEO「次の金融危機の兆しは見えず」