先週からスタートした3月決算企業の第1四半期(4-6月期)決算発表も今週に入って徐々に本格化しており、TOPIX500採用の3月決算銘柄に限っても昨日までに40社を上回る企業が決算発表を終えています。そこで今回はTOPIX500採用の3月決算銘柄を対象に21日から昨日までの決算を早速まとめてみました。

投資のヒント,決算集計速報
(写真=Thinkstock/GettyImages)

まだ第1四半期ということもあって業績予想を据え置く企業が多いものの、なかには早速通期の業績予想の上方修正に踏み切る銘柄もみられます。例えば日本電産 <6594> やセイコーエプソン <6724> 、小糸製作所 <7276> などでは通期の業績予想を上方修正したことで決算発表翌日の株価が大きく上昇しています。

もう一つのヒント

◆週明けの決算発表スケジュールは

3月決算企業の第1四半期決算発表が今週から本格化していますが、週明けも数多くの企業が決算発表を予定しています。週明けは海運大手や三菱重工業 <7011> 、村田製作所 <6981> 、みずほフィナンシャルグループ <8411> などが決算を発表する予定です。

◆決算集計(7月21日-27日発表分)

◆決算集計(7月21日-27日発表分)2

◆決算集計(7月21日-27日発表分)3

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
IoT時代の電子部品と化学株
決算発表が本格化するなか日米ともに政治リスクに注意
ECB利上げのタイミングは?:リスクとしてのイタリアの金融
米FOMC終了: 日欧に続き金融政策維持。これまで以上に消費者物価に注目
【決算メモ】安川電機(6506)