株式投資には値上がり益や配当などの利益の他にも企業からのお礼である株主優待という楽しみがある。特に1年を通して3の倍数月である3月、6月、9月、12月は優待を実施する企業数も多く、優待投資家以外の投資家からも注目される月である。次の3の倍数月は9月であり、すでに2ヶ月先に控えている。

通常は配当や優待の権利が取得されると、株価はその後下落する傾向があるが、優待権利月に向けて株価が上がっていく傾向があるため、人気銘柄は早めに仕込んでおくことで下落を回避できるケースも多い。

2017年9月株主優待
(写真=PIXTA)

そこで本記事では2ヶ月程度前に仕込んでおきたい9月優待銘柄を8銘柄選んでお伝えする。(株価は2017年7月7日終値。優待利回りは最低優待取得株数での計算、年2回の場合には2回分の金額で計算)

2017年9月の株主優待(1)ヒロセ通商 <7185>

【事業内容】独立系のFX取引大手。独自キャンペーンなども行う。
【優待金額】自社キャンペーン商品 100株保有で10000円相当 1000株保有で30000円相当
【株価】1818円
【必要投資金額】100株保有で18万1800円
【利回り】5.5%

2017年9月の株主優待(2)マルコ <9980>

【事業内容】女性用の体型補正下着など販売。ライザップ傘下となる。
【優待金額】RIZAPグループ商品 100株2000円相当 200株3000円相当 400株6000円相当 800株12000円相当 1200株15000円相当 2000株18000円相当 (加えて100株以上保有で商品割引券も)
【株価】525円
【必要投資金額】100株保有で5万2500円
【利回り】7.6%

2017年9月の株主優待(3)関門海 <3372>

【事業内容】玄品ふぐなどのふぐ料理展開。中国などのアジア展開を拡大予定。
【優待金額】
・100株保有で1000円相当の食事券
・300株保有でコース券(3980円)が1枚
・600株以上でコース券2枚
・1000株以上で3枚
【株価】424円
【必要投資金額】100株保有で4万2400円
【利回り】4.7%

2017年9月の株主優待(4)オートバックス <9832>

【事業内容】自動車専門店オートバックスを全国でフランチャイズ展開している。
【優待金額】買い物ポイント付与
・100株保有で3000ポイント
・300株保有で7500ポイント
・1000株保有で10000ポイント
・3000株保有で15000ポイント
【株価】1844円
【必要投資金額】100株保有で18万4400円
【利回り】3.2%

2017年9月の株主優待(5)アスラポートダイニング <3069>

【事業内容】焼肉店の牛角などを展開。ベーグルアンドベーグルも好調。
【優待金額】
・500株以上で3000円相当の商品を選択
・1000株以上で3000円相当の商品を2品選択もしくは6000円相当の商品を選択可能
【株価】477円
【必要投資金額】500株保有で238500円
【利回り】2.5%

2017年9月の株主優待(6)まんだらけ <2152>

【事業内容】漫画、アニメなどの専門販売店。クールジャパンなどでも注目される銘柄。
【優待金額】自社優待商品券
・100株以上2000円相当(1年以上保有で5000円)
・500株以上で4000円(1年以上保有で10000円)
・1000株以上で7000円(1年以上保有で20000円)
・5000株以上で10000円(1年以上保有で50000円)
【株価】601円
【必要投資金額】100株保有で60100円
【利回り】3.3%

2017年9月の株主優待(7)ヤマウラ <1780>

【事業内容】長野県内にて建築や土木関連の業務を展開している。
【優待金額】地場商品
・100株以上で3000円相当から一つ選択
・300株以上で3000円相当から2つ選択
・1000株以上で3000円相当から3つ選択
【株価】954円
【必要投資金額】95400円
【利回り】3.1%

2017年9月の株主優待(8)ヤマダ電機 <9831>

【事業内容】家電量販店大手。スマートハウスなどの事業も拡大中。
【優待金額】1000円購入で500円割引券
・100株で4枚
・500株で6枚
・1000株で10枚
・10000株で50枚(3月は100株で2枚、500株で4枚、他の株数は変わりなし)
※1年以上保有で3枚追加、2年以上保有で4枚追加。
【株価】565円
【必要投資金額】5万6500円
【利回り】5.3%

株主優待を購入する時の注意点

株主優待を実施している企業は多いが、優待内容は時々変更されることがある。変更は拡大されることもあれば、改悪されることもあり、最悪の場合、優待廃止になることもある。そのため優待実施企業の株を買う場合には、あらかじめ優待内容の最新の内容を確認することにしよう。

上記優待株の中では、オートバックスやヤマダ電機は配当の利回りも3%以上と高く、優待と合わせることでお得感が大きく増す。また、まんだらけのように1年以上保有することで優待利回りが2倍以上になる特殊な優待も存在する。保有期間や優待内容などを総合的に考えて投資してみるのも良いだろう。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある。

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
ZUU online8月記事ランキング 丸井は百貨店ではない、300万円超えのスーパーマリオ……
デキるビジネスパーソンは脂を身体に乗せず、仕事に乗せる。(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)